「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「札幌記念配当に驚きました」一杯のコーヒーに夢を託して18-66(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」が二週続けて大きなプラスを出したことで、一休みをして急遽ローカル研修にをすることになったのですが、決定が木曜日の午後だったのでバタバタでしたが、何とか金曜日午後に移動して2泊3日のスケジュールになったようです。

土曜日は「吾郎」さんと「道大」さんがメール担当、日曜日は私と「シゲ」さんと二人で研究室でメール担当して、久々の貸し切り状態でのTV観戦でした。

 

「Pランク」は9時15分に完成し送る準備はしてたのですが、「勝ち逃げ」をお休みにしたので「Pランク」はレース後に提供することになりました。

久々に「シゲ」さんと二人きりなので、ここで競馬基金を増やそうという事になって、「札幌記念」を購入することになったのです。

二人で3頭づつ選ぶことになったのですが、上位3頭は全く同じで私は5番・2番・15番、「シゲ」さんは5番・15番・2番と組み合わせるとみんな同じなので5番「マカヒキ」軸で勝負です。

購入比率は馬単4点40%:3連複1点30%:3連単6点30%で購入しましたが、何とすべて的中資金は23倍に膨れ上がりました。

 

配当の馬単2,620円・3連複3,590円・3連単16,590円には本当に驚きました。

有力馬が休み明けという事もあったし、人気が割れた事が大きな要因となったようですがラッキーな的中となりました。

夜はみんなで飲もうと思ったのですが、研究室は月曜は休みなのでみんなの帰りは月曜日に変更されたようで残念です。

 

きっとみんなも同じようにプラスしたのだと思いますが、札幌「すすきの」、新潟「万代と古町」、小倉は「紺屋町と堺町」界隈で羽を伸ばしているのでしょう。

稍重でしたので時計は良くありませんでしたが、レースはやはりG1級の馬達の争いになりました。

 

  昨日の夕方から「シゲ」さんと二人でお祝いをしながら、富士山見学で今朝の散歩後も富士山を観ながら珈琲をしました。

 

 

 

左は昨日の午後7時の「夕焼け富士山」、右は今朝6時の富士山ですがどちらも素晴らしいです。

昨日も今日もライブカメラの映像ですが、便利な世の中になったもので世界中どこに居ても富士山を眺めることが出来ます。

みなさんも楽しんで下さい。

「札幌記念にも大きな期待が!」一杯のコーヒーに夢を託して18-65(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の秋にはさらに活躍しそうな馬達が揃った「札幌記念」はG1級の馬達が集合です。

 

●クロコスミア(牝5)G1エリザベス女王杯2着

●サウンズオブアース(牡7)G1ジャパンC2着・有馬記念2着・菊花賞2着

●サングレーザー(牡4)G1マイルCS3着

●ネオリアリズム(牡7)G1香港C3着・QE2世C優勝・マイルCS3着

●マカヒキ(牡5)G1ダービー優勝・皐月賞2着

●モズカッチャン(牝4)G1エリザベス女王杯優勝・秋華賞3着・オークス2着

 

G1レースで3着以内に入っている馬が6頭、距離的に考えると「マカヒキ」が中心と思えるのですが、9ヶ月の休養明けでちょっと馬体を見ないとフアンもありますし、難しいレースとなりそうです。

 

 海外の競馬にも注目しないといけないのですが、今年の「凱旋門賞」のメンバーも来月には決まるでしょうからもう少しの辛抱です。

オーストラリアの女傑「ウィンクス」の26連勝も気になりますし、ディープ産駒スタディオブマンの動向も気になるところです。

 

競馬の楽しみ方はそれはもういろいろで、人によっては色々な楽しみ方があるのですが、息子は写真が大好きで競馬場に行ってもカメラばかりで馬券には興味がないですし、勝ち逃げも人任せです。

