「競馬を楽しむ◆廖淵瓮ぅ鷂Φ羲次

「競馬」は「メインレース」だけで勝てる!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新競馬塾講座・第1回「勝ち逃げの中本式システムの変更」(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 競馬塾講座は20回で11年8月に終了いたしましたが、「勝ち逃げのシステム」や「メインレースの通常買い」システムに多少の変更がありまとめてみましたので、「Pランク会員」・「勝ち逃げ会員」・「メインレース会員」の皆さんは、よく読んで参考にしてください。

◎中本式勝ち逃げ◎ 
★「馬 単」⇒「Pランク」の「1位軸」(12倍未満カット)というのがパターン、余程のことがない限り「2頭軸」(24倍未満カット)・「ボックス買」(24倍未満カット)での購入はありませんが、時々あります。

★「馬 連」⇒「Pランク」の「1位軸」(6倍未満カット)というのがパターン、余程のことがない限り「2位軸」(12倍未満カット)・「ボックス買」(12倍未満カット)での購入はありませんが、時々あります。

★「3連複」⇒「Pランク」の「ボックス買」(24倍未満カット)が多いのですが、「1位軸」(12倍未満カット)で購入することも「2位から6位のボックス買」(24倍未満カット)の時もあります。

★「3連単」⇒「Pランク」の「ボックス買」(200倍未満カット)が多いのですが、「1位軸」(80倍未満カット)で購入することも「2位から6位のボックス買」(100倍未満カット)の時もあります。

 変更点は1本だけの購入システムから、3種類の購入がセレクトできるようになったことだけですので気にする必要はないのですが、マイナスの日が少なくなったらいいなと思っています。
特に「勝ち逃げ会員」の皆さんが注目している、復活した「3連単」はスタッフの研究が続けられての事だけに期待できそうです。 
勝負はこれから「Pランク会員」には特別な季節!(翔)
JUGEMテーマ:競馬
 1年の中で最も競馬が面白くなるのが、9月中旬から12月のクリスマスまで、この3カ月ちょっとは、いろいろなドラマがあるものです。
私も結婚に備えて引っ越しをしたのですが、肝心のお嫁さんになる人がおりません。
「キャバクラ」通いをしたり、「合コン」をしたりといろいろあったのですが、いつも職業に「エンジニア」と記入します。
しかし、土曜日と日曜日はどんなことがあっても休めませんので、恋人が出来ても上手くいかないのです。
そんな訳で「翔ちゃんの独身時代」は続きそうです。

 今年は年頭から「メインレース」の通常購入がスタートしましたので、忙しいのもあって大変なのに、研究室「年寄り倶楽部」の移動も重なって大変でした。
購入法の小さな変更や、マニュアルの作成もあって本当に忙しい毎日でした。
「馬五郎」さんと「道産子」さんのお二人と、他の外部研究員のご協力には心から感謝しております。
体制的にも次年度の準備も完了して、やっと時間的な余裕が出来ましたので、スタッフの引っ越しが順に行われています。
これまで、町田近辺に住んでいたスタッフが多いのですが、皆、研究室のある秦野市の近くに移動します。

 今回は「メインレース会員」の今後についての補助をしていきます。
秋競馬は最初の3週間がトライアルレースも含め、大切なレースが行われて行きますので、そこでこの夏に大きく成長した馬を見つけておくことです。
自分自身で確認して、さらに上を目指して勉強して下さい。
特に3歳馬と4歳馬はその年代でのピークを迎えますので、大きく成長する馬もいて面白いですし、クラシックレースの「秋華賞」と「菊花賞」が終わると、3歳馬は古馬戦線に矛先を変更してきますので、そちらも注目です。
勉強方法としては、今年の残りレースは軸を決めることに集中して下さい。
その次の3カ月は紐の絞り方の勉強をして、「桜花賞」と「皐月賞」の頃には「メインレース」の本当の購入が完成される訳です。
「Pランク会員」の方と「メインレース会員」の方は、必ずやって下さい。
それが出来れば、貴方の競馬は間違いなくプラス側の仲間になります。


