「競馬を楽しむ◆廖淵瓮ぅ鷂Φ羲次

「競馬」は「メインレース」だけで勝てる!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「勝ち逃げ」だっていろいろあるのです!「馬連勝ち逃げ」(駿)

JUGEMテーマ:競馬

  今回は「馬連勝ち逃げ」です。

「馬連」で勝ち逃げする時の注意としては購入点数が問題なので、最優先することは軸を1位にするか2位にするかで大きく左右されるので、その時に合わせて考えるべきです。

ボックス買いも有効な買い方ですがそれらの違いを検証してみたいと思います。

購入は5Rからで対象レースは各競馬場8鞍となります。

 

購入資金は下記の通りです。

1鞍目5R 10,000円

2鞍目6R 20,000円

3鞍目7R 40,000円

4鞍目8R 80,000円

5鞍目9R 150,000円

6鞍目10R 300,000円

7鞍目11R 600,000円

8鞍目12R1,200,000円

 

1回中山4日(1月14日)

05R13・11・07・08・04・09C6-1/9-13/1,370

06R11・12・05・04・02・03Eハズレ

07R06・11・13・16・09・05Dハズレ

08R06・12・10・01・08・14Eハズレ

09R03・05・04・06・01・11Aハズレ

10R07・09・10・02・03・05D4-5/2-3/1,670

11R10・04・07・08・01・12Dハズレ

12R06・10・16・15・09・02Fハズレ

 

◎軸1位の場合⇔組み合わせるヒモはPランクの4位から6位の3頭・5R1,370円(2,700)的中(購入3点)+26,990円

◎2位から場合⇔2位・4位・5位・6位の4頭でボックス買いをする・10R1,670円(43,300)的中(購入6点)+123,110円

 

1回京都4日(1月14日)

05R09・16・05・06・01・12D1-5/9-1/2,710

06R03・09・12・13・06・02D1-4/3-13/2,030

07R07・10・09・01・03・02Eハズレ

08R16・09・06・01・13・03Cハズレ

09R05・10・03・02・04・08A5-4/4-2/4,220

10R12・07・01・13・11・09Bハズレ

11R03・06・09・01・11・10Cハズレ

12R15・02・03・04・09・08D1-4/15-4/1,110

 

◎軸1位の場合⇔組み合わせるヒモはPランクの4位から6位の3頭・5R2,710円(3,000)的中(購入3点)+71,300円

◎2位から場合⇔2位・4位・5位・6位の4頭でボックス買いをする・9R4,220円(22,600)的中(購入6点)+653,720円

 

このように最初のレースで的中しても結構プラスがありますし、京都の4日目のように5鞍目9Rの的中でもこんなに大きなプラスになるのです。 

私達は公表している「3連複」や「3連単」での勝ち逃げの他に、このようにみんな独自の方法で勝ち逃げをしていますので、メインレースで大きなマイナスがあっても大丈夫なのです。

 

「勝ち逃げ」だっていろいろあるのです!「単勝勝ち逃げ」(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 今日からスタートする新テーマは「いろいろな勝負方法」ですが、今日は「勝ち逃げ」でも「単勝」ついてです。

競馬で勝つことは簡単ではない事を、皆さんは十分に承知しているものとして話を進めていきますが、私達は「メインレースの通常買い」をするにあたって十分な資金が確保できる状況を作るという事からスタートしたのです。

 

したがって最初は資金を増やしてという状況が続きましたし、その時点ですでに「勝ち逃げ」が資金を作るために手段として考えられたのですが、いつの間にか順調にプラスが得られることが分かると誰もが「通常買い」には目を向け無くなってしまったのです。

パドックや返し馬で馬の見方を勉強しなくても良い訳ですから、当たり前の結果かもしれないのですが、研究員たちも全員「勝ち逃げ法」に没頭してしまったのです。

 

最初は「枠連」と「単勝」、後に「馬連」や「3連複」や「3連単」が加わってきたのですが、今回はこの中から「馬単」を取り上げます。

「Pランク会員」の皆さんはあまり注目している方は少ないようですが、基本的な購入法なのでぜひ考えてみて下さい。

やり方は簡単で、Pランク1位の購入はしないで2位から6位までの5頭から、「2位から4位」(以下Aパターン)の3頭か「3位から5位」(以下Bパターン)の3頭の3点か、「3位から6位」(以下Aパターン)の4頭4点買いが基本で、5レースからスタートというのが基本でした。