きっとギャンブルは好きではないのでしょう、研究室のみんなもOB会の私達とはやはり競馬の捉え方が違いますし、貪欲さが足りなくて競馬をゲームみたいに思っている様です。

 

こうして時代と共に競馬の魅力は失われているようですが、売り上げも全盛期の半分くらいに落ちましたし、回復してはいるものの現状維持の状態なのです。

それでも私達は後継者を育ててきましたし、次の時代に繋がるよう昭和・平成と頑張ってきましたので、この次の時代にも繋げていきたいと願っています。

 

最後に今日の富士山です。

 

 

 

午前6時と午後6時に撮ったもので、雲の綺麗な富士山でした。

「秋競馬に向けての準備開始」一杯のコーヒーに夢を託して18-64(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 心が洗われるような「朝焼け富士山」の姿に感動しながら、秋競馬に向けての準備が始まりました。(朝5時撮影)

 

 

 

 今日からは秋競馬へ向けた修正がこれから始まりますが、ローカル競馬が終わる9月2日で全「Pランク」の提供は終了となって通常モードに戻ります。

私達も「勝ち逃げ勝負」を徹底して行うために業務内容を軽減して、研究員の仕事量を分析業務に集約させてまいります。

もちろんOB会も含めて「勝ち逃げ」に集中するために、土日は春競馬と同じように「メインレース」と「Win5」の「Pランク」提供のみとなります。

また会員の追加募集も一切しませんのでどうぞお許しください。

 

「中本式勝ち逃げ」の年内復活はありませんが、今年はこのまま「ココモ式」のみでチャレンジして参りますので、研究員全員で徹底的分析を行って勝負しますのでちょっとワクワクしています。

ここまで残った「勝ち逃げ会員」は20名(延べ人数40名)程度ですので、ちょっとだけ気合を入れて頑張りたいものです。

 

土曜会員は1口単位で3連複107万、3連単265万のプラスですから両方やられている会員は3連複も3連単も2口に増額して、日曜会員も3連複232万、3連単176万のプラスですので3連複と3連単は2口にして勝負してみてください。

残り3週間は今まで通りで、中央に戻ったら勝負です。

「お盆休みの研究室で」一杯のコーヒーに夢を託して18-63(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日はお盆休みで、「シゲ」さんと二人で研究室の種類の整理です。

二人で朝早くから始めて3時間、いったん帰って朝食と昼食の後2時間程昼寝をして、また午後5時から2時間で全ての書類の整理が出来ました。

その間ずっと富士山(ライブカメラ)を眺めながら作業をしましたので、みなさんに御裾分けです。

左が朝5時、右が午後7時のものです。

 

 

 

なんとなく寂しそうに観える朝焼け富士山と夕焼け富士山ですが、父は私が6歳の時、母も25歳の時に亡くなっていますので、この時期はいつも寂しい気持ちになるのです。

なんとなく思い出すものですが、最近は家族間の繋がりが気薄になっているという事です。

久しぶりに研究室で珈琲を淹れましたが、「シゲ」さんと二人だけで「ナカ」さんが居ないのでちょっとほろ苦い珈琲になりました。

 

いつかはこんな日が来るとは思っていて覚悟はできていたのですが、本当に寂しいものです。

出来るならもう一度、三人で珈琲を飲みたいですが、特にお盆休みで研究室には誰も居ませんし、空っぽの状態ですから余計に思い出されます。

 

 さて海外の競馬情報をお伝えしておきます。

 

●8月11日「アーリントンミリオン」芝2,000m(米アーリントン競馬場)「ロバートブルース」(牡4歳父Fast Company)

●8月12日「フェニックスS」芝1,200m(愛カラ競馬場)「アドヴァ―タイズ」(牡2歳父Showcasing)

●8月12日「ベルリン大賞」芝2,400m(独ホッペガルテン競馬場)「ベストソリューション」(牡4歳父Kodiac)

 