 
競馬塾講座・第20回「メインレースでの勝負処の決定」(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 「メインレース情報」での勝負処を、どうして決めるのかという質問は以前から多かったのですが、本格的に会員の募集をしたので、同じ質問がさらに増えております。
そこで今回はこの「勝負処」について、先週の「馬五郎」さんが非常に上手に決定しておりましたので、取り上げてみました。
特に土曜日も日曜日も対象レースが3レースづつありましたので、難しい筈なのですがさすが競馬塾の優等生、素晴らしい分析力です。

土曜日は札幌11R「しらかばS」(オープンのハンデ戦)・小倉11R「釜山S」(準オープンの定量戦)・新潟11R「朱鷺S」(オープンの別定戦)と3つのレースが対象、しかし勝負レースには軸の堅かった「釜山S」を選んでプラス782でした。

日曜日は札幌11R「キーンランドC」(オープンの別定戦)・小倉11R「阿蘇S」(オープンのハンデ戦)・新潟11R「新潟記念」(オープンのハンデ戦)と3つのレースが対象、勝負レースには「キーンランドC」を選んでプラス663でした。

勝負レースを絞って購入資金を割り振りしていますが、キチンと優先順位とセオリーを守って購入して、2レースでのプラスは1445と素晴らしいものです。
勝負のセオリーとしては定量戦⇔馬齢戦⇔別定戦⇔ハンデ戦が優先順位、その他のセオリーは混合戦⇔牝馬戦というのが優先順位なのです。
しかし、どんな場合もセオリー通りに購入しているのではなく、そのレースを勝負レースにする理由は他にもあるのです。

「釜山S」は単勝1.2倍という素質あふれる7番「エクスぺディション」という馬がいたからです。
「エクスぺディション」のデビューは3歳時の7月10日の未勝利戦、勝ったのはこのレース後菊花賞馬になった「ビッグウィーク」でした。
このレースまで5戦連続で連体している、「エクスぺディション」の力はこのクラスでも抜けた存在で、メンバー的にも時計的にも楽勝して当たり前の状態で、本当にしっかりと分析してあります。
ハズレとなった「朱鷺S」は1番人気の「サワノパンサー」の単勝が3.7倍と非常に割れていたレースでしたし、軸候補の状態がパッとしませんでした。

日曜日はハンデ戦が2つで、別定戦の「キーンランドC」を勝負レース選んだのには、8番「カレンチャン」の実力は十分にこのG3でも通用すると判断したからです。
それでも、無理をしないで馬単マルチ8点、3連複はボックス買いしたように上手に購入しています。
その理由は着差にしっかり表れているように、1着から3着までの着差がクビ、ハナですから馬券を外さないように工夫しています。
本当に、勝負レースとその他のレースの区別をしっかりしていますし、資金配分が絶妙です。
購入の上手さは「駿」さんと同じで、私よりもプラスした金額も購入した点数も優れています。
二人には「思いっきりの良さ」がありますので、「ギャンブラー」としての資質が違うのかもしれません。

 こんな感じなのですが、考えて見ると簡単なことなのですが、競馬をしっかり分析すれば的中出来るレースが増えるということです。
今年の秋は「Pランク会員」も、「メインレース」に注目です。
競馬塾講座・第19回「基本は6レース制勝ち逃げ(旅打ち)」(駿)
JUGEMテーマ:競馬
 いよいよ秋に向けての準備も進んでいますが、最近多くなった問い合わせは「旅打ち」の事です。
「旅打ち」と「6レース制勝ち逃げ」は全く同じものですが、皆さんの中には全く別のシステムだと考えている方もいて、私達もビックリしております。
そこで、今回はこの「6レース制勝ち逃げ」について詳しく説明致します。
本来、「メガジャパン」の「勝ち逃げ」の原点は、枠連での「6レース制勝ち逃げ」なのです。
したがって、研究室スタート時代の「ボス」や「シゲ」さん達の購入は「6レース制勝ち逃げ」で勝負したそうです。
当時は「4レース制勝ち逃げ」もあって、枠連での楽しみ方もいろいろと工夫されたようで、私達も馬連時代から馬単時代へ移行する間に、「6レース制勝ち逃げ」を「旅打ち」として親しんできました。
馬連時代に突入して、「Pランク」も5頭選出から6頭選出に変更され、その時代時代に合うように工夫されたようです。
現在は、「8レース制」(中本式)と「12レース制」(ココモ式)が、「勝ち逃げ会員」のシステムとなっています。
 私の場合は、短期勝負が基本ですので、「勝ち逃げ」のベースを「6レース制」にしておりますので、通常の「勝ち逃げ」は少な目の購入金額にして勝負します。
目標額を決めているので無理をしないようにしていますが、この方法が自分にはあっています。
通常の「勝ち逃げ」は馬単の場合でも10点購入ではなく5点購入しておりますし、「6レース制」の場合は10点購入するようにして、メリハリをつけているのです。
「勝ち逃げ会員」の経験者は「Pランク会員」になってからも、ある程度の工夫をしている方が多くなっていますが、正直に申し上げると工夫している方と、工夫していない方のプラスの差は非常に大きいものです。

