「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「富士山&温泉&競馬」一杯のコーヒーに夢を託して18-06(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今回の富士山は、16日朝7時・8時・9時の逆さ富士です。

とても綺麗ですが寒そうですね?

 

  

 

さすがにこんなに寒いと河口湖にも行けないのですが、昨年までは11月から2月までの間に3年連続で山中湖か河口湖に行きました。

温泉もあって本当に大好きな富士山です。

 

 今回の日帰り温泉は「湯河原」という事になり特集の最後なのですが、1700年もの歴史を持っている温泉郷だけにいろいろと楽しめますし、最近はラーメン「飯田商店」も有名でいつも沢山の人が並んでいます。

「湯河原」のホテルの温泉は開放感のある施設が少なく、高台にあるホテル以外は眺望が期待できませんし、温泉施設が小さい事もありますが、足湯温泉施設「独歩の湯」等も含め日帰り温泉施設が充実しており利用し易いです。

 

いずみの湯(ニューウェルシティ湯河原)⇔大人1,000円・とても開放感のある露天風呂が気持ちいいです。サウナあります。

 

  

 

ゆとろ嵯峨沢の湯⇔大人1,350円・日帰り専用施設で何種もの温泉が楽しめますし、宿泊もできるようになりました。

大滝ホテル⇔大人1,000円・お食事つきプランもあって露天風呂も大きくていいです。

湯河原ラドンセンター⇔大人1,630円・駅から1分と非常に近い「ホテル城山」にありますので湯河原の定番です。

 

湯河原にはとても良い宿泊施設が沢山ありますので、お料理の美味しさと温泉を1泊して楽しんで欲しいものです。

 

 今日は珈琲の話は抜きにして「競馬」の話題をお届けします。

世界中のG1レースを見まわすと1月27日アメリカ「ペガサスワールドC」を皮切りに、3月24日オーストラリア「ゴールデンスリッパ―S」&「ジョージライダーS」、3月31日UAE「ドバイワールドカップデー」へとつながっていくのですが、日本のG1は2月18日の「フェブラリーS」からスタートです。

 

クラシックレースは日本では4月からなのですが、アメリカ・イギリス・フランスは5月からスタートします。

今年のクラシックは新種牡馬の「オルフェーヴル」産駒や「ロードカナロア」産駒に期待していますので、もう少し頑張って欲しいのですが、デビューから無傷の「ダノンプレミアム」(ディープインパクト産駒)は馬体重を増やしながらの3連勝と2回のレコード勝ちで、無事ならこの馬の「皐月賞」は1着確定だと思っています。

 

4戦4連対の「ステルヴィオ」は「ロードカナロア」産駒で「ダノンプレミアム」との差を詰めるためには、今後のトレーニングにかかっているようです。

「ホープフルS」の勝馬「タイムフライヤー」も注目していますが、こちらは「ハーツクライ」産駒で距離延長の心配はなさそうなので「ダービー」では逆転が可能になるかもと考えています。

今年の3歳馬にはワンランク上を目指して欲しいので期待一杯なのです。

 

「富士山&温泉&珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-05(Kei)

JUGEMテーマ:趣味

 最初にいつもの様に14日朝8時30分頃の富士山です。

少しづつ雪が増えて日毎に真っ白になってとても美しいです。

 

  

 

忍野富士と河口湖大石からの写真です。

 

 みなさん十国峠からの富士山も綺麗で素敵ですが、最近は熱海からバスがありますので便利です。

私は若い頃から十国峠にはよく行きましたので思い出が沢山あります。という事で

今日は「熱海」の「日帰り温泉」を特集してみましたが、数多くのホテルで日帰り温泉が楽しめますので、是非行ってみて下さい。

熱海ですから眺めが良いところを中心に選んでみました。

 

「新かどや」⇔熱海駅から徒歩30分タクシー8分、大人1,230円・13時〜16時・熱海の街並みが一望できます。

「ホテル ミクラス」⇔熱海駅から徒歩15分、大人2,500円・14時〜20時・海が一望出来て最高です。

 

   

 

「後楽園ホテル」⇔熱海駅タクシー10分、大人1,800円・11時〜14時・大きな湯船に海が一望できます。

「ニューアカオ」⇔熱海駅から送迎あり、大人1,700円・13時〜17時・海際の露天風呂は気持ちがいいです。

 