 

中山2日(7日)Pランク2位〜6位

05R16・02・05・06・13 ハズレ

06R09・07・04・03・01 4番580円

07R13・08・04・10・11 8番850円

08R07・10・12・05・09 12番610円

09R07・04・08・03・06 ハズレ

10R07・06・04・02・08 ハズレ

11R02・08・14・04・01 4番1,090円

12R10・04・01・13・14 4番460円

 

どのパターンでも2鞍目6Rが的中で「勝ち逃げ」成立となります。

プラスは16,000円から26,000円前後ですから大きなプラスではないのですが、この積み重ねが大切なのです。

「3連複」の「中本式関東」ですでに500万以上のプラスを出していますが、悪い時もあるので決して大きくは賭けさせないように購入資金を残しながら勝負するように指導しています。

 

たった一度の失敗で大きく後退してしまうリスクを背負っているので、そこは我慢しながら勝負をしなくてはいけないのです。

続いて京都の場合も検証してみましょう。

 

1回京都2日7日)Pランク2位〜6位

05R11・14・05・02・16 ハズレ

06R07・08・11・10・04 7番230円

07R09・16・05・04・10 ハズレ

08R09・16・08・10・12 ハズレ

09R09・02・01・06・07 ハズレ

10R01・15・14・08・06 14番630円

11R15・13・02・11・05 11番1,010円

12R16・02・10・15・05 5番2,370円

 

こちらはAパターンでは6Rでプラスが出来なくて、6鞍目の10Rでもプラスにならないのですが、BパターンとCパターンは7鞍目の11Rで大きくプラスできます。

このようにチャンスは1日何度もあるのですが、細心の注意さえできればプラスするのはそんなに難しくはないのです。

 

「メインレースの通常買い」は確かに面白いし的中した時のプラスも多いのですが、「勝ち逃げ」と組み合わせる事で楽しみは無限に広がるものです。

小さな金額でもいいですので「勝ち逃げ」にも注目してください。

軸選択の決め方・消し馬の選択◆峭愼資金はどのくらい用意すれば?」(Kei)
JUGEMテーマ:競馬
 今回は「創」さんと被ってしまいましたが、購入資金にスポットを当ててみました。
みなさんも一番気になるのが「購入資金」だと思いますので、私も取り上げてみますがそもそも「勝ち逃げ」とは違って、いくらでもよいのです。
私たちは最少金額24,000円からスタートしたので、それこそ10万円もあれば2日間は足りましたし、それぞれいろんな形での購入が可能ですので、今は計算しやすいように25,000円を馬連と馬単、3連複と3連単の的中した時の払い戻し額の比較から、購入比率を決定しています。
今ではその10倍は購入しているのですが、中には1鞍50万円で勝負する人もいれば100万円で勝負する人もいます。

1鞍24,000円か25,000円でやったとしても、今年は下記のような結果になります。

第2回東京・第3回京都+983,380円
第3回中山・第2回阪神+512,600円
第2回中山・第1回阪神+417,070円
第1回東京・第2回京都+539,700円
第1回中山・第1回京都+629,430円
合計 +3,082,180

このように25,000円の購入でも十分なプラスが得られるものなので、短期的に勝負する場合もありますし、「吾郎」さんのように長期的に考える人もいて、それぞれの考えで購入しています。
したがって、全員が同じ結果になっているわけではないのですが、できる限りは同じような結果に持っていけるように考えて欲しいものです。

