「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
迷える子羊達の「コロガシ」が進行中です!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 慣れない「通常買いコロガシ」が進行中で、3コロで終わるか4コロにするかで迷い続けています。

 

★2月9日京都11R10・03・02・08・05・06B3-8-10/820/1,410/880/4,580「洛陽S」L別定

上位人気の4頭に絞り軸は3番、ヒモは10番・8番・5番でした。

ここは馬連3点5万118,900円+3連複3点5万177,760円で合計296,660円

 

★2月10日京都11R10・12・11・07・02・08C8-10-12/1,510/3,540/2,190/17,060「京都記念」G2別定

ここは近走成績の悪い2番と11番は消しにして、10番・12番・7番・8番の4頭ボックス購入にしました。

馬連10倍以下カット5点5万購入160,060円+3連複4点5万購入291,270円で合計451,330円

 

★2月10日東京11R04・05・01・06・07・03A1-4-6/330/800/390/2,170「共同通信杯」G3別定

3歳戦だけに上位の4頭に絞り軸4番、ヒモ5番・1番・6番で購入、投入資金は540,000円です。(残り207,990円)

馬連3点27万購入333,300円+3連複3点27万購入344,760円で合計678,060円になりました。

 

「Gグループ」も「Sグループ」も含め全グループが物足りなさを感じていますが、どうやら「Gグループ」は代替え競馬の今日は購入しないという事を決めたようですが、他の5グループは「クイーンC」を購入することにしたようです。

私は20万が68万になったのですから十分だと思うのですが、4コロまで伸びるか楽しみです。

 

★2月11日東京11R09・06・03・07・01・02B9-6-0/260/420/--------/--------「クイーンC」G3別定

ここも9番軸で、ヒモは6番・3番・7番の上位4頭に絞って購入しました。

馬連3点34万購入で608,660円+3連複3点は33万購入で外れとなって、6万ちょっとのマイナスでした。

 

4コロはさすがに難しいですが、それでも20万円が60万になったのですがそれなりに満足したようです。

「Gグループ」の3コロで終了も良かったです。

 

 

「今週のコロガシは3鞍にするか4鞍か?悩んでます」(一杯の珈琲)19-15(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 ちょっとした愉しみでもある「通常買いコロガシ」で悩んでいて、昨日の朝6時頃から8時までの「朝焼け逆さ富士」を観ながら2時間ほど考え込んでしまいました。

 

 

 

綺麗な富士山を眺めながら飲む珈琲は同じ味なのですが、珍しくも1月と2月に2回もコロガッた「通常買いコロガシ」はリステッド競走を組み入れたことで悩ましい状態なのです。

対象が2月9日は京都11R「洛陽S」L別定に東京11R「クイーンC」G3別定、2月10日が京都11R「京都記念」G2別定と東京11R「共同通信杯」G3別定の4鞍となってしまい、3鞍勝負にするか4鞍勝負にするか本当に悩ましい状態です。

 

「吾郎」さんに電話を入れると同じように悩んでおり、結論がでそうにないのです。

これまで今年は大きくプラスしていますので、3鞍なら重賞だけを勝負ですが、4鞍も魅力たっぷりですので行き当たりばったりの勝負でいいのかなと思っています。

 

リステッド競走のおかげでワクワクがたっぷりになりましたし、これからが本格的な勝負となりますので、すこしづつ考えていきたいと思っています。

みなさんも愉しんでください。

 

最後に今日は久しぶりの上野アメ横と秋葉原巡りで、愉しみ満載でワクワクしています。

新しいPCパーツに新しいオーディオなどを物色してみたいですので、ちょっと疲れてしまいそうです。

「重賞コロガシ」L競走対象でちょっとだけコロガル!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 今週からリステッド競走もお仲間に入れて「コロガシ」をしてみましたが、ちょっとだけ転がりましたので結果をお知らせしておきます。(赤字の部分は消し馬です)

 

2月2日◎京都10R01・04・06・02・05・03C1-6-4/1,320/2,140/1,200/7,070「エルフィンS」L別定

こうして馬連3点で219,120円+3連複3点で246,000円=465,120円なりました。

 

