「競馬を楽しむ◆廖頁呂卜をして!)

「競馬」は「勝ち逃げ」で勝てる!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「今年のオークスは?」一杯のコーヒーに夢を託して18-44(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 この季節は世界中でクラシックレースが行われる時期なので、米・英・愛・仏三冠も含め日本でも「桜花賞」、「皐月賞」が終わりましたが、今週末は「オークス」がゲートインです。

 

3連勝で「桜花賞」馬となった「アーモンドアイ」は二冠を目指すことになるのですが、G1「エリザベス女王杯」を勝った母「フサイチパンドラ」と1,200m〜マイルG1で6勝の父「ロードカナロア」と組み合わせ超良血馬、2歳女王に輝いた「桜花賞」2着馬の「ラッキーライラック」は「オルフェーヴル」産駒という事で距離の心配もなしという事で乗り方次第では逆転可能なのです。

 

3番手は「ディープインパクト」産駒の「サトノワルキューレ」で、距離経験2度と前走2000mタイムは優秀でこちらもチャンス十分、ディープ産駒は他にも「カンタービレ」、「マウレア」、「オールフォーラブ」等が上位に食い込んできそうですし、「ルーラーシップ」産駒の「リリーノーブル」と「パイオニアバイオ」も食い込む可能性は大きいです。

上位3頭は力差が少なくどれが勝ってもおかしくないので、当日の状態には注意したいものです。

 

 私の最近の日課は膝の治療に通っている家内と家でドラマを観たり、音楽を聴いたりしながらのんびりしたものですが、階段を上がるのも大変な状態の家内はチョット可哀想です。

2週間に1回は病院でチェックして薬を貰いに行くのですが、病院までが10分ぐらいの距離を20分もかけてユックリと歩くので、暑くなるとちょっと大変です。

昨年の5月ころから始まった首の異常から始まった痛みや痺れは原因不明のまま、両肩痛と両肩甲骨痛になって9月に腫瘍の摘出手術で入院後は徐々に酷くなって、仕事に復帰できなくなって肩や首を庇う為に両膝痛も始まって、起き上がる時は本当に大変そうです。

 

家でノンビリしていれば何ともないのですが、買い物も行けないので最近はネットスーパーを利用しています。

私も腰痛で激しい運動が出来なくなって、丁度二人で一人前です。

一日中PCを組み立てたり、オーディオのチェックをしたりとやることが多いのですが、運動不足になってしまうので出来るだけ散歩には出るようにしてはいます。

 

競馬のデータチェックは月・水・金の3日間で8時間~12時間、土日は競馬ですから、週5日間は競馬に関わっているのですが面倒だと思った事は一度もなく、楽しくてしょうがないです。

朝の富士山と夕方の富士山はライブカメラでしっかりチェックしていますが、珈琲を飲みながら眺めるのも日課となっていて楽しみです。

 

毎年のように「凱旋門賞」観戦に行きたいと思うのですが、この年になると仲間達もスケジュールを合わせるのが難しくなかなか実現できていないので、今年はと思っています。