「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
世界のクラシックレースに注目А文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンは日本ではもう終了ですが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げているこのコーナーも7回目となりました。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

05日18日「プリークネスS」D1,900m・米・「ウォーオブウィル」(1.54.34)

05月19日「優駿牝馬」芝2,400m・日本・「ラブズオンリーユー」(2.22.8)

05月25日「愛2000ギニー」・愛・芝2,000m・「フェニックスオブスペイン」(1.36.52)

05月26日「東京優駿」・日本・芝2,400m・「ロジャーバローズ」(2.22.6)

05月26日「愛1000ギニー」・愛・芝1,600m・「ハモサ」(1.35.07)

05月31日「オークス」・英・芝2,410m・「アナプルナ」(2.36.09)

06月01日「ダービー」・英・芝2,410m・「アンソニーヴァンダイク」(2.33.38)

06月02日「仏ダービー」・仏・芝2,100m・「ソットサス」(2.02.90)

06月08日「ベルモントS」・米・D2,400m・「サーウィンストン」(2.28.30)

06月16日「仏オークス」・仏・芝2,100m・「チャンネル」(2.08.70)

 

今回は「愛オークス」ですが、1着「ソブリン」・2着「アンソニーヴァンダイク」・3着「ノルウェー」とすべて「Galileo」産駒でいずれも「A.オブライエン」厩舎の所属馬、驚きの結果となりましたし「英ダービー」が6馬身差の2着でちょっとビックリでした。

 

06月29日「愛ダービー」・愛・芝2,400m・「ソブリン」(2.31.50)

 

◎これからの日程

07月20日「愛オークス」・愛

 

残りは「愛オークス」だけとなりましたが、秋までは素晴らしいレースが続きますのでこれからも目が離せないです。

特に「凱旋門賞」3連覇に向けて復帰戦となる「エクリプスS」(6日)のエネイブルには注目ですし、「シュヴァルグラン」が出走予定の「キングジョージ6世&クイーンエリザベスS」(27日)も楽しみです。

夏競馬の時期は各国の古馬戦線が楽しみです。

世界のクラシックレースに注目Α文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンは日本ではもう終了ですが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げているこのコーナーも6回目となりました。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

05日18日「プリークネスS」D1,900m・米・「ウォーオブウィル」(1.54.34)

05月19日「優駿牝馬」芝2,400m・日本・「ラブズオンリーユー」(2.22.8)

05月25日「愛2000ギニー」・愛・芝2,000m・「フェニックスオブスペイン」(1.36.52)

05月26日「東京優駿」・日本・芝2,400m・「ロジャーバローズ」(2.22.6)

05月26日「愛1000ギニー」・愛・芝1,600m・「ハモサ」(1.35.07)

05月31日「オークス」・英・芝2,410m・「アナプルナ」(2.36.09)

06月01日「ダービー」・英・芝2,410m・「アンソニーヴァンダイク」(2.33.38)

06月02日「仏ダービー」・仏・芝2,100m・「ソットサス」(2.02.90)

06月08日「ベルモントS」・米・D2,400m・「サーウィンストン」(2.28.30)

 

今回は仏「オークス」ですが、ナサニエル産駒の「チャンネル」が1着でした。

06月16日「仏オークス」・仏・芝2,100m・「チャンネル」(2.08.70)

 

◎これからの日程

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

残りは「愛ダービー」と「愛オークス」だけですが、秋までは素晴らしいレースが続きますのでこれからも目が離せないです。

ロイヤルアスコット2019に注目!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 2019年のロイヤルアスコットはいよいよ18日(現地時間)からスタート、研究員も何人かは現地に向かいました。

モーニングをレンタルしたり、ネクタイありのスーツが条件でチケットだって最低でも16,000円もするのですから、5日間のレース観戦で食事も入れたら45万円の出費は覚悟しておかないといけないですし、何から何まで桁違いなのがロイヤルアスコットなのです。

レースは1日6鞍でC2・LR・G3・G2・G1等を組み合わせていますが、とても優雅に競馬が楽しめます。

 