2月3日◎京都11R03・07・04・02・08・01A4-1-0/7,460/10,790/-------/-------「きさらぎ賞」G3別定

ここは馬連5万と3連複5万のボックスで馬連だけ的中、5万円購入の配当は43,2680円となりました。

465,120円+432,680円=897,800−207,800(掛け金+端数)=690,000円を最後の「東京新聞杯」に投入です。

 

2月3日◎東京11R02・05・10・01・15・06B2-6-1/1,840/2,840/4,300/18,190「東京新聞杯」G3別定

ここは2番の連対は固く馬連35万も3連複34万も軸を2番にして購入、馬連は2点が10倍以下で3点での購入2,018,480円に、3連複は10倍以下が1点で9点での購入1,040,600円で合計で3,059,080円のプラスになりました。

 

最後のレースはヒモが難しいので「ボス」と相談して軸から購入しましたが、消し馬を探していたら6番を消していたかもしれませんので運が良かっただけです。

プラスは少なかったですが、きちんと転がっていますので満足していますし、小さな転がりでもプラスは意外と大きいものです。

 

多くの購入グループは最後のレースで躓いています。

 

「重賞コロガシ」リステッド競走が加わり毎週勝負が可能!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 今週からリステッド競走を仲間に入れて挑戦をするようになったのですが、これなら「通常買いコロガシ」も毎週できそうです。

条件としては「重賞レース」が3鞍ある週なら、リステッド競走は対象としないようにしますが、中には4コロや5コロをやりたい方もいるとは思うのですが、できたら我慢して欲しいものです。

 

3コロ程度が一番損が少なくて、これまでなら1回でもコロがれば年間プラスになっていたのですから、それで十分です。

欲をだし過ぎると墓穴を掘ることになりかねないので、状況を見極めながら勝負をしてみてください。

 

さて今回は10万円を5万円(50%):5万円(50%)に分けて馬連と3連複を購入しました。

◎京都10R01・04・06・02・05・03C1-6-4/1,320/2,140/1,200/7,070「エルフィンS」L別定

リステッド競走の3歳戦ですから上位人気の4頭を選んで、休み明けの2頭には遠慮してもらいBOX購入、馬連は6点で10倍以下は

カットとなりますので残り3点に5万円を振り分けます。

馬単ですと12点で最高8万円の払い戻ししか得られませんし、この場合は12倍以下をカットしますが11点も残りますので9万円の払い戻しですので、馬連の方が有利なのです。

 

続いて3連複(10倍以下カット)にするか3連単(50倍以下カット)にするかは、やはり配当をの計算を先にしてどちらにするかを決めます。

3連複は全体で4点ですが1点が10倍以下で3点での購入になり最高配当が246,000円以上に、3連単は24点で50倍以下が6点ありますので18点での購入となり配当の最高が241,000円になり3連複が有利なのです。

 

こうして馬連3点で219,120円+3連複3点で246,000円=465,120円なりました。

この後は元本を差し引いて365,120円で次のレースを購入するか、10万円で購入するかは皆さんにお任せしますが、随分と配当の違いはあっても愉しさには違わないものです。

 

私たちは2鞍の的中で次に進みますが、元本は残しますので成立しなくても大きなマイナスにはならないものです。

もちろん1万円からでも始められますので、「Pランク」を参考に頑張ってみてください。明日が楽しみです。

1月のリステッド競走の成績(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日の続きですが「リステッド競走」が「重賞コロガシ」の対象になるとして考えると、どうしても成績が気になる部分ですので1月の「リステッド競走」の成績を出してみましょう。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/レース名

◎1月06日中山10R06・01・10・07・05・04C10-0-6「ジュニアC」別定

◎1月13日中山11R03・12・07・09・06・04B7-12-0/1,680/3,540/-------/-------「ニューイヤーS」別定

◎1月14日京都10R05・02・04・12・07・10B10-5-12/2,240/6,250/4,290/37,610「紅梅S」別定

◎1月14日京都11R04・02・08・10・01・06C10-4-0/1,540/3,550/-----/----「淀短距離S」別定

◎1月19日京都10R08・07・04・06・02・01A7-8-0/260/590/--------/-------「若駒S」別定

◎1月19日京都11R03・08・02・15・06・10C8-2-0/900/1,630/-------/-------「すばるS」別定

◎1月26日東京10R06・07・01・04・09・02D7-6-4/780/1,550/1,180/5,450「クロッカスS」別定

◎1月26日東京11R06・03・01・09・07・02B2-6-1/2,640/7,320/3,220/29,950「白富士S」別定

 