この夏期の競馬は海外では重要なG1レースが沢山行われますので、旅行がてらG1レース観戦をするのも楽しいものです。

今年も8月1日から5日までイギリスとフランスを周った「龍」さん、19日から24日は「賢」さんがフランスとイギリスの競馬を観戦する予定です。

私も元気な内にもう一度「凱旋門賞」には行きたいです。

「ジャックマロワ賞」一杯のコーヒーに夢を託して18-62(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 第97回「ジャックマロワ賞」芝1600mは仏のドーヴィル競馬場の直線コースで行われ、10番「アルファセントーリ」(牝3歳父Mastercraftsman)が外ラチ2番手から抜け出しての快勝でした。

2着が「レコレトス」(牡4歳父Whipper)、3着が「ウィズユー」(牝3歳父Dansili)となんと「Pランク」の上位3頭で決まりました。

 

 

「アルファセントーリ」はこれで「愛1000ギニー」・「コロネーションS」・「ファルマスS」・「ジャックマロワ賞」とマイルG1を4連勝しただけに、今後も大きな期待に応えてくれそうです。

「ジャックマロワ賞」といえば1998年に「タイキシャトル」が日本馬調教馬として参戦し見事優勝しており、岡部幸雄騎手と藤沢和雄調教師とのコンビでの優勝、岡部さんの笑顔が今でも脳裏に焼き付いています。

 

とっても素晴らしいレースでしたが、直線だけの1600mも最高に面白いものです。

みんなとジックリお酒を飲みながら楽しみましたが、的中した余韻で深夜2時くらいまでちょっと飲みすぎです。

 

 勝ち逃げが先週も大きなプラスをしたのですが、この2日間も素晴らしい成績で久々にみんなとお会いしてはしゃいでしまいました。

会員の募集もありませんし、今後はどうなるかは決まっていませんが、来年も研究室は頑張ってくれるものと思っています。

なんとなく「ナカ」さんや「両」さんが居なくなってとても寂しいのですが、病気には勝てないものですし、年齢的にも厳しくなっているので防ぎ様がありません。

それでも最後まで競馬だけは観ていたいと思っております。

 

「巨匠逝く」一杯のコーヒーに夢を託して18-61(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 フランス料理の巨匠ジョエル・ロブション氏が死去のニュースが飛び込んできましたが、1984年3つ星に昇格した年に「ジャマン」にお邪魔したことがありますし、1994年の恵比寿の「タイユバン・ロブション」にも行った事がありますし、最近では日本だけでなくロンドンやマカオ、香港にも出店したりで大活躍されていたのです。

 

本当に残念ですが8月6日に亡くなられたという事でご冥福をお祈りするばかりです。

そう言えば昨年は6月に「アラン・サンドラス」が亡くなって、今年に入って1月には「ポール・ボキューズ」も亡くなりました。

食べることが好きな私は日本料理だけでなく、中華料理やタイ料理、韓国料理、ベトナム料理、イタリアン、フレンチ、ギリシャ料理などよく食べに行きました。

 

最近は若い頃と違って揚げ物や焼き肉などは食べる機会が少なくなりましたが、一応何でも好き嫌いなく食べられるので幸せです。

お陰でメタボになって15年、野菜は十分にとっているのですが運動量が少ないのか92Kg近辺で安定しています。

フランスは長く滞在したこともあるので、結構一人で彼方此方と行けるのですが最初の頃は食べ物が苦手で、和食レストランや中華レストランばかり探していたものです。

 

そんな中「アラン・シャペル」や「ジャン・ミッシェル・ロラン」や「ジョエル・ロブション」のレストランは、私に重くないフランス料理を教えてくれたお店でした。

珈琲もそうですが人の好みが大きく関わってきますので、私がどんなに美味しいと思う珈琲を淹れても、人によっては美味しくないと感じることもあると思います。

こうしてフランス料理も食べられるようになったなったのですが、彼らがいなかったらきっとフランス料理は今でも苦手だったかもしれません。

 