★18日

クイーンアンステークス(G1)芝直線1,600m・4歳以上

キングズスタンドステークス(G1)芝直線1,000m・3歳以上

セントジェームズパレスステークス(G1)芝1,603m・3歳牡馬

 

★19日

プリンスオブウェールズステークス(G1)芝2,004m・4歳以上・日本馬「ディアドラ」参加・馬券発売有り

 

★20日

英ゴールドカップ(G1)芝4,014m・4歳以上

 

★21日

コモンウェルスカップ(G1)芝直線1,207m・3歳

コロネーションステークス(G1)芝1,603m・3歳牝馬

 

★22日

ダイアモンドジュビリーステークス(G1)芝直線1,207m・4歳以上

 

一日だけでもいいから観戦してみたいものです。

世界のクラシックレースに注目ァ文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンもあと少しで終了しますが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げているこのコーナーも5回目となりました。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

05日18日「プリークネスS」D1,900m・米・「ウォーオブウィル」(1.54.34)

05月19日「優駿牝馬」芝2,400m・日本・「ラブズオンリーユー」(2.22.8)

05月25日「愛2000ギニー」・愛・芝2,000m・「フェニックスオブスペイン」(1.36.52)

05月26日「東京優駿」・日本・芝2,400m・「ロジャーバローズ」(2.22.6)

05月26日「愛1000ギニー」・愛・芝1,600m・「ハモサ」(1.35.07)

 

今回は英「オークス」と英「ダービー」、それに仏「ダービー」に米「ベルモントS」です。

順にトライアルを勝った「アナプルナ」が連勝、英「ダービー」もトライアルを勝った「アンソニーヴァンダイク」が連勝でしたし、仏「ダービー」もトライアル勝ちの「ソットサス」が連勝でした。

「ベルモントS」は伏兵の「サーウィンストン」が勝って、人気だった「タシトゥス」は2着、日本から参戦の「マスターフェンサー」も5着に大健闘でした。

 

05月31日「オークス」・英・芝2,410m・「アナプルナ」(2.36.09)

06月01日「ダービー」・英・芝2,410m・「アンソニーヴァンダイク」(2.33.38)

06月02日「仏ダービー」・仏・芝2,100m・「ソットサス」(2.02.90)

06月08日「ベルモントS」・米・D2,400m・「サーウィンストン」(2.28.30)

 

◎これからの日程

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

「英ダービー」も「仏ダービー」も義兄にお願いして購入し、米「ベルモントS」は日本で購入したのですが、いずれも綺麗にハズレです。

とても素晴らしいレースだったのに残念で悔しいですが、米・日・英・仏と4か国連続で「ダービー」がハズレましたので、最後の「愛ダービー」だけは的中させたいものです。

「ルーブル美術館」ストライキで臨時休館に戸惑う!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 24日から何年振りかの「パリ」ですが、26日は「ロンシャン競馬場」で「サンタラリ賞」芝2,000m優勝「シャラフィナ」と「イスパーン賞」芝1,850m優勝「ザビールプリンス」を、堪能して馬券もちょいプラスのラッキーでとても楽しかったです。

しかし27日は予定していた「ルーブル美術館」がストライキで臨時休館、美術館入り口で呆然とするばかり、その他の美術館は殆どが月曜日が休刊日なのです。

 

28日は「ドーヴィル」行きなのでもうスケジュール的に人生2度目の「ルーブル美術館」は、ストライキで不可能になってしまったのです。

5月に入って「裸のモナ・リザ」(シャンティイ・コンデ美術館)が、どうやらダビンチ自身が描いた可能性が高いことが分かったらしくぜひ「ルーブル」の「モナ・リザ」と見比べてみたいと思っての旅行だったに、本当に残念です。

 

フランスは世界でもストライキが多い国として有名なのですが、目的の最初のルーブルで躓いてしまいました。

今回は3週間の旅行期間ですが、絵画の好きな奥さんと競馬が目的の私でレンタカーを借りて、一緒に美術館と競馬場巡りをして北から南へ行く予定なのです。

なんとかスケジュールを見直してもう一度チャレンジしたいと思っております。

 