8戦7勝で3着まで的中も3鞍となかなかいい成績ですので十分コロガシ対象になりそうですし、Gグループ内でも話題性が高くこれからいろいろと勉強して研究を重ねて行こうと思っていますが、これなら期待できそうです。

まあ別定戦ばかりなので的中しやすかったこともあります。

 

確かに手応えがあった訳ですから考えてみたいですし、チャンスというより勝負機会が増えるのでそれなりに十分な研究が必要になりますので、できたらみなさんのご意見も欲しいものです。

 

玉砕した「重賞コロガシ」まだまだ研究の余地あり!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬を何年もやってると、その都度中央競馬会のシステムが変化してくるのですが、馬単が発売されるようになってさらに3連複、3連単、Win5とこの15年間の間に「ギャンブル性」が強くなったのです。

実は馬単は以前も発売されていたのですが昭和44年に発売が中止になったのですが、平成14年からまた発売されるようになりました。

 

この頃はやはり2着までの的中でしたので普通に購入すると投資額の2倍から5倍がせいぜいで、大きく勝つためには多くの資金が必要でした。

しかし、平成14年から発売された「3連複」によって投資額が小さくてもプラスは大きく勝てるようになりました。

 

私たち(私とボス)の購入もそれに合わせて少しづつ変化してきたのですが、私は馬を診ることに集中してボスは「勝ち逃げ」以外の購入法に力を注いできました。

「特別レースの通常買い(準オープン以上のレース)」・「メインレースの通常買い(準オープン以上のレース)」・「グレードレース(重賞レース)の通常買い」・「重賞レースのコロガシ」といろいろな購入法が考えられ実行されてきました。

 

競馬の面白さは十分に知り尽くしているつもりですが、まだまだ中央競馬の改革は続いておりますので、今年は「リステッド格付け」されたレースを「リステッド競走」として、準重賞レースとして扱われるようになりました。

それに合わせてこの「リステッド競走」を「重賞レースのコロガシ」に組み込んでみようと研究がスタート、2つのグループで8人が研究をスタートさせています。

 

「重賞レースのコロガシ」は12〜14日の3日間開催で久々に成功しましたが、20万が734万になるのですからそのパワーは計り知れないです。

「ギャンブル」という観点から見ると「勝ち逃げ」と違って、面白さは十分すぎるくらいですが、私たちの基本は「勝ち逃げ」なのです。

「勝ち逃げ」という安定した収入源があるからこそ、他の勝負ができる訳で「勝ち逃げ」抜きでは研究も続けられなかったと思っています。

 

「リステッド競走」はこれからの「コロガシ」の重要なポイントレースとして、台頭するものと信じてこれからも研究を続けたいと思っています。

「吾郎」もこれから露出する機会が増えるかもしれませんが、年のせいでいろいろと物忘れがひどく引きこもり状態で、時々朝の珈琲を思い出しては早朝に「ボス宅」へお邪魔しています。

 

今朝7時(朝焼け富士山)と8時前後(逆さ富士)の富士山です。とても奇麗です。

 

 

 

画面に映し出された「富士山」を眺めながら、のほほんとススル珈琲は素晴らしいひと時となっています。止められないで〜す!

今年は欧州主要競馬完全制覇をしたいで〜す!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 久々にお正月を海外で迎えた私達は、めでたく22日に帰ってまいりました。

海外といってもカミさんの実家が海外にあるからなので里帰りなのですが、これがフランスですから帰ってから時差ボケで大変ですし、子供達も昼寝ていて夜起きている状態です。

 

今年は欧州の主要競馬を巡ってみようと思っていますし、仕事も増えそうですのでちょっと難しさはあるのですが、頑張ってみようかなと思っています。

やっと日本サイドの会社もスタッフが3人になって、徐々に私の時間は欧州の市場開拓に向いていますのでチャンス増大だと考えています。

この3年間しっかりと勉強してやってきましたが、言葉の壁もあって本当に大変でした。

 