 フランスの馬産地はノルマンディーに集中しており沢山の牧場がありますし、リンゴのブランディ―「カルヴァドス」の産地もあって食文化も独特なものが多いですし、フランスでは競馬場(250以上)も沢山あってどこでも競馬が行われています。

特に夏の「ドーヴィル競馬場」は独特な雰囲気が何とも言えないですし、海も近くてとても良いところです。

 

  

 

ヨットのホテルやお城のホテルもあっていろいろと楽しめるし、とにかく海の幸や山の幸が豊富で食べ物も美味しいです。

みなさんもドーヴィル競馬場も含め、フランスやイギリスへ行ってみて下さい。

「海外G1・勝ち逃げ」一杯のコーヒーに夢を託して18-60(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 8月1日以降の海外G1は下記の通りです。

 

●8月1日「サセックスS」芝1600m(英グッドウッド競馬場)「ライトニングスピア」(牡7歳父Pivotal)

●8月2日「ナッソーS」芝1980m(英グッドウッド競馬場)「ワイルドイリュージョン」(牝3歳Dubawi)

●8月4日「ホイットニーS」ダート1,800m(米サラトガ競馬場)「ディヴァ―シファイ」(セ5歳Bellamy Road)

●8月5日「モーリスドゲスト賞」芝1,300m(仏ドーヴィル競馬場)「ポリードリーム」(牝3歳Oasis Dream)

 

今後は秋の大きなレースに向けて始動が始まっていますので、英インターナショナルS・愛チャンピオンS・仏凱旋門賞・英チャンピオンS等が目標になっています。

これからが面白くなりますので、みなさんも注目してみて下さい。

 

 「ココモ式勝ち逃げ」が順調ですが、「中本式勝ち逃げ」も復帰に向けて「チーム中本」が再編成され、データ分析も実験購入も続けられています。

「ナカ」(中本)さんと同じ北海道出身の「道大」さんが中心になって頑張っていますが、連絡を取り合って「チーム中本」に新たに2人が加わって6人体制で新しい「中本式勝ち逃げ」を目指して頑張ってくれるそうです。期待しましょう!

 

 今年の夏の暑さにはちょっと参っていますが、アイス珈琲が人気でいつもの倍もアイス用の豆を買わなくてはなりません。

ホット珈琲99%の私も今年は結構飲んでいますので、本当に暑いのでしょうか水分の取り過ぎでお腹の調子が悪いです。

無理をしていないので元気で頑張っていますが、流石に今年は夏の温泉旅行には一度も行ってないですし、行動範囲がどんどん狭くなっていますので、思い切って北海道に「ナカ」さんを訪ねようと考えています。

 

さてこの時期の富士山は、午後7時くらいの河口湖のが一番好きなのですが、左から8月1日・2日・4日の同時間のものです。

 

  

 

水彩画に書かれたぼやけた富士山も素敵ですよ!いつも眺めながら珈琲を啜るのが楽しみでもあります。

仕事柄、外国からのお客様も多いのですが、最近の流行りはみなさんどういう訳か旅館に泊るのが好きなのです。

希望の旅館は富士山近郊には非常に少なくなって探すのが大変ですので、結局泊るのは箱根になったり本当の旅館を探すのが大変です。

リクエストは「富士山」・「温泉旅館」・「和食」・「ディズニー」・「一蘭」・「スカイツリー」とラーメンの「一蘭」や「一風堂」が入っているのが面白いです。

「勝ち逃げ・海外G1・来年の競走条件」一杯のコーヒーに夢を託して18-59(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 中本さんが入院中で「中本式勝ち逃げ」はお休み中ですが、残された「ココモ式勝ち逃げ」は非常に順調で本当にラッキーです。

