「競馬を楽しむ◆廖蔽翹楴宛Φ羲次

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
研究室の統合がスタート「ココモ式と中本式のグループ制」へ!(研究室)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は後半期は「研究室」が統合され、7月1日から新体制になります。

研究員は14名で「ココモ式」と「中本式」の2つのグループに分かれて活動しますので、よろしくお願い致します。

 

◎2017年後期「勝ち逃げ研究室」

  担当  ⇔   名前 ⇔年齢 ⇔ 競馬歴 ⇔ 好きな馬 

(ココモ式リーダー)「駿」⇔40 歳・競馬歴21 年:ディープインパクト

 

(中本式リーダー)「翔」⇔41 歳・競馬歴23 年:ディープインパクト

 

(副リーダー・PC管理)「裕」⇔34 歳・競馬歴14 年:ディープインパクト

 

(副リーダー・AD管理)「賢」⇔33 歳・競馬歴15 年:ディープインパクト

 

(開発リーダー)「純」⇔32 歳・競馬歴14 年:キングカメハメハ

 

(開発・AD)「大雅」⇔25 歳・競馬歴5 年:ディープインパクト・オルフェーヴル

 

(開発・PC)「英」⇔24 歳・競馬歴6 年:オルフェーヴル

 

(開発・スマホ)「翼」⇔24 歳・競馬歴6 年:オルフェーヴル

 

(開発・AD)「蒼介」⇔24 歳・競馬歴5 年:オルフェーヴル・ドゥラメンテ

 

(開発・PC)「勇気」⇔24 歳・競馬歴6 年:ドゥラメンテ・キズナ

 

(開発・スマホ)「流星」⇔24 歳・競馬歴6 年:オルフェーヴル・ドゥラメンテ

 

(開発・AD)「楓真」⇔23 歳・競馬歴5 年:キズナ・ドゥラメンテ

 

(開発・PC)「圭祐」⇔23 歳・競馬歴4 年:キズナ・ドゥラメンテ

 

(開発・スマホ)「信」⇔24 歳・競馬歴5 年:オルフェーヴル・ドゥラメンテ

 

「Room365」での担当は交代で行う事になりますが、通常は毎日8人が平日に担当します。土日はお休みです。

 

競馬はこうして勝て!「勝ち逃げが1番・メインレースは2番・Win5は3番」(蒼)

JUGEMテーマ:競馬

 私は2年ちょっと前の「競馬塾」に参加する前までは「勝ち逃げ法」について、まったく知らなかったのですが、勉強しても勉強しても足りないのか「通常買い」では年間プラスが不可能でした。

でも「勝ち逃げ」に出会って最初の年に、年間プラスをして驚いたものです。

 

現在は「勝ち逃げ」7割:「メインの通常買い」2割:「Win5」1割といった感じですが、最初に頃は「メインの通常買い」が7割でした。

「吾郎」さんの様にパドックや返し馬を見て、各馬の状態を判断できるわけではないので結局は消し馬を間違えてしまうのです。

最初の1年間は「吾郎」さんも土日は研究室にいましたので、いろいろと教えて貰いましたが、1年ぐらいではとても馬の診断はできるものではなく、「吾郎」さんが研究室に来なくなった2年目からは「通常買い」の成績が落ちてしまい、「勝ち逃げ」の割合が徐々に大きくなっていきました。

 

その点「勝ち逃げ」なら「Pランク」さえあれば機械的に購入できるし、パドックも気にする必要もなく私にとっては非常に楽な方法となったのです。

最初の1年間はちょっとプラス、2年目は納得できるプラス、3年目の今年は2カ月で満足できる成績、こんな感じで少しづつ状況が良くなっています。

 

自分の意志で購入する方法ではプラスできないのに、自分の意向を加味しないで機械的に購入する方がプラスになるのですから、精神的には非常にストレスが溜まってしまうのです。