 「6レース制勝ち逃げ」は短期勝負として、資金作りに利用していただければいいのです。
そして、「中本式」や「ココモ式」の「勝ち逃げ」に移行することもできますし、「メインレース会員」の通常買いをしても面白いです。
こんな風に競馬にはいろんな楽しみ方がありますので、皆さん特に「Pランク会員」の方には楽しんで欲しいと思います。
 
競馬塾講座・第18回「メインレース情報の利用方法ぁ廖蔽翹棔
JUGEMテーマ:競馬
 今回は「メインレース情報」の購入についてがテーマです。
馬単・3連単・3連複と3種類の馬券を購入するわけですが、ハンデ戦や牝馬限定戦など難しいレースはBOX買いも有効にはなりますが、基本的に絞れない場合は軸から購入をします。
この、購入時のバランスは非常に大切ですので、経験しながら覚えていって下さい。

★基本★
◎馬単⇔もっとも大切な馬単が的中したら、3連単と3連複が的中しなくてもプラスが出るように考えます。

◎3連単⇔3連単が的中すれば、3連複も的中しますのでプラスは総購入額の3倍以上になることが多いのです。

◎3連複⇔難しいレースではBOXをしたりして対応、購入資金の元返しが目的です。
3連単が外れても的中することが多いので、しっかりと購入する必要があります。

 私達の購入の基本は軸1頭に相手5点、予備馬は相手が絞れた時に組み入れるか、取り消し馬が出た時のために用意されています。
時期的に暑い時期と寒い時期では、馬体の調整や仕上げに大きな差が出ますので、注意が必要ですし個人差があります。

★レベル★
◎初級⇔軸の決定は出来るが、相手を絞れないので予備馬を除いた5頭を相手に購入する。
中級まで3カ月ほど必要ですが、購入資金を2倍から5倍には出来ます。

◎中級⇔軸の決定も、相手を絞ることもできるが、パドックのチェックは苦手である。
上級まで1年ほど必要ですが、購入資金を5倍から30倍には出来ます。

◎上級⇔軸の決定も、相手を絞ることもでき、パドックのチェックも得意である。
上級になっても2年ほどの期間があれば、いろいろ経験してメモも沢山たまって、さらに「馬券師レベル」になれますし、この上級レベルになると購入資金は30倍から100倍にはなります。