もちろん日本の競馬はリアルタイムで見れるようにしていますので、時差の問題はありますがそちらは何とかなります。

「勝ち逃げ」は「シゲ」さん達にお願いして、おんぶに抱っこ状態でやって貰っていますので助かっていますし、年間6本の「カルヴァドス」が料金です。

 

 私の競馬はもう「勝ち逃げ一筋」で、今年は日本での生活より海外が長くなりそうなので「Win5」も「通常買い」もやらない事にしています。

2年もあれば海外拠点も軌道に乗ると思いますので、それまでは我慢です。

 

欧州の主要競馬場もすべて回ってみたいと思っているのですが、なかなか実現できてなくてもう5年も経ってしまったのです。

それでも何とかフランスはドーヴィル・シャンティイ・ロンシャン・サンクルーの4か所、イギリスはアスコット・エプソム・ニューマーケット・ヨークの4か所は行けました。

競馬ももう年間プラスは確保できるようになって仕事も順調で生活も楽になってきましたので、ゆっくりと競馬も楽しめています。

 

いろいろな競馬の方法があっても上手にできなければ、いつも同じ問題から抜け出せないのも事実ですので、違った意味で自分で嫌いな方法にもチャレンジする勇気が必要だと思っています。

間違った方向を向いたままなのはストレスになりますし、結構大変なものですのでもう少し冷静に自分に合った方法を見つけ出すことから始めてみてください。

今年2度目の「通常買いで勝負」の結果は?(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「フェアリーS」+「日経新春杯」と上手に資金作りが出来て、14日朝の時点では掛け金を差し引いて88万の資金、さてどんな結果になったのか、みなさんも気になるところでしょうから結果をお知らせします。

私と「吾郎」さん(Gグループ)は4頭に絞りましたが、「シゲ」さん(Sグループ)は5頭にに絞りました。

さらに今回は馬連+3連複ではなく今回は馬単+3連複で購入です。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬単/3連複/3連単

14日◎中山11R09・05・07・12・06・02C7-5-2/1,690/5,490/22,140「京成杯」G3

Gグループ⇒(消し馬6番・12番)前走「東スポ杯2歳S」の2頭は低レベルで参考にならないという理由で消しにしました。

馬単Box12点44万振り分け購入・配当949,780円+3連複Box3点44万振り分け購入・配当6,395,850円=+7,345,630円

(馬連と馬単と3連複は10倍未満カット・3連単は50倍未満カットで購入してます)

 

Sグループ⇒(消し馬6番)やはり「東スポ杯2歳S」の2桁着順と18キロプラスで消し馬にしました。

馬単Box20点44万振り分け購入・配当562,770円+3連複Box8点44万振り分け購入・配当1,784,250円=+2,347,020円

 

4頭残しと5頭残しではこんなにプラスが違うのですが、決して勿体ないと思わないで下さい。

Gグループは勝負を挑んだだけ、Sグループは確実性を重んじた結果なのですし、私達はGグループはほぼ1年ぶりのコロガシ成功ですが、Sグループは昨年だけでも2回の成功をしています。

 

みなさんも私達ももう少し研究の余地があるのですが、今年からリステッド競走が設置されましたのでG3とオープンの間に存在するややこしい区分けなのですが、降級制度が廃止になっただけに重賞レースと同じ扱いが出来るかもと考えております。

リステッド競走を対象にすればチャンスは多くなるのですが、もう少し研究してみたいですし数値的にも、これまでの様な形で十分なのかもしれません。ご期待ください!

今年2度目の「通常買いで勝負」は???(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 先週は初日の「中山金杯」で躓いて勝負は終わってしまいましたが、今週は「フェアリーS」+「日経新春杯」と上手に資金作りが出来ています。

 

◎レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/3連複/3連単

12日◎中山11R11・01・03・13・08・16B1-8-13/2,890/9,490/54,740「フェアリーS」G3

(消し3番・16番)ここは休み明けの2頭を消しにしました。

馬連Box6点5万円振り分け購入・配当158,980円+3連複Box4点5万円振り分け購入・配当483,990円=+542,970円

(購入資金はマイナスしてありますが、3連複(47万)と3連単(44万)は計算上で配当の多い方を選ぶことにしています)