   

 

「ロイヤルウィング」⇔熱海駅から送迎あり、大人2,200円・13時〜17時・眺めが最高のヒノキ風呂は気持ちがいいです。

 

   

 

 熱海の温泉の基本は「海が見える事」ですので眺めの良い温泉を選びましたが、他にも沢山ありますので探してみて下さい。

私は週に1回か2回ペースで行きますが夏は疲れてしまうので、寒い冬の方が多くなります。

 

湯冷めをしないように注意しないといけないので、ユックリと身体を暖めてから食事をしてサッと帰るようにしています。

私の所から「熱海」は1時間、「箱根湯本」は48分、「湯河原」は50分で行けますのでとても便利です。暖まりますよ!

 

「富士山&温泉&珈琲」一杯のコーヒーに夢を託して18-04(Kei)

JUGEMテーマ:趣味

 今朝6時20分頃の河口湖の富士山ですが、とっても寒そうです。

それでもやっぱり綺麗です!

 

  

 

 昨日は「鶴巻温泉」の「弘法の里湯」で湯ッタリでした。

これだけ寒いと温泉が恋しくなりますので、今日の「日帰り温泉」は「強羅」特集です。

 

山田屋旅館⇔ケーブルカー早雲山駅から徒歩2分、大人1310円・12時〜16時(繁忙期15時まで)寄木細工が綺麗ですし、標高800mもあるので時々雲海が見えることがあります。

 

  

 

ラフォーレ強羅⇔ケーブルカー中強羅駅から徒歩5分、大人1500円・12時〜16時まで・お料理も楽しみです。

 

箱根太陽山荘⇔強羅駅から徒歩3分、大人1100円・11時〜15時まで・国民宿舎で登録有形文化財の建物が素晴らしいです。

 

  

 

強羅近郊のホテルは日帰りできる温泉は少なめでお湯が白濁しているのが特徴ですが、無色透明な温泉もあります。

 

 朝の珈琲は平日はエスプレッソが多いのですが、競馬当日は朝が早いのでいつものブレンド珈琲を一杯づつ淹れて飲んでます。

競馬が始まる10時前後にはもう2杯も3杯も飲んでいることが多いので、ランチを食べるまでは珈琲は控えていますが、メインレース前に1時間から2時間お昼寝してから、珈琲の準備をしてメインレースに合わせて淹れます。

 

珈琲の抽出温度(ペーパードリップの場合)は85℃〜90℃前後が最適で、沸騰したお湯ですと苦味が強くなりますし温度が低いとイガミが強くなるし飲み頃の温度を下回ってしまいます。

きちんと温度計を用意してサッとエキス分だけ抽出して、お湯割りにした方が美味しいです。

 

エスプレッソは「カフェラテ」を作る時にマシンを用意したのですが、家族のみんなもよく利用していますし、私は目覚ましになっています。

甘〜くして飲むのが好きですが、砂糖は沈めたままで掻きまわさないで最後にドロドロの状態にしていただきます。これ最高!

「日経新春杯&温泉」一杯のコーヒーに夢を託して18-03(Kei)

JUGEMテーマ:趣味

 今日は富士山はお休みで「日経新春杯」のお話と「温泉」です。

 

「日経新春杯」といえば1978年1月22日の「テンポイント」(流星の貴公子)の骨折が思い出されてなりません。

イギリス遠征が決定していた貴公子、ハンデ66.5kgという酷量も影響があったのか、丁度4コーナー付近での開放骨折で骨が飛び出すほどの重症でした。

今でもあの瞬間を思い出すくらい鮮明に覚えていますので、それからはアクシデントの無い事をいつも祈っております。

 

さて今回の「日経新春杯」はG1クラスの馬がおりませんし、「ミッキーロケット」・「ソールインパクト」・「ロードヴァンドール」・「ベルーフ」を組み合わせてみたいですが、ハンデ戦なので直線横一線となりそうなメンバーです。

 

 こんなに寒いと温泉が恋しくなりますが、引退してからはOB会旅行も年に1回くらいですからここ3年間は、近場の日帰り温泉が多くなりました。

日帰り温泉は地元にもあるのですが、あまりに近すぎて(4分以内に3件)なんとなく電車に乗って出かけたくなるもので、箱根湯本や湯河原温泉や熱海に出かけてノンビリしています。