更に土曜日中心だった「ココモ式勝ち逃げ」に日曜も仲間入りして、どちらも順調にプラスを重ねておりますが、今年はそろそろ安心できるコースがいくつか出てきましたので、秋はマジで勝負が出来そうです。

徐々に掛け金を増やしてみたいと考えています。

 

「Win5」の残り10回の的中で年間24回的中を達成できそうな雰囲気があるのですが、今年も期待感一杯です。

絞り方等についての問い合わせが結構あるのですが、春競馬と夏競馬大きな違いがありますので自分なりの研究が必須、しっかりと傾向対策をして臨んで欲しいものです。

 

 海外競馬G1は下記の通りです。

●7月29日「ハスケル招待」米モンマスパーク競馬場(ダート1,800m)「グッドマジック」(牡3歳父Curlin)2つ目のG1優勝

●7月29日「ロートシルト賞」仏ドーヴィル競馬場(芝1,600m)「ウィズユー」(牝3歳父)

●7月31日「グッドウッドC」英グッドウッド競馬場(芝3,200m)「ストラディヴァリウス」(牡4歳父Sea The Stars)3つ目のG1優勝

 

最近は「Sea The Stars」産駒の活躍が目立ってきましたが、英「2000ギニー」・「ダービー」・仏「凱旋門賞」等G1を6連勝した馬ですが、G1での活躍馬が少なく種牡馬成績では期待されたほどでは無かったのです。

しかし今年は活躍馬が多く出ていて、半兄の「Galileo」産駒にも負けないくらいの活躍馬が出ています。

 

 続いて来年度の中央競馬は夏競馬から降級制度が無くなりますので、競走条件の呼称は新馬・未勝利・1勝クラス・2勝クラス・3勝クラス・オープンとなります。

これで降級による特権が廃止されますので、より勝ち上がるのが難しくなる訳ですが、差がハッキリとして分かり易い競馬になるものと思っています。

 

これでデータの入れ替え作業もグーンと楽になる訳で、研究もスムースになるのでとても良い事だと思いますし、「Pランク」の必要性はもっと高くなっていきます。

更に差がハッキリとすることで分かり易い競馬になるという事で、みなさんにとってもデータ分析が簡単になる訳です。

 

 私達は「勝ち逃げ」だけでなく「Win5」の研究もしてますしそれなりに成果を上げていますが、「通常買いで勝つ方法」も研究してきました。

ところが「通常買いで」は準オープン以上のレースでなければ、軸を簡単に決められなかったりデータ的な差が小さいためにどうしても馬の状態診断が必須となって、大変難しさがありましたし、実際にそれを特別に研究した「吾郎」さん以外は上手くいかなかったのです。

 

「シゲ」さんの糖尿病に始まって、「両」さん、「吾郎」さん、「中本」さんと病気になって入院をしたりと、年齢的に徐々にみんな弱くなりました。

私もここ数年腰痛に悩まされており、年を取ると若い頃に無茶をしただけに色々と悪いところが出てくるものです。

「シゲ」さんは病気したせいもあって早くに治療し、若い奥さんを貰ったこともありすこぶる元気になりましたが、みんな年と共に徐々にメタボも酷くなっていますし弱くなりました。

 

「両」さんも長い間私達とパソコンのメンテナンスをやってこられましたが、退院したら田舎に帰ることになっているそうで、寂しくなりますし、「中本」さんもどうやら北海道の娘さん達と暮らす決意をしたようで復帰は難しいとの連絡が入りました。

本当に残念でこればかりはどうにもなりませんが、若い人達が中心になって「Pランク」の研究が続けられて研究室が残るように願っています。

「Win5は14回目的中」一杯のコーヒーに夢を託して18-58(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は今年14回目の「Win5」的中がメインですが、先に「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」(アスコット競馬場2,390m芝G1)の結果をお知らせします。

なんと直前になって「クラックスマン」の回避があって、「ポエッツワード」(牡5歳)父Poet's Voiceが優勝、2着も同厩舎の「クリスタルオーシャン」、3着に「コロネット」が入りました。

