「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
通常買いでは冷静さが不可欠です!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 OB会や研究室のみんなが色々と書いてくれるので、ブログがとても面白いのですが、読者のみなさんはどのように感じているのか少し気になります。(良かったらメールでご意見を聞かせて下さい!⇒info@megajp.com)

私達の研究はこれからも終わる事がないのですが、誰かが継いで研究室が残ってくれることを願っています。

 

 今日は海外の競馬についての「Pランク」についてです。

レース日/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

◎10月07日10・19・05・13・14・07A10-19-0/590/750/------/-----「凱旋門賞」仏G1

◎10月20日14・18・02・13・06・01D1-13-2/6,750/11,800/13,190/80,160「コーフィールドC」G1

 

 

 

どちらのレースにも日本馬が出走しておりますが、私達の考えや思いは一切関係なく、「Pランク」は馬の能力だけで提供されていることが捉えることが出来ると思います。

実際には日本競馬のここ10年を振り返ると、色々な意味で競馬が熟成したことがタイム換算からしても、馬場状態からも分かると思います。

 

もちろん日本競馬よりも20年も30年前に熟成した欧州や豪州や北米は、最も進歩の度合いが緩やかでもまだまだ日本よりは奥行きがありますし、ダート競馬においては日本はもう少し時間が必要な状態です。

馬産地も努力はしているのですが、徐々に馬場の改良などが進んできておりすべてが順調に追いついている訳ではないのです。

 

それでも「サンデーサイレンス」から「ディープインパクト」や「ハーツクライ」、「キングカメハメハ」から「ルーラーシップ」や「ロードカナロア」、「ハービンジャー」等も含めて日本競馬の棚上げが加速していますのでこれからが本番です。

したがって私達はこれからの5年先、10年先を見ていますので、日本馬が出ているからといって「Pランク」に手心を加えることなく、冷静に機械的にランクを決めています。

 

もちろん心の中では日本馬を応援はしていますが、情報提供をしている以上は「的中させる!」という強い意志が必要な訳です。

「コーフィールドC」は軸馬候補のレース支配率がD(凄く難しい)でしたので、18番消しの5頭BOX買いで私も的中できましたし大幅プラスになりました。

日本馬は13着と14着と惨敗ですが、勝馬達の近くで競馬をしていましたのでこれが今の実力なのだと思います。

 

いつも偉そうにと思う方もおられると思いますが、私も長い間競馬では苦汁を舐めてきたのですから、言えることなのでどうかお許し下さい。

私達は純粋に競馬が好きでこんな研究をしていますが、予想会社ではありませんのでどうかみなさんも「Pらんく」を利用してみて下さい。

通常買いでハンデ戦はどう扱うか!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 10月20日と21日のレースを検証してみましょう。

通常買いで一番大切なのは「レースを選ぶ事」なのですが、その順位について取り上げます。

 

重要度1位⇒情報が多いので特別又はメインレースを選ぶ。

重要度2位⇒ハンデ戦より定量戦や馬齢戦・別定戦を選ぶ。

重要度3位⇒準オープンクラス以上のメインレースに限る。

 

◎10月20日の対象レ―ス(6戦4勝)

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

東京09R09・01・03・08・06・05A2-0-3「アイビーS」(芝・別定)

京都10R06・07・09・03・01・05B1-6-4/6-5-3/710/1,000/1.040/2,800「トルマリンS」(芝・定量)

東京10R15・10・12・16・14・09A4-0-3「秋嶺S」(D・ハンデ)

京都11R05・13・16・07・12・10G6-2-5/10-13-12/2,530/5,300/7,120/38,050「室町S」(D・ハンデ)

東京11R08・06・13・18・14・11D1-6-5/8-11-14/1,110/1,880/2,620/9,650「富士S」G3(芝・別定)

豪州08R14・18・02・13・06・01D6-4-3/1-13-2/6,750/11,800/13,190/80,160「コーフィールドC」G1(芝)

 

◎10月21日の対象レース(5戦3勝)

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

東京10R07・02・04・05・01・03A1-2-6/7-2-3/240/370/580/1,320「甲斐路S」(芝・定量)

京都10R01・13・08・03・07・02C3-4-0/8-3-0/1,430/2,820/-------/-------「桂川S」(芝・定量)