 

箱根湯本以外でも強羅近辺も日帰りで利用できる施設が沢山ありますし、湯河原温泉や熱海も同じ様に殆どのホテルで日帰りができます。

今回は行く事がとても多い「箱根湯本」を中心に紹介してみます。

 

「箱根湯寮」⇔箱根湯本駅から送迎バスで3分、大人1400円・平日10時〜21時まで・土日休10時〜22時まで

「吉池旅館」⇔箱根湯本駅から歩いて10分、大人2000円・全日13時30分〜22時まで

 

  

 

「箱根の湯」⇔箱根湯本駅からシャトルバスBコース100円で10分、大人1050円・全日10時〜22時まで

「湯の里おかだ」⇔箱根湯本駅からシャトルバスAコース100円で5分、大人1450円早朝営業あり・全日11時〜23時まで

「天成園」⇔箱根湯本駅からシャトルバスAコース100円で5分、大人2534円・全日10時〜翌9時まで(深夜料金加算あり)

 

  

 

「湯本富士屋ホテル」⇔箱根湯本駅から歩いて5分、大人1800円・全日12時〜20時まで

「日帰り温泉 和泉」⇔箱根湯本駅から歩いて10分、大人1250円・平日11時〜21時まで・土日休10時〜21時まで

「一の湯本館」⇔箱根湯本駅からシャトルバスCコース100円で5分、大人1087円・全日13時〜20時まで

「箱根パークス吉野」⇔箱根湯本駅からシャトルバスAコース100円で5分、大人4650円昼食個室込・全日11時〜15時まで

 

まだまだ沢山あるのですが、開放的な露天風呂の「天成園」や庭園が美しい「吉池旅館」はお風呂も素晴らしいですし、日帰りオンリーの「箱根湯寮」も静かな環境ですしとてもいいです。

ノンビリと温泉に浸かって、美味しいものを食べてしっかりと旅行気分も味わえてリーズナブルで良いものです。

 

子供たちが小さい頃は一緒に旅行してくれたのですが、最近は一緒じゃない事が多く食事や家の事が心配でどうしても日帰り優先になってしまいます。

最近の温泉地は設備はいいのですが、料理だけはチョットだけグレードアップして欲しいものです。

 

「今年の無料情報はハンパない!」一杯のコーヒーに夢を託して18-02(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日朝7時前後の富士山、朝焼けがとても綺麗ですが、雲の傘がある時はお天気が崩れるのです。

 

 

 

午後にはやっぱりお天気が崩れてしまいましたが、競馬の日はいつも富士山を観ながらお天気の確認をしています。

もちろん美味しい珈琲を飲みながら、ノンビリと眺めていますのでとても幸せなひと時なのです。

 

 さて、新体制になった研究室が提供する無料予想は「Win5」の対象レースをメインレースも含め、5鞍のPランクをすべて提供しています。

3日目に早くも「Win5」的中者が沢山出たように、素晴らしい3日間になったようです。 

◎1月6日5戦4勝1敗(メイン2戦2勝)トリプル3勝

◎1月7日5戦3勝2敗(メイン2戦1勝)トリプル2勝

◎1月8日5戦4勝1敗(メイン2戦1勝)トリプル4勝・Win5的中

 

平均350点購入の「Win5」は1回的中でチャラ状態、通常買いも少し考えていただければ分かりますが、4頭から5頭に絞ってのBOX購入ならプラスができるくらいです。

きっと「Web競馬塾」で誰かが取り上げてくれると思いますが、2歳新馬戦が始まる6月までにはみなさんもコツを覚えてくれると思っています。

 

「Pランク」はパソコンデータがベースになっておりますので、クラスが上がるほど精度も上昇する傾向にありますので、準オープン以上の上位クラスを狙うのが一番的中率が良くなります。

単勝1倍台の人気馬が敗れても、Pランク2位〜6位までで的中するケースが多くなるのですが、結果をしっかりと捉えて勉強する事が必要です。

 