  「夏場は牝馬が活躍する」、「休み明けのマイナス体重は良くない」、「暑い夏に汗を掻いていない馬は夏バテの可能性がある」、「入れ込みの激しい馬はレー ス前に消耗してしまう」等の競馬のセオリーは、経験しながら覚えていかなければいけないのですが、書籍が沢山出版されていますので、読んでみて下さい。
特に、騎手の方が書いたものとか調教師の方が書いたものは、真実が分かって面白いものです。
現在、私達のスタッフ及び研究員はすべて、上級レベルです。
「馬五郎」さんも上級レベルですが、彼の場合はハンデ戦・定量制・馬齢戦等のレース条件によって購入を区別して、さらに決定した軸の人気度合いに合わせて、相手にする頭数を絞っています。
上位3頭の能力が抜けており、さらに力が接近している場合は、BOX買いしてもプラスを残せるように考えていますし、1頭だけに人気が集中しているレースほど、展開に注意して購入している事が分かると思います。
非常に細かく分析して、総合的な判断を短時間で出来ていますが、誰でも出来ることではありません。
余程、記憶力が優れていないと無理だと思うのですが、50代の彼は記憶力の低下をパソコンに記録して補っているそうです。
本当に頭が下がります。
 私達「メガジャパン」の環境も「メインレース情報」によって、大きく変化してきています。
情報料の多い準オープン以上のレースを対象としたこと、「Pランク」と言う素晴らしいデータがあった事等が、本当に上手い具合に作用しあっています。
皆さんも諦めずに、チャレンジして下さい。
競馬塾講座・第17回「メインレース情報の利用方法」(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 今日はパドックでのチェックについて書いてみました。
「メガジャパン」の競馬塾ではビデオを参考にしながら皆さんに教えてましたが、随分と個人差が出るものです。
季節によっても大きく違いますので、それこそ経験しながら、パドック解説者の言ってることを聞きながら覚えるのが一番早く覚えられると思います。
芝のレースで言えば「ダービー」時の「オルフェーブル」、落ち着いていてさらに堂々としていて前後のバランスが非常に良かったです。
前脚の運びと後脚の運びが力強く、さらにスムーズで非の打ちどころのない状態でした。
走っている姿を見ても、前のかき込み力と後ろの蹴る力のバランスが非常に良くて、美しい走りです。
蹴る力の強い馬は、コーナーの回り方が下手なタイプが多く、前がフラフラしているものですし、逆にかき込む力が強い馬はコーナーを上手に回るのですが、蹴る力が足りないので切れが失われます。
また、中距離以上のレースではイレコミが激しいと、走る前に消耗してしまい凡走するものですし、元気のない馬は良積を残せないものです。
個人差がありますので、自分なりに覚えていくしかないのですが、覚えると的中率がアップしますので、助かります。
私は、全体的に診て細くないか、太くないか、入れ込んでいないか、体調が良いかぐらいで決めてしまいます。
他にも短距離戦では馬体がフックラ見える方が好走しますし、競馬場によっても特色が出ます。
牡馬と牝馬の差は距離が短くなるほど小さくなって、距離が長くなるほど大きくなるので、「ダービー」や「天皇賞・春」等の長距離線のG1では状態が良くても牝馬は割引が必要です。

 このようにいろんな事例を頭に叩き込んで覚えるために、メモを取る癖をつけるのが一番です。
パドック一つでもいろいろと注意して準備してメモを取っておけば、好調時の雰囲気がつかめます。
サラブレッドは気性面で大きく変化する馬も沢山いて、G1クラスの力があるのに、なんとなく覇気が無くなり成績が落ちていく馬も多いのですが、それらは成績の良かった頃のビデオで確認できるものです。
「グリーンチャンネル」は7月2日より「パドック専用チャンネル」を放送しており、朝から勉強し放題ですので、おおいに活用しましょう。
ただ、一つの「メインレース」では7頭のチェック、二つの「メインレース」なら14頭のチェックで済みますので、「Pランク」の活用法のメリットはここにもあるのですよ 
競馬塾講座・第16回「メインレース情報の利用方法◆廖淵轡押
JUGEMテーマ:競馬
 「メガジャパン」の競馬情報は「Pランク」という、パソコンで計算されたランクの上位6頭(メインレースは予備馬が入りますので7頭)が各レース提供されています。
今日の、テーマは「消し馬」です。
最初に大切なことを説明してからとなりますが、大事な部分ですので十分に理解して欲しいと思います。
競馬は、パドックのチェックと馬体重のチェックが加味されて、はじめて予想になります。
それ以前は、情報やデータであって予想には程遠いものなのです。
「Pランク」をパソコンで出すようになってから丸29年が経過しておりますが、これまで予想と思ったことはなく、データとして「勝ち逃げ」にのみ応用してきました。
ところが、若手スタッフの研究によって3年前ぐらいから、「通常買い」の研究が始まって情報量の多い「メインレース」(準オープン・オープン・重賞)を対象に、普通に購入する方法が確立されました。
「馬五郎の勝負」(メインレース特集も同じ)でお馴染みですが、「メインレース会員」の成績も、個人差はありますが非常に的中率も高く、回収率も良く大変な人気です。
本来、「Pランク」の上位である1位と2位は軸候補、残りは紐(ヒモ)として扱われてきました。
この軸の選択がパドックのチェックと馬体重のチェックによって決定され、初めて予想と言える状態になります。
軸が決まったら、相手(ヒモ)をどうやって絞るのかが、キーポイントになります。
いろんな要素が加味されますので、これまでの記事で十分に勉強されているとは思いますが、もう一度、「Pランク会員」の競馬塾講座・「競馬で負けないために」・「競馬で勝ち続けるために」・「馬券で暮らすために」・「馬五郎の勝負」でしっかりと復習をしておいて下さい。