新潟11R10・05・04・12・07・06C4-0-5「北陸S」(D・定量)

東京11R01・03・10・08・14・07D3-0-0「ブラジルC」(D・ハンデ)

京都11R03・09・05・04・14・12C6-2-0/12-9-7/2,380/6,010/-------/-------「菊花賞」(芝・馬齢)

 

ハンデ戦は3戦1勝となっていますが、やはり難しさはレースによるものですので、対象レースにするかどうかはみなさんで考えてみて下さい。

私はハンデ戦は出来るだけ購入しない様にしていますが、グレードレースのハンデ戦は購入しています。

10月21日は「Win5」が的中している様に、ハンデ戦の克服は必要なので常にデータ分析の対象としては大切なレースであると思っています。

 

さてみなさんも気付かれたと思いますが、「コーフィールドC」を的中することで、その他のレースが全部外れても大きなプラスが出る様に、国際レースの醍醐味は配当の良さにあります。

此処では私は絞ることが難しいので、18番「ヤングスター」を距離が長いと判断してこの1頭の牝馬を消し馬にして、残り5頭でBOX買いにしました。

同じ理由で「菊花賞」の5番も距離の対応が厳しいと思って消し馬にして購入しましたが、組み合わせで少しでも配当が良い馬連6:3連複4の比率で購入しました。

 

このように冷静に計算をして購入出来れば最高です!

今回は「コーフィールドC」のお陰で何とかプラスにできました。

通常買いで陥りやすいギャンブルの罠!(龍)

JUGEMテーマ:競馬

 今日はどうにもできない自分自身の心についてですが、これほどコントロールが難しいものはありません。

競馬の魅力とは何かと聞かれると「推理する事の面白さ」と答える人が多いものですが、私達も最初はそう思ってきました。

しかし実際にこの世界に飛び込むと、ファクターと不確定要素の狭間にある矛盾に的確に推理することを見失ってしまうので、勉強すれば勉強するほど迷路に嵌ってしまうのが普通なのです。

 

1番人気の馬が負けるケースでもその要因を的確に把握することは難しいし、人気のない馬が急に好走する理由も同じです。

理由を探すと見つからないのが普通で、順調にレースが流れれば人気馬の組み合わせになる筈ですが、それを邪魔するのが不確定要素なのです。

そしたらその不確定要素の代表的なものと言えば数々ある中でも、走行妨害が一番なのですが前をカットされたり、外へ弾かれたり、馬同士に挟まれたり、前の馬に乗り上げたりと被害馬と加害馬が逆転するケースあって、その事象だけで1秒もロスすることになれば6馬身もの差がついてしまいます。

 

このように不確定要素は予測が不可能なので、ないのが普通なのですが実際には多数起こっているものなのです。

それが「Pランク」4頭から5頭になり6頭になった要因なのですが、その順位の差は1位から6位までで0秒8差となっているのです。

 

 もう一つ通常買いではもっと難しい問題があります。

競馬をやっていると「好きな馬」が出来てしまう事で、これはもう永遠と解決できない問題となってしまいます。

私達の「ボス」は「キングカメハメハ」・「ディープインパクト」・「ウオッカ」・「ジェンテルドンナ」等の単勝馬券を100円だけ頼んだものですが、みなさんもお分かりの通り単勝は馬の名前が馬券に記載されています。

例え100円で購入しても1,000円で購入しても同じなので、とてもいい記念になりますし好きな馬はこうして思い出に残すのがボス流なのですが、面白いですよね。

したがって私達も通常買いでは「Pランク」を重視して購入してます。

 

どんなに競馬が好きでも負けっぱなしでは続けられなくなってしまうという現実と、自分の好きな馬から買わないと面白くないという狭間で悩んでしまうのも事実なのですから、厄介な問題である事は確かなのです。

どちらを選んでも個人の自由な訳ですからみなさんも悩んでみて下さい。

私達の生活は「勝ち逃げ」によって守られていますので、だからといって好きな馬がいない訳ではなく、研究室のメンバーも全員好きな馬がいますので殆どが少額購入(1鞍1,000円程度)で楽しんでいます。

 

 私達の競馬は年間450万円のプラスが必要でそれ以上欲しがらなければ、残りは仕事で頑張れば良いのですからという考えが徐々に生まれ、純粋に好きな馬を買う競馬を楽しめるのですが、実際にそれを実行できるには時間が必要だと思います。