研究室のみんなが「勝ち逃げ」だけに専念して、改めて「メインレース」や「Win5」の研究をするという事にしたという事は、きっとこれからの勝負に活かされるものと思っています。

これならサポートも「勝ち逃げ」だけですので、十分に時間が確保できると思っています。

みなさんからも色々と応援していただいたり、意見を言ってもらうとうれしいです。

 

 年末からの暴飲暴食で胃腸の調子が悪くなって、珈琲は「カフェオーレ」や「カフェラテ」を飲むように心がけていますが、胃にやさしいのでみなさんにもお勧めです。

特にお客様が来る時期で珈琲を飲む回数も増えますので、出来るだけ暖かい柔らかな珈琲を出すよう心掛けています。

 

「今年の目標」一杯のコーヒーに夢を託して18-01(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 

 

 明けましておめでとうございます。

               今年もよろしくお願い致します。

 

 今年の競馬は6日から3日間開催という事ですが、沢山の楽しみが待っていますので今からワクワクしています。

お正月は2日間ノンビリと映画を観たり音楽を聴いて過ごしましたが、そろそろ限界ですので競馬データの整理を始めました。

期待した「オルフェーヴル」産駒は重賞勝ち馬が2頭と活躍馬がでましたが、勝ち上がり馬が少なく「ロードカナロア」産駒の方が目立ってました。

期待した程ではなかったですが、クラシックまでどんな産駒が登場するのかちょっと気になりますし、古馬になる頃にはもう少し活躍馬がでてくれるものと思っています。

 

例年通り「ディープインパクト」産駒の強さは特別ですが、今年の活躍を保証された「ダノンプレミアム」の優秀さには驚いております。

とても楽しみな存在だと思いますし、無事にクラシックを迎えて欲しいものです。

今年秋にはフランス行きとなってくれれば幸せです。

 

 お正月の2日と3日の楽しみは珈琲を飲みながらの「箱根駅伝」応援、朝から珈琲の準備をしてベットの中から地元「神奈川大学」と「東海大学」の優勝を楽しみにしていたのですが、「東海大学」は5位と健闘してくれ、「神奈川大学」は15位とシード権を失ってしまい残念な結果になりました。

今年の珈琲は美味しいプレミアムなスペシャルティ珈琲を沢山用意して、競馬を楽しみたいものです。

 

研究室は1つに統合され「勝ち逃げ」だけをサポートすることになったようですが、「吾郎」さんの代りがいませんので「メインレース」はサポートが難しいのでしょう。

「勝ち逃げ」1本は私も大賛成で、体制が整うまではこのままで頑張って欲しいと思っていますし、その方が勉強する時間が多くなると考えています。

 

今年も何とか最後までプラスで終われるよう、応援していきたいと思っています。

みなさんも応援してください、よろしくお願い致します。

「ホープフルSと東京大賞典」一杯のコーヒーに夢を託して17-56(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 最初に富士山、夕暮れ時の17時の河口湖と精進湖の写真です。

 

 

 

精進湖の富士山は、逆さ富士もハッキリでとても綺麗です。

 

 「ホープフルS」は「ジャンダルム」を軸に「タイムフライヤー」・「ルーカス」・「サンリヴァル」で馬単だけ的中、「東京大賞典」は「コパノリッキー」軸に「ケイティブレイブ」・「サウンドトゥルー」・「ミツバ」で見事なトリプル的中となって、無事に今年を締めくくりました。

「勝ち逃げ」も今年は順調そのもので、いう事がありません。

 

 今日はまた少しだけ珈琲の話をしたいと思います。

「東京大賞典」ではゲイシャ種の珈琲が研究室でも大人気だったのですが、珈琲は抽出してから15分もすると直ぐに酸化して美味しくなくなってしまうのです。

 

そのため、私の場合常にその都度豆を挽いて淹れるのですが、いつもみんなに15分以内に飲んで下さいと言ってます。

実際にはネルドリップで30分、ペーパードリップで20分前後といった感じですが、その他の器具ではもう少し時間が短くなるものと考えて下さい。

私も研究室のみんなも珈琲が大好きなので注意はしているのですが、最近の温泉ホテルもシティホテルも部屋に珈琲ミルまでおいてあったり、コーヒーメーカー(殆どがネスプレッソマシン)が置いてあったりでとても珈琲が美味しく飲めるようになりました。