 ここから、「消し馬」の大切な決まり事を説明して参ります。
 Pランク」が発表されたら、予備馬も入れて7頭の距離実績や、馬体重の変動、ローティション、昇級馬、降級馬等の事前チェックはメモをとっておきます。
2、3レース分ですから2時間もあれば、午前中の競馬を見ながらでもチェックは終わります。

馬体重の発表がされたら、Pランク対象馬のみ出馬表等に増減を書き込みます。
パドックでは馬の状態、歩様等のチェックをして軸を決め、事前チェックしていたメモを参考に「消し馬」を決めます。

軸が決まってから、軸の単勝オッズをチェックして、絡めるヒモの頭数を5頭にするか、4頭にするか、3頭にするか決めます。
目安は1倍台の人気なら3頭以内、2倍台なら4頭以内、3倍台なら5頭以内というのが、私達の目安です。
しかし、配当によっては「帝王賞」のようにヒモを2頭絞ることもあります。
簡単ではないですし、時間もないので事前のチェックで大まかな部分は準備しておくことです。

 「消し馬」は軸候補の中にも対象馬がいますので注意して下さい。
したがって軸馬は、事前のチェックで自動的に1頭になってしまうこともありますし、2頭とも状態が良く甲乙つけ難い時は、Pランク1位の馬を軸にすれば良いです。

★消し馬のチェック項目は下記の通りです。
.僖疋奪での気配
馬体重の増減
時計
さ離実績・コース実績
ゥラス実績
Ε蹇璽謄ーション

からΔ六前にチェック出来ますので、メモをとっておき対応できますし、,麓分でチェックできなければ、パドック解説を聴きながら勉強すれば、すぐに慣れます。
番については、休み明けのマイナス体重は良くありませんし、休み明け2戦目の大幅増はあまり良くありません。
例外的なのは、その都度ブログ内の「馬五郎の勝負」で解説していますので、参考にして下さい。
また、クラス編成には本当に注意が必要です。
クラスが上がっても勝ち続ける馬は、ずば抜けた資質を持った馬ですぐにでもG1を勝てる馬なのです。
「ディープインパクト」や「シンボリルドルフ」のような三冠馬は特別な馬なのですが、普通はクラスで揉まれながら、少しづつ上のクラスに上がっていくのです。
また、若駒は馬体重もダービーが終わるまではそんなに気にしなくても、能力だけで走るので、増減幅が大きい時だけ注意するようにして下さい。
一番大切なのはパドックなので、次回はパドックを特集します。

競馬塾講座・第15回「メインレース情報の利用方法 廖蔽翹棔
JUGEMテーマ:競馬
 「メインレース会員」だけでなく「Pランク会員」の方も、通常購入が出来るように情報を伝達しております。
「馬五郎の勝負」でお知らせしているのが結果です。
「馬五郎の勝負」として、お知らせすることになったのにはしっかりとした理由があります。
会員の皆さんと同じ目線で見た場合の購入方法を、実際にやってももらおうということになったのです。

最初に「馬五郎」さんの事について触れておきます。
「馬五郎」さん現在は田舎に住んでおりますが、学生時代からパソコンのエンジニア時代の10年余りを東京で過ごしました。
「競馬塾」の2期生でもありますので、「創」さん達と同じ時期に在籍していたようです。
実家の御都合で田舎に帰ったそうですが、とても優秀な熟成だったようです。
私は、先日、初めてお会いしたのですが、「Pランク」会員としてこれまで「勝ち逃げ」を専門にしてこられたそうで、通常購入は初めてとのことでした。