どれだけ懸命に勉強しても競馬は難しいものなのか?と疑問が残るばかりでしたが、休み明けで40キロ増の馬が連対したり、20キロ減の馬が連対したりと例外的な事が起こるものなので、逆に自分の中途半端な知識よりもパソコンで計算されたデータの方が優れているのだと、気が付いてしまうのです。

 

先輩たちがそんな苦しみの中からこの方法を見つけたという事ですが、その結果と自分自身の競馬法とのギャップには悩まされましたし、最初は16人もいた塾生が最終的には9人に減ったという現実も含めて、葛藤はずい分ありました。

結局、残った9人は普段みんな友達ですし、同じ目標がある事から仲間意識も強く、勉強会でも1番の問題テーマは「如何に自分の意思を殺すか?」、「如何にデータを信じれるか?」と議論を交わしました。

 

そうして議論を交わすことでお互いの欠点が自我にある事に気づくのですが、こんな議論の機会がなければきっと「ギャンブル依存症」の泥沼にハマっていたと思っています。

本当に不思議なものですが、こんな簡単な事が分からないのですから困ったものです。

 

OB会のみなさんを見ていると、競馬をノンビリと目一杯楽しんでいることが良く分かります。

肩に力が入っていないのですから、レースを観戦するのも重賞レース位で平場のレースは、後でビデオ観戦ですから緊張感もないのです。

私も早くそんな風に競馬を見れるようになりたいと思っております。

 

今回、初めて記事を書きました「蒼介」(そうすけ)です。

みんなには「アオイ」と呼ばれていますので、よろしくお願いいたします。

15日にお墓参りに行ってきました!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 みんなもそうですが研究室は13・14日は競馬が開催中ですのでお墓参りは15・16日になりました。

私も家内と二人で日曜日の新幹線で広島に帰りいろいろ大変でしたが、無事にお墓参りをして孫たちにも会えて楽しい2日間を過ごしてきましたし、友人たちとも会ってきました。

 

土日は「メイン」も赤字、「Win5」もハズレでいいことなかったですが、「捨てる神あれば拾う神あり」で「勝ち逃げ」が大きなプラスになって驚いてしまいました。

コースによってはプラスが1,000万越えという事で本当に驚いています。

最終レースでの的中でしたのでもう半分諦めて新横浜に向かったのですが、新幹線の中で的中のメールを貰いうれしくてついニコニコしながらの帰郷となりました。

小倉も新潟も最終レースでの的中、5年に一度あるかないかのラッキーデイとなって本当にうれしい誤算でした。

 

帰ってきたばかりですが、さすがに疲れてしまいましたが、これから「弘法の里湯」でひと汗流して、ゆっくり休みたいと思います。

研究室は18日までお休みですので、その間に「道大」さんや「創」さんと3人で今後の募集について話し合いをじっくりとする予定ですし、「海外レースの馬券発売について」もいろいろとデータの収集をしないといけません。

 

もう秋競馬の準備に入りますしこれからが夏競馬のクライマックス、老骨に鞭打って頑張っていこうと思います。

「勝ち逃げ会員」と「Pランク会員」は「勝ち逃げ研究室」で募集していますので、今週終わりましたらお知らせがあると思いますので、もうしばらくお待ちください。

 

大井競馬で行われた「ジャパンダートダービー」!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 お天気がすぐれないジメジメした状態だったので大井行きは中止、急遽TV観戦となった「ジャパンダートダービー」は、みんなで研究室に集まってわいわいがやがやと盛り上がりました。

 

結果は4番人気の「キョウエイギア」が1着、逃げた3番人気の「ケイティブレイブ」が2着、1番人気の「ゴールドドリーム」が3着と中央勢が独占、2番人気の「ストロングバローズ」は7着でしたが、馬複・馬単・3連複・3連単が的中する結果となってプラスで終了です。

 

優勝馬「キョウエイギア」は、これまで10戦して掲示板を外したことのない優秀な成績を残しており、4馬身差の圧勝でした。

これからも楽しみな馬で今後にも期待できそうです。

 