 

でもすべてのホテルに自分好みの珈琲があるとは限らないのですが、せめて珈琲だけは美味しいものを飲ませて欲しいと思っています。

ゲイシャ種の珈琲を始めて取り上げた「スターバックス」、自店で焙煎し注文を受けてから1杯1杯丁寧にドリップしてくれる「ブルーボトルコーヒー」等美味しいと言われる珈琲店が増えましたが。

日本の珈琲専門店はいつの時代も1杯1杯丁寧にドリップしてくれる店が多かったのです。

 

ところがホテルの珈琲は本当に酷くて、抽出してからホットプレートにサーバーに入れて置かれているところが多く、酸化していてとても飲めたものではありません。

中には最新の珈琲マシンが置いてあって、豆を挽いて1杯づつ抽出しているホテルも増えてきました。

 

ロビーの隅に小さなカウンターがあって珈琲を1杯1杯淹れてくれるサービスがあって、何種類かの珈琲豆が置いてあるようなサービスがあればもっとお金を払ってでも美味しい珈琲を飲みたくなるし、あのホテルなら美味しい珈琲があるから最もリラックスできるという人までいると思います。

 

私の家にはお客様が良くいらっしゃいますが、みなさんのお目当ては私の淹れる珈琲と少しの時間のおしゃべりなのです。

特にワインの様なフルーツ香のある珈琲を用意するようになってから、みなさんよく来られるようになりました。

こんな珈琲を出してくれるホテルがあれば、最大のリラックスが得られると思いますし、サービスにも料理にも満足しても何か足りなかったと思うのは珈琲なのです。

 

最近はできるだけ珈琲を淹れる道具だけは持って歩くようにしていますが、ホテル側に用意があれば最高です。

どんな豪華なホテルでも珈琲にこだわりのあるホテルは少ないので、みなさんも同じように感じていると思いますが、やはり嗜好品は難しいもの、それでも拘ってくれれば最高のサービスだと思います。

たかが珈琲、されど珈琲なのです。

 

「G1昇格のホープフルSは?」一杯のコーヒーに夢を託して17-55(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は最初に美しい富士山からです。

今朝の7時に撮影したものですが、凄く寒そうな感じでもやっぱり美しい富士山です。

 

 

 

 G1昇格の「ホープフルS」は中山芝2,000mの17頭立てとなりましたが、力の接近した難しいレースとなりそうです。

無傷の2勝馬「サンリヴァル」・「ジュンヴァルロ」・「ジャンダルム」の3頭に、4戦連続連対の「タイムフライヤー」、5戦連続馬券圏内の「シャルルマーニュ」、1勝馬の「トライン」と「ステイフーリッシュ」の2頭も時計を詰めてくると思うので、やっぱり難しいです。

 

血統的にも応援したいのは「ビリーヴ」の子供である「ジャンダルム」で、母はスプリンターでしたがこの馬は距離が持ちそうですし、「モーリス」の全弟となる「ルーカス」も時計があるだけにチョット応援したくなります。

手広く購入するようにしましょう。

 

 珈琲はチョットした「ゲイシャブーム」なってみんなからリクエストをいただいており、今度は入手するのが困難になってしまいましたので「パナマ・ゲイシャ」2種だけでなく「コスタリカ・ゲイシャ」と「グァテマラ・ゲイシャ」と「エチオピア・ゲシャ」(ゲイシャの呼び名はこのエチオピアのゲシャが由来で、このゲシャ村がオリジナルです。)の5種類を飲み比べることになりました。

 

オレンジ等の柑橘系の香り、ジャスミンの香りといろいろなフルーツの香りがするのが特徴ですが、甘く余韻がとても長いので楽しめる珈琲です。

明日は一日中珈琲を淹れる覚悟で研究室にいく事になりそうです。

 

「今年の競馬・オーディオ・PC・珈琲のまとめ」(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今年1年間いろいろとありましたが、チョットした事や大きな出来事も含めて取り上げてみたいと思います。

 

◎競馬

 「キタサンブラック」の「有馬記念」優勝でG1で7勝、獲得賞金も「テイエムオペラオー」を破って歴代1位になりました。

「ハービンジャー」産駒が三世代目でG1を勝って、一世代目の「ルーラーシップ」産駒と「フランケル」産駒と「オルフェーヴル」産駒にもG1勝馬がでて、競馬界は新たな一歩を踏み出したようです。

