「競馬を楽しむ◆廖淵瓮ぅ鷂Φ羲次

「競馬」は「メインレース」だけで勝てる!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
何度やっても同じ失敗で自分に呆れてしまう!でも「勝ち逃げ」なら!(英)

JUGEMテーマ:競馬

 研究室へ出入りするようになって丸3年になりますが、競馬歴は6年になる英(ヒデ)です。

競馬では思いっきり失敗してきたので、もう触れたくはなかったのですが、研究室に来て「シゲ」さんの様に、2度も失跡事件を起こしたり、「創」さんの様に親の残した財産をすべて競馬につぎ込んでしまった話を聞いて、僕のはとても小さな出来事なので書いてみました。

 

競馬を始めたのは2011年の「皐月賞」(オルフェーヴル優勝)から、友達に誘われて震災の影響で東京競馬場で行われたこのレースが最初で、馬単3,740円を2,000円的中させたのです。

まあ、今考えるとビギナーズラックとで言えるものですが、これが2度目の「ダービー」でも馬単4,540円を的中させてもう毎週競馬場通いです。

この2度の勝利で「安田記念」から外れ馬券の収集がスタート、学校が八王子に近い事もあって毎週土日は東京競馬場にいき、平日は授業が終わればアルバイトを12時までして、競馬のために頑張ったものでした。(笑)

 

面白いのは「宝塚記念」、「ブエナビスタ」と「エイシンフラッシュ」と「ローズキングダム」の三つ巴で購入したら、2着・3着・4着となって、勝ったのは休養明け前走のG2で3着した伏兵「アーネストリー」でした。

このレースの負けで、とうとうその後の重賞レースは全て馬券を購入することになって、9月25日の「オルフェーヴル」出走の「神戸新聞杯」まで的中なしでした。

ゴミ箱一杯になった外れ馬券は悔しさのあまり、アパートの台所で燃やして管理人に叱られました。

 

もちろん12年の「オルフェーヴル」フランス遠征にもついて行くことになり、9月15日から10月7日までびっしりとフランスの競馬と旅行を楽しみました。

「フォワ賞」も「凱旋門賞」も馬券はしっかり的中したので、旅費はタダになりましたが、なんとなく「オルフェーヴル」との絆が感じられたものです。

僕を「オルフェーヴル」が裏切ったのは12年4月29日の「天皇賞春」だけでしたし、この馬で始まった競馬は13年12月22日の「有馬記念」で完結しますが、2回目のフランス遠征も追いかけて行きましたし、この時も頑張ってくれて旅費はタダになりました。

 

「オルフェーヴル」が引退してからの14年と〜15年は地獄の様なもので買うレース全部が悪い結果になって終い、15年の4月から「競馬塾」に通う事になりました。

16年は「勝ち逃げ」に挑戦して、初めて考えない競馬でも勝てることを知りましたし、「考える競馬」=「思い込みの競馬」ということを理解するまで、1年余り同じミスの繰り返しが続きました。

今は少ない金額ですが「勝ち逃げ」のプラスだけでも十分に暮らしていけるようですが、最初の年に一度資金が底ついてしまう経験もしているので油断禁物なのでです。

 

こんなに「オルフェーヴル」と深く繋がってしまった僕の競馬人生、今年はいよいよ彼の沢山の子供たちがデビューするので今からワクワクしています。

やっとたどり着いた「思い込まない競馬」である「勝ち逃げ」をメインに、静かに彼の子供たちを応援したいと思います。

みなさんも迷ったら最低金額でもいいですから「勝ち逃げ」に挑戦してみて下さい。