これがキャンブルの罠に陥らない最良の方法だと思っています。

通常買いでの大切なポイント!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 「メインレースの通常買い」は前回「特別レースの通常買い」だと「吾郎」さん自身が書いてしまいましたので、補足をしておきますと私の場合も同じように考えているのですが、決して研究員全員が同じに考えている訳ではありません。

したがって研究員の中には「ハンデ戦」でもグレードレースなら購入する人もいるのです。

 

今日はそこにスポットを当ててみたいと思いますので、選んだのは9月の「重賞ハンデ戦」での検証です。

レース日/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単/「レース名」

●9/02新潟11R01・10・13・08・05・11B1-5-0/1-5-0/1,250/1,590/-------/--------「新潟記念G3」

●9/09中山11R04・05・06・01・09・02B3-4-2/6-1-5/3,010/4,680/3,420/20,860「京王杯AH G3」

●9/29阪神11R08・03・14・01・15・16C2-6-3/3-16-14/3,490/5,040/7,200/40,080「シリウスS G3」

 

2着までなら3戦3勝、3着までなら2勝と決して悪い成績ではないのですが、それぞれの考えがありますので良し悪しはみなさんの判断にお任せします。

続いて9月15日・16日・17日の3日間の準オープン以上の特別レースを取り上げます。

 

●9/15阪神09R03・02・01・06・05・04A2-1-3/2-3-1/170/560/130/840「野路菊S」

●9/15阪神11R10・06・01・07・05・09B1-0-0「オークランドRCT」

●9/15中山11R09・04・01・06・12・02B0-2-6「レインボーS」

●9/16阪神11R08・05・07・06・13・11C5-2-0/13-5-0/2,530/5,630/------/-------「ローズS」

●9/16中山11R04・05・06・01・09・02B3-4-2/6-1-5/3,010/4,680/3,420/20,860「ラジオ日本賞」

●9/17中山11R15・07・04・01・05・09A3-1-0/4-15-0/900/2,300/-------/-------「セントライト記念」

 

この3日間開催は非常に悪いながらも6戦4勝で、3着までが1勝含まれていますので買い方次第ではプラスになるのですが、難しいものです。

しかし、自分の成績が良い悪いは自己責任なのですがレースの選択は非常に難しいものなのです。

したがって、ハンデ戦を購入する購入しないはみなさんの考え方なので、強制的するものではなく好みの問題だと思っています。

 

こうして私達は馬の状態を見ることが不可能でも、的中させやすいレースを選ぶことで、少しでもプラスをするチャンスを得られる訳です。

「Pランク」は無限の可能性を含んでいますので、これからも上手に使って欲しいと思っています。

通常買いで注意すべき点に気をつけろ!(吾郎)

JUGEMテーマ:競馬

 今日から「吾郎」ちゃんの「通常買いするなら」のスタートです。みなさ〜ん読んで頂戴で〜す。

 

 私は最初から「勝ち逃げ」は本当に嫌いだったので、拘りぬいて「通常買い」に徹したのですが、敢え無く撃沈となってしまい再起不能になり故郷へ帰ることになったのは30年も前の事です。

それでも諦めきれず勉強をしながら「いつかきっと、また関東に戻る」と思い頑張りましたが、実現するまで25年もかかってしまったのです。

 

「ボス」と連絡を取りながら「通常買いするレース」を準オープンクラス以上にすることで、プラスが出来る日が多くなりラッキーなら年間でプラスすることが判明したのが10年前ですから、自分の馬鹿さ加減に呆れるくらいです。

それでも諦めなければ競馬は上手になるもので、「Pランク」を絞って購入できるようにはなりました。

今は教えを守って「勝ち逃げ」が生活の重要なベースとなっており、「メインレースの通常買い」は趣味だと思えるようになりました。

 

そんな訳で通常買いで一番大切なのは「レースを選ぶ事」なのですが、その順位について取り上げます。

 

重要度1位⇒情報が多いので特別又はメインレースを選ぶ。

重要度2位⇒ハンデ戦より定量戦や馬齢戦・別定戦を選ぶ。

重要度3位⇒準オープンクラス以上のメインレースに限る。

 

