「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
1週間で知った仮想通貨の怖さと面白さ!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬の怖さと面白さを知るまでは1年も費やしたのですが、仮想通貨は1週間でその怖さを知ってしまいました。

1月に売ってしまったビットコインで2月の1日から3日に掛けて、LTC(ライトコイン)13,600円・XPR(リップル)96.7円・Mona(モナコイン)451円で1:1:1の金額比率で購入、下がったり上がったりの波乱含みでしたが、9日にLTCが18,000円を超えたので売り、XPRが10日110円を超えたのでこちらも売って、Monaも買った時より価格を上げていますが458円前後ですので、こちらはそのまま持っていることにして、これで「ドバイワールドカップデー」と「凱旋門賞」行は家族で行けそうです。

 

ところがカミさんは面白いからもっと投資してみたいと、フランスの兄達を巻き込んで何かを企んでいるようですが、まあ元々なかったと思えばいいし、随分前に購入していたビットコインが大きな金額になっただけの事、競馬で負けた勝ったぐらいに思っていればいいとは思ってます。

しかし、たったの1週間でこんな金額になってしまい、競馬以上に利益が出てしまうので恐ろしいものです。

 

しかも今度はイタリアの仮想通貨取引所から200億も盗まれたそうで、世界中いろいろな事件が起こっています。

どうもチャートのチェックも大変ですし、取引はやっぱりカミさんが一枚上手で私には精々競馬をやる事と、オーディオの取引をする程度の事しかできそうになく静観するほかないようです。

 

 さてダートの世界最高賞金レース「ペガサスワールドC」は、「ガルフストリームパーク競馬場」(フロリダ州ハランデール)1月27日に1800mの距離で行われ、「ガンランナー」がG1レース5連勝という立派な成績で勝ちました。

 

 

良馬場のダートで1:47:41ですから優秀な時計ですが、結構ハードなレースで驚いています。

日本馬もいつか出走してくれるといいですが、ダート競馬だけはまだ時間が必要でもう2ランクぐらいのパワーアップが期待されます。