 最近は地方の重賞レースも、中央のレースもTV観戦が多くなりましたが、この年になると暑さに弱く現地観戦ができないので残念です。

でもTV観戦だとみんなでのんびりと競馬ができますし、冷静に勝負ができるのでいい部分もあるのですが、現地競馬のあの熱気もまたいいものです。

 

競馬は夏競馬中で今年もTV観戦がほとんどなので出かけることが少ないのですが、温泉だけはちょくちょく出かけています。

先週も子供を連れて熱海に行ってまいりましたが、やっぱり夏はプールが一番、子供たちも楽しそうでした。

今年の夏は北海道にでも行こうかなと思っています。

データ分析と入れ替え作業が終了です!(中本)

JUGEMテーマ:競馬

 みんなで頑張って丁度10日間ですべての作業が終了です。

データ分析と入れ替え作業は開催毎に少しづつやっていますが、年に3回は日数をかけてやらなくてはならないのです。

でも最近はJRA-NEXTなどの既成データも非常に大切で、連動させて使っています。

 

したがって最近は手作業でやることは少なくなったのですが、何しろ長大な資料があるためにいくつかの分野に分けて分析していたこともあって連動させることが非常に難しかったのです。

今回は年数を近10年に絞ってしまい、それ以前のデータは10年毎にまとめて整理してしまいましたので、これからは時間の短縮ができるようになりましたし、海外の主要レースのデータとレイティングデータが連動して使えるよう改良を加えました。

 

何しろ44年前の競馬のデータもあるくらいですから、その長大さがわかると思いますが、そんな昔のデータは近代競馬においては必要がないもので、ここ10年~15年のデータがあれば十分です。

これで「勝ち逃げ」も「メインレースの通常買い」と同じ様に今週末からできます。

 

 とても暑い日が続いていますので、夏バテになる馬もそろそろ出てくると思うのですが、今年は人のほうも悪い風邪が流行ったりでOB会でも競馬塾でも休みがとても多くなっています。

みなさんも体調には注意して下さい。

暑さ対策を十分にして競馬場に出かけてください。

 

私も今年は大学生になる孫と一緒に暮らしていますので、二人で箱根や富士五湖や丹沢湖などを車で回っているのですが、もうすぐ夏休みですので一緒に故郷に久しぶりに帰ろうと思っています。

3週間ほど涼しい北海道でのんびりと競馬を楽しみたいです。

 

秋には「凱旋門賞」の馬券も発売されますので、いろんな意味で楽しみにしておりますが、「通常買い」も本格的に勉強しないといけないと思っています。

「エイシンヒカリ」はタフな馬場で残念な結果でした!(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 「ロイヤルアスコット競馬場」で行われた「キングオブウェールズS」に出走した、「エイシンヒカリ」は非常に悪い馬場で6着と敗れました。

とても走りずらそうな競馬で馬場状態が本当に悪かったので、こんな馬場は日本ではなかなか経験できないのですが、いろいろな課題が残された競馬となりました。今後の日本馬の活躍に期待したです。

今日は「勝ち逃げ」の事について少し話をしたいと思います。
この開催に入ってから「勝ち逃げ」の成績はBOX買いによるものなのですが、前開催後半に「ボス」にBOX買いに限定するように言われて切り替えたのです。
私も「ナカ」さんも勝負を大事にするあまり、消極的になっていたのかもしれないのですが、安易に1位軸や2位軸を選んでいたのです。

BOX買いに切り替えて3週間で「中本式」も「ココモ式」も、見事にプラスゾーンに返り咲いたのですが、ここ3年間「ボス」が引退してからは「ナカ」さんと二人、凄く苦労してきた様に思うのです。
「中本式」は「ナカ」さんと「ボス」が、「ココモ式」は私と「ボス」でどちらも長い間に渡り、実験購入とシュミレーションを繰り返してシステムを構築しました。