私が注意しているのはこの3点だけなのですが、13日と14日のレースを振り返ってみましょう。

●東京の対象レース

レース/ランク1位・2位・3位・4位・5位・6位/A~F/ランク順/馬単順/馬連/馬単/3連複/3連単

13日10R14・06・01・11・02・03D3-5-2/1-2-6/4,250/8,090/4,720/42,710「白秋S」準オープン(定量)

13日11R04・10・03・11・06・02B1-2-6/4-10-2/380/720/1,310/4,290「府中牝馬」G2(別定)

14日11R06・03・08・04・07・05B3-5-4/8-7-4/4,080/6,620/8,540/47,720「オクトーバーS」オープン(別定)

 

●京都の対象レース

13日09R04・02・03・06・01・05B2-1-5/2-4-1/300/670/850/2,840「もみじS」オープン(別定)

14日11R11・07・02・13・05・18A1-4-3/11-13-2/880/1,000/2,360/5,600「秋華賞」G1(馬齢)

14日12R12・14・13・15・04・07B1-2-6/12-14-7/850/1,150/4,430/12,000「藤森S」準オープン(定量)

 

裏開催の特別又はメインレースは対象外ですので、裏開催時ではグレードレースのみが対象となります。

私はこのように3つの重要度を守ってレースを選んでいますので、「Pランク」上では全対象レースが的中となりますが、外したレースが1鞍「オクトーバーS」です。

なんとまあ6戦5勝ですが「オクトーバーS」をBOX買いにしたなら全勝、しかもとんでもないプラスになります。

 

これは自分の考えでなくて「Pランク」を利用しているからなのですが、自分の暴走を防ぐためにも「Pランク」は必要不可欠なものとなるのです。

また、書きます。お楽しみに!

 

全「Pランク」が欲しい方はinfo@megajp.comまで件名に「Pランク希望」と記入してメールを下さい。

無料にて全「Pランク」を提供します。

(予想会社ではありませんので一切の勧誘活動はしていません、安心してメールを送って下さい)

今年16回目の「Win5」的中は最低配当!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 9月16日に的中した「Win5」は今年の16回目の的中となったのですが、なんと今年の最低配当の83,850円でした。(笑)

それでも私の場合270点購入でしたのでプラスにはなりました。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

8月26日13-14-5-11-6  122,080円

9月16日9-5-11-13-6         83,850円

合計 33,447,770円


今年は40回の「Win5」の発売日があり「Pランク」内で実際は、4回程除外や取り消しがありますので正確ではないのですが、すべて組み合わせても31,104,000円となってプラスが残っています。

「Pランク」6頭を全部組み合わせて購入すると7,776点、なんとまあ多い組み合わせかとため息が出てしまうのですが、研究室でも一人だけ全組み合わせを購入している研究員がいますので驚きです。

 

実際にはプラスしていますから、何にも言えないのですが常識的に考えられない購入法なのですが、実際には的中時の平均配当が209万円ですから、単純に計算して残り17回で7回の的中があればプラスは確保できることになります。

普通は平均300点から500点以内に絞って組み合わせていますので、この半分以下の的中でも年間勝負が57回ですから、500点平均でも285万円以上の配当を1回もしくは、150万の配当を2回的中させれば十分にプラスできるのです。

 

そんなに難しくないのですが、長く的中が無いと嫌になるもので途中で止めてしまう事が多くなってしまいます。

でもちょっとした工夫で「Win5」を楽しみながら購入することが出来るものです。

みなさんも自分なりの方法を「Pランク」から見つけ出してください。楽しいですよ!

「Win5の面白さ!」ホンのチョットの違いで的中できます。(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬を長くやっていれば競馬がよく分かるようになるかと言えば、決してそうではないのですが、私の所には沢山の競馬好きが集まってくる様になったことがあります。

みんな私の失敗談を聞いて驚かれるのですが、現在の私があるのはその失敗のお陰でもあるのです。

しかし、みんな現在の私を見て判断をしてしまうようです。

 

みなさんも長い間「Pランク」の提供を受けている方が現在でも400名程はいるので、競馬環境の条件は私と全く同じな訳ですが、他人から見るとどうやら競馬の事がすべて分かっていると思われてしまうので残念です。

みなさんも私も「Pランク」を利用して競馬をやっていますので、それこそ誰でも勝てるチャンスはある訳ですが、間違った使い方ではマイナスになる事もある訳です。

 