また、後半は古馬戦では3歳馬の活躍が目立っていましたので、こちらも大変楽しく競馬を観させていただきました。

 

◎オーディオ

 今年はアナログアンプ1台と、AVアンプ1台、ミニコンポ1台、SW1台、スピーカー1セット、DAC1台と機材が増えましたが何れもハイレゾ対応となって、環境が整ってPCのミュージックファイルも完ぺきにいい音に変身しました。

来年はもう少し上を目指してみたいと思っていますが、DACはまだまだ価格の高い製品が多いので今後に期待しており、庶民的な価格帯の製品が増えることを祈ってます。

 

◎PC(パソコン)

 第8世代CPUにRyzen CPUと新しい製品が瞬く間に広がって、本当に楽しい日々を過ごせました。

9月から準備に入って、11月と12月で競馬関係のPC、事務所のPC、自宅のPCを組み込みました全部で8台ほど担当しましたが、凄く充実した日々を過ごせましたので感謝感激です。

 

◎珈琲

 昨年はオーガニック珈琲中心にいろいろ試してみましたが、今年はタイランドの「ドイチャン」、ルワンダの「アバトゥンジ」、ハワイの「コナ」、エチオピアの「イルガチェフェ」、パナマの「ゲイシャ」等、フルーティーな香りが特徴の珈琲をいろいろと探して飲みました。

徐々にその旨さが癖になって自分の好みが少しづつ変化していることが、分かってきたようです。

 

もちろん普段飲む珈琲はブレンド珈琲が多いのですが、スペシャルティ―珈琲を飲む機会も増えてきました。

音楽を聴く時も競馬の時も珈琲は欠かせない脇役なのですが、時々は主役になる事も増えてきました。

それだけ美味しい珈琲が増えたという事です。

 

 来年はもう少し上を目指して頑張りたいと思っていますが、競馬と珈琲は楽しみが広くなっていますし、PCとオーディオは新製品が楽しみです。

 

「キタサンこれからどんな産駒が?」一杯のコーヒーに夢を託して17-54(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 24日の朝6時40分前後の富士山です。

とても寒そうですが、逆さ富士が本当に綺麗です。

 

 

 

 有馬記念は「ナカ」さんらが3人で押し掛けて」来ましたので、4人で「パナマ・ゲイシャ」珈琲を飲みながらテレビ観戦です。

7つ目のG1レースを勝った「キタサンブラック」は引退式も含めて大変なフィーバーとなりましたし、オーナーの北島さんも騎手の武豊さんも素晴らしい笑顔でした。

 

馬券は単勝以外はハズレてしまいましたが、不利がなければ上位3頭で決まっていたのに本当に残念です。

でも、「キタサンブラック」の逃げはタイム的にも緩やかで、とても素晴らしい騎乗でした。

これで種牡馬としてこれからは大いに期待ができそうですが、距離が持つだけにどんな産駒が出てくるか本当に楽しみです。

 

有馬記念が終わってからOB会の忘年会をしましたが、眠くて眠くて早々と退散して家で一眠りしました。

いや〜、とても疲れましたが、幸せな一日でした。

 

 さてまだ競馬は28日の「ホープフルS」、29日の「東京大賞典」で締めとなるのですが、「ローカルのシゲ」さんも楽しみにしているそうで、研究室でも何人か現地に行くそうです。

来年は研究室が一つに統合されて「勝ち逃げ」1本で勝負することになったと報告がありましたが、サポートが大変ですからいろいろとやるよりは私もいい事だと思います。

 

PC工房「Room365」の隣に研究室が移動しますので、今度は土日に工房も使え、広くなってとてもいいと思います。

みんなで「勝ち逃げ」の研究をさらに上を目指してという事らしいですが、これから楽しみです。

 

最近は新しいCPUが発売され、時々はパソコンの自作をノンビリと楽しんでいます。

9月から3台ほど新しいPCを自作しましたが、本当に素晴らしい時代に突入したと思っておりますし、とてもスムースに作業ができますので、ストレスフリーのPCはいいものです。