「ドーヴィル」から「カレー」に行きイギリスに渡って本場の「ダービー」(6月1日)を観戦しフランスに戻り、「仏ダービー」(6月2日)を観戦したらそこから13日まで南フランスを周遊して日本に帰るつもりです。

スケジュールしてもなかなか予定通りにはいかないのが海外旅行なのですが、電車の乗り間違えも何度もありますし、世の中上手くいかない事が多いものです。

  

 

でも時々こうして車で旅行するのもいいもので、時間を気にしないでぶらりぶらりと途中気に入った町や村で1泊するのもいいものです。

行ってみたい場所も沢山あるのですが、きっと到着できるのは半分くらいかなと思っています。(笑)

世界のクラシックレースに注目ぁ文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンも佳境に入ってきましたが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げているこのコーナーも4回目となりました。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

05日18日「プリークネスS」D1,900m・米・「ウォーオブウィル」(1.54.34)

05月19日「優駿牝馬」芝2,400m・日本・「ラブズオンリーユー」(2.22.8)

 

今回は愛「2000ギニー」と「1000ギニー」、それに「東京優駿」(日本ダービー)です。

順に4番人気の「フェニックスオブスペイン」が雪辱、「ハモサ」は英「1000ギニー」に続いて連勝で今後が楽しみ、12番人気の「ロジャーバローズ」が押し切りでレコードでの優勝でした。

 

05月25日「愛2000ギニー」・愛・芝2,000m・「フェニックスオブスペイン」(1.36.52)

05月26日「東京優駿」・日本・芝2,400m・「ロジャーバローズ」(2.22.6)

05月26日「愛1000ギニー」・愛・芝1,600m・「ハモサ」(1.35.07)

 

◎これからの日程

05月31日「オークス」・英

06月01日「ダービー」・英

06月02日「仏ダービー」・仏

06月08日「ベルモントS」・米

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

日本は春クラシック終了、海外はまだこれからも愛「オークス」まで続きますが、日本では「オークス」と「ダービー」がレースレコードになってビックリですが、素晴らしいタイムが続出しています。

お天気の良い日が続いているのに、仕事が忙しくてちょっと外にも出れなくて大変ですが、今年の夏は7月か8月にはイギリスに行きたいと思っています。

そして10月5日と6日はどうしても「ロンシャン競馬場」に行きたいです。

世界のクラシックレースに注目(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンを迎え周りは賑やかになってきましたが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げています。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

 

今回は米の二冠目「プリークネスS」と日本の「優駿牝馬」(オークス)です。

「プリークネスS」は「ケンタッキーダービー」で不利を受けて7着だった「ウォーオブウィル」が巻き返して勝ちましたし、「優駿牝馬」は優秀な時計で「ラブズオンリーユー」が無敗で優勝しました。

「ケンタッキーダービー」の降着問題はとうとう法廷闘争にまで発展しております。

 

05日18日「プリークネスS」D1,900m・米・「ウォーオブウィル」(1.54.34)

05月19日「優駿牝馬」芝2,400m・日本・「ラブズオンリーユー」(2.22.8)

 

 

◎これからの日程

05月25日「愛2000ギニー」・愛

05月26日「東京優駿」・日本

05月26日「愛1000ギニー」・愛

05月31日「オークス」・英

06月01日「ダービー」・英

06月02日「仏ダービー」・仏

06月08日「ベルモントS」・米

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

今週末はいよいよ「東京優駿」(ダービー)ですし、愛の「2000ギニー」と「1000ギニー」にも注目ですが、日本馬の動向も活発化しており、米三冠の最後「ベルモントS」(ベルモントパークD2,400m)に「マスターフェンサー」、6月19日の英G1「プリンスオブウィルS」(アスコット芝1,990m)に「ディアドラ」が出走予定です。

世界のクラシックレースに注目◆文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンを迎え周りは賑やかになってきましたが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げています。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

 