ただただ「勝ち逃げ」をすれば良いのですが、資金的に各コース10回分の資金を用意しなければ勝てませんよと言っても、今年は最初から上手く回っているので勝手に大丈夫だと思い込んでしまうのです。

私達の研究室には14人の研究員がおりますが、「勝ち逃げ」で勝負して利益が出てから「Win5」や「G1レース」を楽しむようにしてるメンバーが多いのです。

無理な購入をしないからこそ、これまで長く競馬を楽しめている理由になっています。

 

みなさんともほとんど違う事がない環境下にいる訳ですから、研究室のみんなと同じ筈なのです。

しかし中にはちょっと違った考えをする研究員もいて、面白いのでちょっとだけ書いてみましたが、中にたった一人だけ「Win5」を「Pランク」6頭づつボックスで組み合わせていて、今年15回の的中をすべて的中している研究員がいます。

面倒だからと大雑把な性格なのですが、プラスしているから誰も文句言えないですし笑えますよね?

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

5月20日3-5-11-1-13       295,190円

5月27日4-13-7-2-17 418,600円・8-13-7-2-17 2,038,620円(同着で配当が2通りです)

7月15日12-11-16-9-6 2,222,150円

7月22日4-14-6-16-14  845,440円

7月29日7-12-9-12-15 3,363,180円

8月26日13-14-5-11-6  122,080円

合計 33,363,920円

 

これで計算してみると今年の勝負回数ですと完全にプラスしていますので驚かれると思いますが、彼の場合は「勝ち逃げ」もいつも無頓着な購入方法でやっているのに、やはりしっかりとプラスしています。

とても無駄な購入だと思う方も多いと思いますが、ところが絞って購入している人も最終的にはハズレのケースが増えるのでプラスしていても、そんなに違わない金額なのですから、比べると結果的には成る程と納得してしまいます。(笑)

 

人の考え方だなんて十分に考える人もいれば、彼の様に自分の頭は出来るだけ使わないでというのも有りなのです。

自分なりに苦労した結果で3人の兄弟でお金を出し合って購入をしているそうですし、「Pランク」以外のものは一切必要がないそうで、競馬新聞も買った事がないそうです。

 

みなさんも後半戦の「Pランク」は無料ですので、大いに活用方法を考えてみて下さい。

夢の扉「Win5」的中のうれしさ!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 8月26日に今年15回目の「Win5」が的中しました。

これはあくまで「Pランク」の6頭をすべて組み合わせた結果での事ですが、絞って購入する私はもちろん全部的中している訳ではありませんし、絞るのだって結構迷ってしまい難しいものです。

 

今回の的中は13-14-5-11-6 122,080円と安いのですが、私の今年の「Win5」的中は9回でもプラスなのです。

それでは対象レースの「Pランク」をどう絞ったのか取り上げますので、次回から参考にしてみて下さい。

 

●札幌10R06・13・14・09・11・07B⇒13

ここは前走から掲示板2頭の争いと見て6番と13番だけを残しましたが、騎手もピッタリ一致のセレクトです。

 

●新潟10R14・15・09・03・01・04B⇒14

ここは重賞ばかり使ってきた14番がダントツ、9番と15番は前走の着順が気になって残しました。

 

●小倉11R02・03・07・05・08・06B⇒05

ここは頭数が少ないので2番と3番前走から、休み明けの5番は気になったので残して3頭に絞りました。

 

●札幌11R06・11・05・13・07・12D⇒11

ここは今日1番難しレース6番と5番は休み明けで嫌い、残りの4頭に絞りました。

 

●新潟11R06・09・11・02・04・05C⇒06

ここは上位2頭の争いと見ましたので2頭に絞りました。

 

2頭×3頭×3頭×4頭×2頭=144点と少ない点数での的中、今年の組み合わせでは1番少ない点数となりました。

結構穴狙いなので大きい配当の的中をすることが多いのですが、今年もしっかりとプラス決算でもうすでに今年のプラスは確定していますので暴走しない様に気を付けます。(笑)

 