プラスはこの5か月で300万を超えてしまうので驚いてしまいますが、最初からは無理をしないでじっくりと勝負してゆき、プラスを残していき少しづつ購入金額を増やしていけば、長い間「競馬を楽しんで」貰えるものと思っています。
コツコツと積み重ねていく事が大切ですし、勉強を続けることも大切です。
軸選択の決め方・消し馬の選択 崑仂櫃箸覆襯譟璽后」(Kei)
JUGEMテーマ:競馬
 通常買いの対象となるレースは私たちの場合はメインレースになっていますが、その他にも条件があって正確には準オープンクラス以上のレースとなります。
この事については何度か誰かが取り上げてきましたが、準オープンクラスとオープンクラスになると馬の頭数も少なくなって、比較することが容易になるので、軸もヒモも選択しやすく、データも集め易いという利点もあるのです。
◆◇「Pランク」◇◆
2回東京9日(5月21日)
10R16・03・04・13・01・08D1,000万/10-5-6/ハズレ
11R11・14・05・07・13・02Aオープン/14-6-9/ハズレ◎
12R04・03・02・01・08・05B1,000万/4-1-6/的中

3回京都9日(5月21日)
10R16・09・08・05・02・12C準オープン/16-9-5/的中
11R14・04・06・11・02・13BG3/14-11-6/的中◎
12R11・01・10・03・13・12B1,000万/11-10-13/的中

◆◇「Pランク」◇◆
2回東京10日(5月22日)
08R06・12・13・11・15・02C1,000万/6-11-13/的中
09R09・07・10・04・02・05B1,000万/9-4-7/的中
10R03・05・06・17・09・04C準オープン/4-14-3/ハズレ
11R03・13・11・14・04・08BG1/3-13-14/的中◎
12R15・14・07・06・12・03E準オープン/6-3-9/馬連・馬単的中

3回京都10日(5月22日)
09R06・05・09・03・02・01A1,000万/6-3-1/的中
10R10・03・05・09・04・06Bオープン/3-2-6/ハズレ
11R02・06・10・04・09・15E準オープン/7-2-1/ハズレ◎
12R07・01・15・13・06・04D1,000万/7-1-4/的中

1,000万クラス以上の土日のレース結果ですが、「Pランク」での的中は結構多いのです。
しかし、これらを全部勝負するとなると軸の選択から、消し馬の選択など比較する対象馬が多すぎてとても無理なので、比較する対象馬が少ないレースを選ぶ事になります。

1,000万クラスの馬より、準オープンの馬は少なくなりますし、オープンクラスになるとその数はとても少なくなるものです。
したがって、比較する対象馬も少なくなりますし、さらにG1に出走する馬たちは一握りですので、順位付けがし易く軸馬の選択も容易になるからなのです。

「吾郎」さんも1,000万クラスでも、メイン以外の準オープンやオープンクラスでも的中する数はそんなに違わないので、研究を始めた苦労したようです。
当時は特別レースと最終レースは「通常買い」の対象としていたので、軸選定や消し馬選定が難しかったようでプラスさせることが難しかったそうですが、メインレースだけを対象レースとすることでプラスできるようになったという事です。

次回は購入資金について触れたいと思います。
速報!ドバイワールドカップデーは日本馬が大活躍!(中本)
JUGEMテーマ:競馬
眠いのを我慢してテレビ観戦の「ドバイワールドカップデー」は日本馬が大活躍、「UAEダービー」(G2ダート1,900m)はラ二が1着、ユウチェンジ3着、オンザロックス5着、ラニはこれでケンタッキーダービーの出走権利を手に入れましたので楽しみです。
「ドバイターフ」(G1芝1,800m)ではリアルスティールが勝って、こちらも秋は欧州を目指すのかアウェイでのG1制覇は楽しみです。
「ドバイシーマクラシック」(G1芝2,410m)はドゥラメンテが落鉄騒動でも2着に入り、ラストインパクトが3着、ワンアンドオンリーが5着でこちらも秋には「凱旋門賞」を目指して欲しいです。
ドバイ挑戦の日本馬の枠順が次々に決定です。(シゲ)
JUGEMテーマ:競馬
 今年も沢山の日本馬が「ドバイワールドカップデ―」に挑戦するのですが、枠順が次々に決定しましたのでお知らせしておきます。

◎26日23時10分「アルクオーツS」(G1芝1,000m)3番枠ベルカント・武豊騎手
◎27日0時45分「ドバイターフ」(G1芝1,800m)14番枠リアルスティール・ムーア騎手
◎27日1時20分「ドバイシーマクラシック」(G1芝2,410m)1番枠ラストインパクト・モレイラ騎手:4番枠ドゥラメンテ・デムーロ騎手:5番枠ワンアンドオンリー・武豊騎手
◎27日2時0分「ドバイワールドC」(G1ダート2,000m)8番枠ホッコータルマエ・幸英明騎手