 

 

「ポエッツワード」はG1連勝ですが今年は3月の「ドバイシーマクラシック」から始動して2着、この時の3着馬は「クロスオブスターズ」、4着が「レイデオロ」で優勝したのが「ホークビル」、この連勝で実力のある事を証明してくれました。

 

 週末は随分と不穏な動きの台風に惑わされましたが、「勝ち逃げ」は土曜日にすべてスタートして無事に終了、メインレレースも6戦5勝ととてもいい成績でしたし、何よりもうれしいのが「Win5」の3週連続的中です。

そして今年はこれで14回目の「Win5」的中になりました。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

 

難しい解説は抜きにして、今回はOB会も含めて24人中4人が的中したようですが、6頭全部の組み合わせ購入している人が一人だけいますので、彼はトータルでも前半戦も後半戦もプラスしている訳です。

今回も絞った方の的中は難しかったかもしれませんが、札幌の「クイーンS」が2頭に絞れただけに4×4×2×4×3=384点で的中が可能でした。

きっと「Win5」の絞り方は誰かが書いてくれるとは思うのですが、みなさんも「Pランク」をベースに研究してみて下さい。

 

各競馬場は開幕週ですので土曜日は馬場状態がとても良く、素晴らしいタイムのレースが多く見ていて気持ちが良かったですし、小倉は日曜日に台風の影響が少しありましたが、大きなトラブルもなく無事に終わりましたし本当に良かったです。

涼しい2日間で本当に助かりましたし、久々に「吾郎」さん達とも会って色々とお話しできて嬉しかったですが、みんな海にでもいかれたのか真っ黒に日焼けしていて頼もしい身体でした。

 

「Win5は13回目的中」一杯のコーヒーに夢を託して18-57(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今年の「Win5」は13回目の的中となったのですが、的中したのは3人だけと厳しい的中となりました。

それだけ難しかったのですが、ちょっとだけ分析してみましょう。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

 

☆Win5対象レース

中京10R02・08・04・07・01・03B➡04(ここは上位3頭では8番が、下位3頭では昇級3番と7番が消し馬候補)

福島10R14・01・10・11・13・08E➡14(ここは昇級8番と長休明け11番は消し候補)

函館11R1106・05・15・03・04D➡06(ここは2歳馬上位4頭だけ残す)

中京11R16・13・11・12・04・05E➡16(ここも難しく上位4頭残し、僅差の場合はいつもこの方法)

福島11R09・10・04・14・12・02C➡14(ここは休み明けの2番と12番は消し馬候補)

 

これはレースの難易度が非常に高いレースが多く、難易度がAやBのレースが1鞍だけで、非常に難しいDとEが3鞍もある微妙な組み合わせでしたので、4頭づつ残せば4×4×4×4×4=1,024点になってしまいます。

誰でも思うのが1,000点超えないようにしたい、できれば3×4×4×4×3=576点にまで絞りたいと思うのが普通なのです。

 

福島のメインレースがネックになったようで、3頭残しにするか4頭残しにするかが的中のカギとなったのです。

10番の馬体重増が早く分かっていれば簡単なのですが、このレースがネックになったようで殆どの研究員が上位3頭残しを選んでしまったのです。

購入額も10万円を超えると嫌なものですが、難しい時は多めに購入するのが的中させる秘策なのです。

 

 今週末は海外のG1も注目レース「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」等があります。

私の中では「凱旋門賞」の次に日本馬に勝って欲しいレースがこのレースで、とても大切なレースだと思っています。

 

28日英「キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス」

29日仏「ロートシルト賞」

29日独「ダルマイヤー大賞」

29日米「ハスケル招待S」

 

暑くてちょっと夏バテ気味の方も多いと思いますが、海外ではこれからもっと重要なレースが次々に行われますので注目してください。