 そんな「馬五郎」さんに、会員と同じ目線で見られるようにと、「ボス」が「応援馬基金」から購入予算を提供して、記事を書いて貰うことになったのです。
20年近くも前に勉強したことが、しっかり活かされているように、軸選びから購入まで素晴らしいものです。
これまでの5回の勝負でのプラスは3,467で、スタッフの最高が3,163ですから、いかに上手に購入しているかが分かります。
とにかく素晴らしい成績です。
新車を買ったということですが、競馬は奥様と楽しんでいるようで本当にうらやましいです。
また、今でも勉強を続けていて新馬戦からのメモをパソコンで、データベースにしているようで、皆さんも「馬五郎」さんの記事を参考に勉強してみて下さい。

 新馬戦からの勉強は3年しっかりやると、4年目には最初の年の馬達が古馬戦の中心になっていますので、競馬はグーンと分かり易くなるのです。
いつも言っていますように、馬体重のチェックとパドックのチェックをしてから、馬券を購入するのと、そうでない場合の的中率は大きく変わってしまいますし、直前に軸を決める方法が一番なのです。

 「馬五郎」さんの良いところは、きっとノンビリとした田舎の生活で培われたものなのでしょう。
とても、スローな感じがいいです。
「宝塚記念」は1番人気の「ブエナビスタ」がプラス12キロで出走してきましたが、それを嫌って他の馬を軸にした方が多いと思います。
でも、「馬五郎」さん、プラス12キロで過去2回の出走実績があることを見逃しませんでした。
したがって、今回も軸は「ブエナビスタ」を選んだようで、的確な判断は本当に素晴らしいです。

 7月2日から、「グリーンチャンネル」は大きく変わります。
「競馬実況チャンネル」と「パドックチャンネル」に変更されることは、私達にとってはまた新しい競馬の幕開けとなることだと思っています。
「研究室」は秦野市に移動しましたが、環境も良く空気も綺麗でスローライフが楽しめています。
次回は、「消し馬」についてです。
競馬塾講座・第14回「4回阪神初日2日Pランク成績」(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 最初に4回初日と2日目の「Pランク」での的中結果をまとめます。
「Pランク」は皆様のお手元にありますので、そちらを確認しながらチェックして下さい。

★4回阪神初日★
1R14−7−* 馬単1,080円
2R16−4−1 馬単1,010円・3連単4,150円・3連複1,230円
3R2−11−3 馬単700円・3連単4,210円・3連複1,690円
4Rハズレ
5R5−4−7 馬単7,030円・3連単65,030円・3連複7,660円(BOX買いで的中)
6R10−15−16 馬連4,170円・3連単27,100円・3連複4,680円
7R10‐2−16 馬単2,500円・3連単18,820円・3連複4,680円(2位軸的中)
8Rハズレ
9R7‐3-* 馬単1,190円
10R3-6-2 馬単520円・3連単1,310円・3連複390円
11R3-8-11 馬単2,340円・3連単16,690円・3連複3,960円(1位軸とメインレースで的中)
12Rハズレ

★4回阪神2日★
1R5-9-* 馬単3,170円(1位軸的中)
2R3-4-* 馬単1,990円
3R7-5-9 馬単7,250円・3連単69,390円・3連複14,290円
4R8-9-* 馬単1,470円
5R11-9-* 馬単2,740円(2位軸的中)
6R3-1-* 馬単770円
7Rハズレ
8R1-5-6 馬単12,750円・3連単49,350円・3連複4,590円(BOX買い的中)
9Rハズレ
10R2-7-3 馬単990円・3連単4,050円・3連複1,060円
11R8-4-* 馬単6,450円(メインレース的中)
12R16-14-* 馬単1,210円
*マークは「Pランク」に選ばれなかった馬です。