今年も何人かの仲間が今日フライトするのですが、私はいつも居残りになってしまい残念です。
「ドゥラメンテ」と「リアルスティール」には期待しているのですが、「ホッコータルマエ」にも頑張ってもらいたいです。
 
ちょっとスマホとタブレットの事です!(駿)
JUGEMテーマ:競馬
 皆さんお久しぶりです。現在は研究室で頑張っています。
いろいろと忙しいのでブログの更新は、ほとんどパソコンやスマホ関係なのですが、今回は非常に高くなってしまったスマホやタブレットの料金を、少しでも減らすことを提案させていただきました。

我が家では以前、父と母と兄と私の4人でインターネットとスマホ4台で4万円弱も支払っていましたが、今年の7月からは全部で1万4千円まで減らすことができました。
MVNOの利用でこれだけになったのですが、「DMMmobil」10Gシュアコース(Sim3枚)とau端末の「Xperia ZL2」が「mineo」の5G Sim1枚、もう1台タブレットがBIGLOBEのデーターSim(SMSオプション付き)で使用中です。

毎月2万5千円も違いますので、私達の負担も少なくなりました。
家ではほとんどWi-Fi接続、仕事中は研究室のWi-Fiで旅行に行った時ぐらいしか使わないので、これでも毎月繰り越しになるくらいです。
基本的にインターネットは光タイプで5千円前後は必要ですので、長期利用などで5千円未満にすることが大切です。
これなら一人暮らしでも、インターネットとスマホとタブレットで1万円を切れますので、皆さんもやってみて下さい。

続いて端末についてですが、できれば6インチサイズの大きめファブレットが便利ですが、これだけ端末の価格が上昇してしまうとちょっと大変で、狙い処はこれから発売されるミドルレンジクラスや「Xperia Z3」等の型落ちスマホが狙いです。
今度「ソニー」から発売される「Xperia M5」(写真右)と「Xperia C5 Ultra」(写真左)は注目です。
どちらも5万円前後で早ければこの中旬に、遅くても9月中には発売されると思います。


私と兄は競馬用に「Nexus 5」を現在使用中で、全体的には満足していますが、もう1年以上使っていますので、そろそろ新しい端末が欲しいです。
以前は「iPhone」派だったのですが、最初は「Windows Phone」で次に「iPhone」ときて、今は「Android」です。
「iPhone 6S」の発売も近いようなので、いろいろと考えてみたいと思います。

これに「グリーンチャンネルWeb」(540円税込)と「JRA-VAN NEXT」(864円税込)があれば万全です。
これから1か月ほどで中央に競馬が戻ってきて、秋競馬がスタートする訳ですが皆さんも1円でも多く馬券購入に回せるように、スマホ代金とインタネットの料金をケチってみて下さい。    
名古屋(中京)と福島の楽しみ方!(駿)
JUGEMテーマ:競馬
 夏競馬というとやっぱり「飲む・打つ・食らう」なのですが、観光もいいものですし、温泉も楽しめます。
名古屋ですとやっぱり名古屋城、天守閣に登るとなんとまたがれる「金の鯱」があって最高の記念写真が撮れますし、ぜひお子さんを連れて家族で訪れて欲しいものです。
名古屋の美味しい食べ物というと「味噌煮込みうどん」・「味噌カツ」・「あんかけスパ」・「手羽先」・「ひつまぶし」などあげたらキリがないのですが、私は「手羽先」(風来坊・伍味酉など)と「ひつまぶし」(あつた蓬莱軒)は必ず食べに行きます。
父も大好きなので昔は一緒に良く行きましたが、最近は研究室の誰かと一緒にということが多く、金曜日の午後から「キャバクラ」巡りをして、夜の遊びもピンキリの名古屋です。
ただし程々にしないと、競馬どころではなくなってしまいますので注意してください。

