「競馬を楽しむ◆廖蔽翹楴宛Φ羲次

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「いざ世界へ」!「頼もしい新人たちのデビューはとても参考になります」54(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の塾生時代は「いざ現地競馬」へが合言葉で、海外競馬を現地観戦すること等は特別な事がない限りなかったのですが、今年の卒業塾生達はご覧の通り、「凱旋門賞」や「ドバイワールドカップ」さらに「ケンタッキーダービー」や「ブリーダーズカップ」まで行くくらいです。

凄い新鮮でもあり、羨ましい限りです。

こんなメンバーですから英語も話せるタイプが多く、良く勉強しているなと驚かされます。

 

一番感心したのはあまりクヨクヨすることもなく、直ぐに切り替えが出来る事と失敗を全く恐れない強い意志がとても魅力的です。

競馬歴もほとんどが5年〜6年なのですが、とても良く勉強していて海外の競馬にも詳しく、どうやら日本馬が沢山遠征するようになって、海外の馬のチェックも普通に行っているのです。

それぞれが目標をもって努力をして、パソコンやオーディオの研究も一生懸命です。

 

私達が陥った「勝ち逃げ」への疑問も、あくまでも競馬で勝つ方法の一つとして捉えているので、「考える競馬」(通常買い)と「考えない競馬」(勝ち逃げ)との分類が出来ているようです。

また「Win5」とかはあくまでも宝くじの様に思っているらしく、本当に購入することが少ないようです。

私の場合は「勝ち逃げ」に、投資額の大半をつぎ込むようになるのに6年以上も費やしましたので、それまでの生活が結構大変で仕事もかけもちでしたし、独立するまでさらに4年も必要でした。

 

 このように新しい変化には驚いてしまうのですが、海外遠征も勉強の一つと捉えている様子です。

特にフランスに行くとシャンティイ競馬場だけでなく、フランスの地方の競馬場やベルギーやイタリアなどの国々の競馬場にも、足を運び熱心に海外の競馬も勉強しているのです。

移動する距離も半端じゃないと思うのですが、10日間で10か所の競馬場を周ったツワモノもいるのですから驚きです。

しかも英語の資料もしっかり用意して、トリップアドバイザーやネットで安いホテルやチケットを探して、安くて速く旅行を楽しんでいるようです。

 

先日「ヒデ」さんと話した時に「COUTUME CAFE」について聞かれたのですが、パリで人気のカフェで私も良く行くカフェ、なんと日本にも出店しているらしく逆に教えて貰いました。

現地でも美味しい情報を集めたり、パリで仕事をすることが多い私よりもいろいろな事を知っています。

これからもいろいろな面で勉強しなければ追いつけない程、先に進んでしまったようですが楽しみでもあります。