 

13日◎京都11R02・16・12・04・05・10C2-10-5/1,320/2,640/10,530「日経新春杯」G2

(消し12番・4番)ここは「菊花賞」で2桁着順の2頭を消しました。

馬連Box5点5万円振り分け購入・配当151,800円+3連複Box4点5万円振り分け購入・配当285,120円=+336,920円

(購入資金はマイナスしてありますが、3連複(23万)と3連単(28万)は計算上で配当の多い方を選ぶことにしています)

ここでの馬連4頭Boxは6点ですが10倍以下が1点ありましたので5点にしてありますし、3連複も10倍未満、3連単は50倍未満はカットして購入しています。

 

このようにほぼ88万円の購入資金ができた訳ですが、京成杯をはずしてもマイナス110円ですし、もしかしたらはいけない考えでも800万に化ける事だってあるのです。

今日の「京成杯」は今年初のリーチなのですが、こんなチャンスは1年に4回から6回はあるものですし、最後まで成立するのは2年に1回ぐらいはあるものです。

みなさんもチャレンジしてみて下さい。

今年の研究室イベントレース特集!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今年は1月6日の金杯からスタートしましたが、毎年この両金杯が私達の始まりです。

この金杯の日はみんなで乾杯するのが決まりですので、競馬が終わってからOB会も参加で乾杯します。

 

●中山11R06・01・09・07・17・05(G3中山金杯)

結果⇒馬単1,100円

●京都11R07・02・13・09・12・11(G3京都金杯)

結果⇒馬単3,610円・3連複1,720円・3連単11,480円

このように2戦2勝で1鞍3着まで的中とプラスでスタートできましたが、通常買いの難しさもあって全員的中はいつも不可能です。

 

次のイベントは5月27日の「東京優駿」(ダービー)当日ですが、この日はBOX買いした人だけが的中できました。

福永騎手がダービー制覇をした嬉しい一日となりました。

●東京10R01・08・05・17・12・15(G1ダービー)

結果⇔馬単15,520円

 

3回目のイベントは6月3日の「安田記念」で、2週続けて集まるのが恒例になっていて的中者はゼロでしたが、みんなで残念会をしました。

Frankalの強さを思い知らされたレースでした。

●東京10R01・15・05・11・14・04(G1安田記念)

結果⇔ハズレ

 

4回目のイベントは10月28日の「天皇賞・秋」当日で、この日はみんなで大騒ぎとなって乾杯はちょっとここでは書けない場所でした。

随分と購入していた研究員もいて大変な騒ぎとなりました。

●東京11R05・04・06・09・07・10B(G1天皇賞秋)

結果⇔馬単2,370円・3連複6,420円・3連単24,230円

 

5回目のイベントは11月25日で、あの「ジャパンC」の日なのですが、この日は何故か全員的中となって盛り上がりは今年最高でした。

珍しいのですよ、全員が的中というのは。

●東京11R01・11・03・08・09・12A「ジャパンC」G1定量

結果⇔馬単700円・3連複960円・3連単2,690円

 

そして6回目のイベントが「有馬記念」なのです。

こうしてみるとなかなか優秀なのですが、実は通常買いでプラスをしているのはOB会6人で3人、研究室は14人いて3人ですから本当に難しいものです。

 

私もプラス側なのですが、もし「有馬記念」を外してしまうとマイナスゾーンに転落かもしれないのです。

結局はその年の通常買いのプラスの殆どを「有馬記念」に投入しますので、私達の間では「アリャマ記念」として親しまれているのです。(笑)

 

みなさんもご存じだと思うのですが「競馬手帳」に細かく収支を記入していて、最後の「東京大賞典」が終わると年明けにみんなでその手帳を燃やしてしまうのが私達の慣わしです。

「ボス」や「シゲ」さんにいろいろと教えて貰ったことで、普通ならつまらない事なのですが、今では大切な行事なのだという事が分かったものが沢山あって、このイベントの開催も手帳を燃やすのも大切な事だという事が今では理解できるようになりました。

 

もうあと2日間で今年のイベントも終了なので、「競馬手帳」に「アリャマ記念」と記載されない様に頑張りたいです。