さすがに今回はしびれたのか、二人とも呼び出されて叱られたのですが、一番的中の少ないBOX買いで思い切った策を講じたのにはちゃんとした理由があったのです。
やっと私も「ナカ」さんもそれに気づきました。
本当にあさはかな事ですが、「馬連」と「馬単」の配当推移が逆転しただけではなく、人気が1番人気と2番人気に偏り始めたことも原因のようで、そんなに後ろで的中しなくてもそこそこのプラスが得られるのが、BOX買いなのです。

先日も美味しい珈琲をいただきながら、そんな話をしてきたのですが、これからもBOX買いを中心に行けるところまで行ってみたいと思っていますし、もう少しプラスを増やして安全圏まで引っ張りたいです。
積極的に勝負したいと思います。
荒れ模様のお正月競馬、とても面白かったです。(Kei)
JUGEMテーマ:競馬
 何となく今年は雨が少なくではなく、全く雨が降っていませんのでダートはパラパラの馬場状態でほどほどに荒れてくれて、楽しい競馬が続いています。
芝のレースもスローペースが多く前残りのレースが多く、ほどほどに荒れていますので結構楽しんでいます。

 こんな時はユックリと勝負をしていくことが大切なのですが、残念ながら「中本式」でマイナスが出ました。
しかし、メインレースではそれを補ってくれるほどの大きなプラスが出たりで、大いに盛り上がりました。

4日目は珍しく「OB会」全員が「Room365」に集合し、みんなでわいわいとお酒を飲みながらテレビ観戦しました。
「フェアリーS」は的中できませんでしたが、「大和S」は私も絞って「吾郎」さんと同じように購入、大幅プラスでメイン4日間の集計は30,538P(305万)のプラスと大きなプラスになりました。

今年から軸候補の2頭にコメントを載せること、予備馬の提供はしない事などをお願いして、情報を伝えるシステムに変更しました。
これによって軸決定も、相手を絞るのも本当に楽になりました。

自分たちの方法もみなさんの方法も、そんなに違いはないものですので是非「メイン情報」にも注目して欲しいと思います。
私も通常買いについてはいろいろと研究はしてきたのですが、「吾郎」さんは25年近くも馬券購入を禁じられた事で、私たちとは違う部分(馬を診る)に注目して現行のシステムを築いてきたのです。
もちろんそれが「Pランク」選出の6頭で構成されていることで、私との研究が生きてきた結果なのですが、その着目点には驚かされたものです。

みなさんは難しいと思っているでしょうが、たったの6頭だけですし、軸の選び方もコメントがあるので絞りやすくなった筈です。
ぜひ、「メインレース情報」活用してみて下さい。 
金杯で乾杯は富士山詣でのおかげで「OB会」全員クリア(Kei)
JUGEMテーマ:競馬
 私は3日から4日に河口湖近くのホテルに1泊して、富士山詣でに行きましたが、みんなも2日からバラバラに日帰りや1泊で富士山詣でに行ったようです。
残念ながら誰とも会わなかったのですが、静岡県側の御殿場や、山梨県側の山中湖や河口湖など広範囲に渡って移動しますので、旅先でバッタリということも無いようです。

その甲斐あって「中山金杯」は全員的中、放馬で1頭が除外になるアクシデントはありましたが、結構大きなプラスになりレース終了後にみんなで居酒屋で合流、乾杯しました。
残念ながら「京都金杯」はハズレましたが、難しかった「金杯」で大幅プラスはうれしいものです。

 「勝ち逃げ」は「ココモ式馬単」だけでしたが、最初の的中が万馬券というおまけが付いて、こちらもうれしい出来事でした。
今年は徐々にスタートをしていきます。

昨年はずいぶんと雨が多い年でスピード競馬がとても少ない年でしたが、今年の「金杯」も中山はスローペースで、昨年の流れそのままでした。
でもこれから良いお天気が続けば、きっとスピード感あふれるレースが楽しめると期待しています。