 このように、比較的数多く的中しているのが分かると思いますが、全部を的中させようと思うとそれはちょっと無理で、「Pランク」の1位を軸にするか、2位を軸にするか、はたまたBOX買いをするかなど、いくつもの買い方があります。
また、「メインレース」だけでも十分にプラスが得られます。

私達は「勝ち逃げ」(Pランク会員)以外は、「メインレース会員」だけです。
したがって、1日1つだけの的中で良い「勝ち逃げ」は1位軸か2位軸を選択して購入するだけです。
穴買いはBOXでというのが定石なのです。
「メインレース」の軸は2頭の軸候補から、どちらかに決めて頂いています。
もちろん、馬体重もパドックもチェックしないで予想等出せませんので、この「競馬塾講座」でフォローしているのです。
やってみると分かりますが、簡単ですよ!

 競馬の一番の難しさは自分との戦いで、その部分を冷静に判断する必要があるのです。
どんなに好きな馬が出走しても、単勝100円買って我慢し、勝負するレースを待つ体制が必要です。
また、馬体重のチェックやパドックのチェックをしてから、軸を決める癖をつけると的中率はアップするものです。
簡単なことなのですが、出来ない物なのです。

競馬塾講座・第13回「特別な開催・新馬戦・降級」(ボス)
JUGEMテーマ:競馬
 史上初の中山で新馬戦を迎えまし、夏の福島開催は震災でスタンドの一部が壊れ修復中のため、今年は3回中山(8日間)で新馬戦が行われます。4回阪神は4日開催、1回函館8日間と新馬戦がスタートして本当に楽しみです。
い つもならスタッフが交代で夏休みに入り、「旅打ち」や地方に出掛ける時期でもあるのですが、今年は待機組が多いようです。今日の深夜行われる「セント ジェームズパレスS」の「グランプリボス」の動向にも注目ですが、9頭立ての6番枠でお隣5番枠には、あの強敵「フランケル」が入りました。ライバルの動 向を目標にレースが出来ますので楽しみです。

 さて、新馬戦も楽しみですが、今週からクラス編成が変更になります。俗に言われる降級で す。賞金が半分に減りますので、ワンランククラスが下がったりして、降級馬には有利になりますので注意が必要です。荒れる要因の一つにもなりますので、降 級馬のチェックを事前にしておきましょう。
 新馬戦はいつもの事ですが、ノートやパソコンで自分なりにデータを集められると面白いのですが、出来 たらやってみて下さい。新馬戦からしっかりと勉強した人と、勉強しなかった人との差は3年後、4年後には大きな差となって表れます。競馬はギャンブルです ので行き当たりバッタリでは勝てません。競馬は記憶のスポーツと言われるように、記憶力が問われるギャンブルです。記憶できないならメモを取って対処して 頂ければ、足りない部分を補足出来ますし、事前にチェックしておけば、さらに良い結果をもたらすものです。「石の上にも3年」ということわざがあるよう に、1年ぐらいで諦めずに3年、4年と続けて見て下さい。

 新馬戦から馬を見る(本来は診る)ことで、馬の良し悪しや成長過程が良く分か るようになりますし、馬体の変化が分かるようになります。私達は、新馬戦から馬を見るようにして、その馬の成長を見守っていきます。ステイヤーは胴長であ ること、スプリンターは胴が短くて体高が高いこと等を知りましたし、状態が良いのか悪いのかも歩様で判断できるようになりました。最近の競馬で馬体が完璧 だと思ったのは「オルフェーブル」のダービー時のパドック、素晴らしい踏み込みと落ち着いた雰囲気ともども素晴らしいものでした。1着はこの馬だと思った ものでした。
私達は予想を前日に出すようなことはしません。的確な予想は馬体重をチェックし、さらにパドックを見てからでなければ軸を決められな いのです。「勝ち逃げ」は8レースで1レース的中出来れば良いのですが、「メインレース」の場合は1発勝負ですので、パドックを見て判断する訳です。「P ランク」はそのための準備としての情報なのです。決して予想ではありません。パドックのチェックもしないで予想をすることは、できないということに気がつ くまで10年近くもかかったのです。最終的な結論は皆さん自身が自分で決めて、予想が成立するものなのです。「Pランク」はそのための補足情報なのだと考 えて下さい。