配当が悪くても4鞍的中すると流石に最後の1鞍はとても緊張してしまいますが、嫌な緊張ではないのでどっぷりとハマっています。

みなさんもハマってみて下さい。

「勝ち逃げ」は無理をしないで余裕をもって!(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 この夏のローカル競馬で十分すぎるプラスを出している「勝ち逃げ」は、無理する必要はありませんので今回は最終週に予定していた現地研修を急遽行う事になったのですが、2開催で各プラス500万というのが目標になっています。

今回はもうすでにすべての東西コースで500万円を達成していますので、無理をしないでお休みをすることにしたのです。

 

もっともっとと欲を出すのも勝負の鉄則かもしれないのですが、欲だけではなく自然体で勝負をしていくことの方が最も大切です。

しかしそれが出来ないのが人間、したがって「Pランク」の提供を止めて暴走を防いだわけですが、こんな方法もこれまではなかった事です。

ローカル研修もとても大切な事でコースの特徴や、レースの流れはやはり大切な事ですので、みんなが自分自身で把握できるようにしないといけないのです。

 

残念ながらなかなかできない事ですが、研究室のみんなもマインドコントロールの大切さが良く分かったと思います。

これが一番難しく大切な事なのですが、研究室のみんなもOB会も全員「勝ち逃げ」をお休みして、「メインレース」と「Win5」だけ楽しみました。

お陰で「札幌記念」は購入額の15倍から23倍と大きなプラスになったのですが、ラッキーな的中でしたしみんな地方の夜を楽しんで元気に帰ってきました。

 

 私は実践派でしたので日本国中の競馬場を周りましたが、残念ながらみんなは全部の競馬場を周った訳ではなくすべてのコースの特徴を捉えている訳ではないので、それはこれからの課題でもあるのです。

「吾郎」さんの様に馬を診れなくても、せめて各競馬場の特徴だけは捉えて欲しいものです。

 

今後も現地研修は行って欲しいですし、「勝ち逃げ」の勝負も欲を出さないで頑張って欲しいと思いますが、暴走しがちになる「賭け事」ですからもう少し時間が必要かもしれません。

参考にしたいのでみなさんも意見をお聞かせください。

 

土日は「ボス」と久しぶりに二人だけの研究室で盛り上がりました。

競馬基金も増額となりましたしめでたしめでたしです。

「勝ち逃げ」をやるなら他の買い方は避けるべきです。(シゲ)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」は確かにマイナスがあっても資金を分割してルールを守っていれば、年間トータルでマイナスになる事は本当にまれなのですが、「勝ち逃げ」だけでなく「通常買い」や「Win5」にも手を出してしまうと、「勝ち逃げ」の調子が悪い時にはマイナスがダブルになって、最後には生活が破綻してしまいます。

 

私は経験者なのですが、一度だけでなく二度、三度と繰り返して生活が破綻したことがありました。

最後は全面的に「ボス」や「ナカ」さんに助けて貰って今の生活が続けられるようになったのですが、人には言えないくらいの苦労をしてきたのです。

それでも不思議なもので自分の弱さを分かってからは、もう同じ事は繰り返さない様にするのではなく、自然に出来なくなりました。

 

今では「Win5」は楽しみでやっていますが、通常買いはG1レースを少しだけ買うようになりましたし、注意する必要も無くなりました。

こうして「勝ち逃げ」をやる人は余程の余裕ができない限り、その他の購入はやらないのが普通だと思って下さい。

 

生活破綻者にならないために自分に対するルールを作って行動して欲しいものですし、熱くならない購入法なので楽しみがない買い方だと諦めてしまえばじっと我慢していることも忘れる様になります。

もう勝つためにはこれしかないのだと他の買い方は諦めてしまう事なのですが、私も随分と長い間出来なかったのでちょっと反省の意味も込めて書きました。

 

 今こうして「ナカ」さんが急に居なくなると寂しいものですが、北海道の病院で懸命にリハビリをして頑張っていましたし、きっと本人も戻ってきたいという気持ちがあるのでしょう。

でも、どうやら半身マヒを直すのは難しいという事で、このまま北海道で暮らすことを覚悟したようです。

 

以前も12年後に戻ってきた様にまたひょっこりと戻ってくるような気がしてならないのですが、「ナカ」さんが居ないと凄い寂しさがありますし、「勝ち逃げ」していても張り合いがないのです。

私の場合は子供達が小さいだけに病気をしたら本当に大変になりますので、健康にだけは注意したいものです。