今回は仏の「2000ギニー」(プール・デッセ・デ・プーラン Poule d'Essai des Poulains)と「1000ギニー」(プール・デッセ・デ・プーリッシュ(Poule d'Essai des Pouliches)です。

残念ながら動画が入手できなかったので残念ですが、最近は重要なレースでは無くなっていたので注目度が少ないのですが、フランスの牡馬と牝馬のクラシックレースなのです。

 

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

 

◎これからの日程

05日18日「プリークネスS」・米

05月19日「優駿牝馬」・日本

05月25日「愛2000ギニー」・愛

05月26日「東京優駿」・日本

05月26日「愛1000ギニー」・愛

05月31日「オークス」・英

06月01日「ダービー」・英

06月02日「仏ダービー」・仏

06月08日「ベルモントS」・米

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

来週はいよいよ米二冠目の「プリークネスS」と日本の牝馬二冠目の「優駿牝馬」(オークス)、楽しみは暑さと共にやってくる訳ですが、今年は梅雨入りも早そうで嫌な季節がやってきそうです。

世界のクラシックレースに注目 文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンを迎え周りは賑やかになってきましたが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げておきます。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

 

◎これからの日程

05月12日「仏2000ギニー」・仏

05月12日「仏1000ギニー」・仏

05日18日「プリークネスS」・米

05月19日「優駿牝馬」・日本

05月25日「愛2000ギニー」・愛

05月26日「東京優駿」・日本

05月26日「愛1000ギニー」・愛

05月31日「オークス」・英

06月01日「ダービー」・英

 

 

 

06月02日「仏ダービー」・仏

06月08日「ベルモントS」・米

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

「ケンタッキーダービー」は驚きの1着入選馬の史上初の降着で大荒れになりましたし、日本産馬としては初めての挑戦となった「マスターフェンサー」は、ゲートから飛び出したと思ったら左右に大きくよれて最後方からのレースとなりましたが、ゴールでは6着と健闘したようにこの次が楽しみな結果にも驚いております。

更におまけがついて繰り上がりで優勝した「カントリーハウス」は風邪でダウン、早々と「プリークネスS」回避を発表して今年の米競馬はアクシデントが続いています。

 

日程が取れるなら一つでも多くのレースを観戦に行きたいと思っていますが、日本のダービーが終わってから英の「オークス」から仏の「ダービー」までが候補となっています。

「アーモンドアイ」は凱旋門賞挑戦白紙!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 「アーモンドアイ」は、この秋の「凱旋門賞」への登録を見合わせたとのニュースが飛び込んできました。

私も残念に思った一人なのですが、国内や近場の香港のレースを目標にするという事も大事な事かもと思っています。

牝馬だけに長距離輸送によるリスクや欧州の重い馬場を考えると、慎重にならざる得ないというのも一つの選択技だと納得できるからです。

 

やはりこれまでの「凱旋門賞」へ挑戦した馬で、帰国後活躍した馬もいますが、結果を残せないで低迷した馬もいますし、体調を崩したり故障したりの馬もおりましたので、無理をさせらないという事も含め国内に専念という選択をしたという事です。

特に「アーモンドアイ」の場合は共同馬主制度のクラブ馬なので、国内でという声も多いのではないでしょうか?

それに無理な使い方を避けているようなので、やはり体調面での不安材料も考えられますし、大事を取ったという事だと理解できます。

 

 アメリカで繁殖生活をしていた「ヒシアマゾン」が28歳で老衰のために亡くなりましたが、G1レース2勝(阪神3歳牝馬S・エリザベス女王杯)2着2回(有馬記念・ジャパンC)と牝馬ながらとても印象に残っている馬です。

特にナリタブライアンの2着に入った「有馬記念」とランドの2着に入った「ジャパンC」は思い出として、強烈に残っています。

色々な競馬シーンの中でもこの馬は牝馬でも、追い込み馬という脚質でしたので印象が強かったです。

 

この「エリザベス女王杯」も素晴らしく、レコードタイム決着となったゴール前のたたき合いは素晴らしいものでした。