 さて、福島はなんといっても「喜多方ラーメン」・「どぶ汁」・「焼きそば」・「馬刺し」・「蕎麦」などあげたらキリがないですが、温泉がとてもうれしいですが「飯坂温泉」もちょっと寂れてしまい寂しい限りです。
でも、帰りは「猪苗代」経由で「会津若松」から「日光」へ抜ければ、いい温泉が沢山ありますのでおススメです。

それぞれの夏競馬は色々な特徴があって、楽しみもいっぱいですし温泉も楽しめます。
私の場合は「福島」だけでなく、「仙台」や「日光」にも寄り道して帰りますので3泊4日や4泊5日になってしまう事が多いのです。
「名古屋」の場合も帰りは「浜名湖」や「沼津」にも寄り道して帰ります。

みなさんも夏競馬を楽しんでみて下さい。   
ドバイワールドカップの色々な情報!(駿)
JUGEMテーマ:競馬
 馬場の変更があったりして今年は昨年と少しだけ違う「ドバイワールドカップ」、その辺も取り上げてみたいと思います。
タペタを使用したオールウェザー素材の内回りコースが、ダートに変更され昨年までよりも時計のかかる馬場に変更されたので、「ドバイワールドカップ」ダート2,000mに出走の「エピファネイア」と「ホッコータルマエ」にとっては馬場コンディションがポイントになります。



「ド バイシーマクラシック」芝2,410mに出走する「ハープスター」と「ワンアンドオンリー」は期待に十分応えられるチャンスありとみていますし、「UAE ダービー」ダート1,900mに出走する「ゴールデンバローズ」、「ディアドムス」、「タップザット」の3頭にもこのレースの日本馬の初勝利の夢が託され ておりますし、勝てればアメリカの「ケンタッキーダービー」に出走できる可能性もあって本当に楽しみです。



 上の図が「ドバイワールドカップ」が行われる「メイダン競馬場」ですが、グランドスタンドにホテルが隣接しており、ホテル(ジュメイラ・ザ・メイダン)の部屋からもレースが観戦できます。
競馬場の収容人員は60,000人となっていますが、エリア全体では120,000人が収容可能になっており、近代的な設備が整っています。

ドバイは以前とは違ってホテルやビーチも充実しており、のんびりとバカンスを楽しめるので、家族で行って欲しいものです。    
ドバイWC前に日本馬の「オーストラリア」での戦い!(翔)
JUGEMテーマ:競馬
 久しぶりに記事を書きます!。
 来週はいよいよ「ドバイワールドカップ」が「UEA」の「メイダン競馬場」で開催されるのですが、先週は南半球 の「オーストラリア」の「シドニー」郊外にある「ローズヒルガーデンズ競馬場」で日本馬が大活躍、G1「ジョージライダーステークス」(George Ryder Stakes)芝1,500mで「リアルインパクト」が1着、「ワールドエース」が11着、さらにG1「ランヴェットステークス」(Ranvet Stakes)芝2,000mで「トーセンスターダム」が2着になっています。
それぞれ頑張っているのですが実は、4月4日に行われるG1「ドンカスターマイル」芝1,600と4月11日に行われる、G1「クイーンエリザベスステークス」芝2,000mの前哨戦として行われたレースで、本番が楽しみです。
「ドンカスターマイル」には「リアルインパクト」と「ワールドエース」が出走予定、「クイーンエリザベスステークス」には「トーセンスターダム」と「トゥザワールド」が出走予定ですが、競馬場はシドニーの中心街に近い「ロイヤルランドウィック競馬場」です。

日本とは季節が逆でこれから秋に向かう「オーストラリア」とても素晴らしい国ですから、時間があったら皆さんも行ってみて下さい。

「ローズヒルガーデンズ競馬場」(図左)はシドニー中心部から23キロ、電車やバスで1時間弱で行けますし、「ロイヤルランドウィック競馬場」(図右)はやはり中心部から5キロ程度ですので15分もあれば行けます。
 

「オーストラリア」の競馬場はほぼ四角張っており、コースも非常に良く整備されており綺麗です。
馬券の種類も12種類ほどありますが、コンピューターが任意の馬番を抽出する「ミステリーベット」(Mystery Bet)や「クワディー」(Quaddie)はとても面白いシステムです。
シドニー観光も含め競馬も楽しんでみて下さい。