今年はパソコン事業部の仕事がないので、お正月はとても静かにのんびりと過ごせましたし、昨年暮れからイルミネーションを見に子供たちや孫たちと、あちこち出かけました。
河口湖はホテルもバスも外国からの旅行者が一杯で、まるで外国にいるような気分でしたが、とても印象に残った小旅行となりました。  
新ヒーロー誕生「有馬記念」おめでとう吉田隼人騎手!(Kei)
JUGEMテーマ:競馬
 「ゴールドアクター」のG1初制覇、「吉田隼人騎手」のG1初制覇、「中川厩舎」のG1初制覇と初制覇が並びましたが、本当におめでとうと心から言いたいです。

あの「グラスワンダー」から「スクリーンヒーロー」と続いた父系は、今年マイル路線でG1を3連勝の「モーリス」と、1000万から4連勝で「有馬記念」を勝ったこの「ゴールドアクター」を出したことになりますが、まだ11歳と若いだけにこれからの産駒には注意が必要です。
でもこの馬は来年も楽しみです。

「ゴールドシップ」にとっては非常に厳しい流れとなって、追い込み馬には不利な展開になってしまい、可哀想でしたが見せ場は作ってくれましたので結果としては納得しています。

 さて今年は雨が多く馬場状態がパンとした日が少なかったので、レースの流れも緩いレースが多くて、ストレスが溜まることが多かったです。
来年は海外の主要レースの馬券も、日本で購入できるようになりますし、楽しみがまた増えてしまいますが、それなりにデータも集めないといけないです。

「勝ち逃げ」は少数精鋭にして、海外競馬の事もありますので、休みを取りながらゆっくり勝負してゆきたいと思っています。
変更点については、「ココモ式」は「馬単」と「3連単」だけ、「中本式」も「馬単」と「3連複と3連単の選択制」と東西で4コース削っての提供となります。

「メインレース」は予備馬の提供をしないで、「Pランク」の6頭だけで勝負するように変更します。

 研究室は来年度から、少しづつ業務を若い世代に引き継いでいきます。
私ももう64歳になりますので、ノンビリとしたいですし残している研究も本腰を入れて、若い世代に残していきたいと思います。 
3/4馬身差でG1完全制覇はお預けに!惜しい!悔しい(創)
JUGEMテーマ:競馬
 武豊騎手のG1完全制覇を期待したのですが、本当に残念です。
パドックでテンションが高かった「エアスピネル」は、ちょっと早めに先頭に立って残り50mで交わされて惜しい2着でした。

そして1着になったのが「シーザリオ」の息子「リオンディーズ」、まさか10年前の「オークス」の1着(シーザリオ)と2着(エアメサイア)の息子たちが、10年後のG1で激突しそれぞれの母と同じ着順になるというドラマにも驚きを感じました。
競馬での位置取りもよく似ていて、まるで10年前の「オークス」の再現を見ているようでした。
誰かがシナリオを書いたんではないかと思うような結果に、競馬の面白さを再認識させられました。

幸いにもどちらから購入しても「馬単」だけは全員的中で、私は「エアスピネル」を軸に購入しましたが、パドックと返し馬を診た「吾郎」さんは「リオンディーズ」を軸にしたそうです。

 さて、「勝ち逃げ」は今週もマイナスでしたが、日曜日は急遽「3連単A」と「3連単B」の「ココモ式」での勝負、当日まで誰も知らなかったことでビックリしました。
まだ、諦めていない「ボス」の最後の勝負、いつもの事ですが土壇場でいつも暴れる、あの粘りは青森生まれだからなのでしょうか。
偶然にも配当幅広く取ったために、午前中ですべて終了したのですが来年はこれで勝負ということになっているようです。

データ的にもこれまでの競馬でズレが生じてきているのか、手直しが必要になったようですが、現在のベースが7年間も使われてきたことを考えると、ファクターベースの変更の時期が来ているのでしょう。来年も楽しみです。

 私の室長もあと1週間、引継ぎも90%は終わってますのであと少しだけ頑張ります。