「米G1(プリ―クネスS)と日本G1(オークス)の結果」19-49(Kei)

  • 2019.05.20 Monday
  • 01:43

JUGEMテーマ:競馬

 米二冠目の「プリークネスS」と日本牝馬二冠目のオークス(優駿牝馬)が行われましたが、結果はどちらも2着がくるって外れてしまいました。

とても残念ですが今年のクラシックレース世界中難しいですね?

 

「プリークネスS」は「ケンタッキーダービー」で不利を受けて7着だった「ウォーオブウィル」が巻き返して優勝、12番人気の「エバーフェスト」が2着、5番人気の「オーウェンデール」が3着に入りました。

そして日本の「オークス」は1番人気の「ラヴズオンリーユー」が1着、12番人気の「カレンブーケドール」が2着、2番人気の「クロノジェネシス」が3着、こちらは12年の「ジェンティルドンナ」のレコードを更新しての優勝ですので素晴らしいレースでした。

 

 

日本競馬は好タイムが続出ですが、激走後の脚元が心配です。

「Win5」は配当が悪くても的中したようですが、私は今回も用事があって不参加、コロガシにも不参加で「勝ち逃げ」だけ「シゲさん」にお願いして、日曜日は大きなプラスになりました。

 

オークスもレースには間に合いましたが、京都の最終レースだけは祈りながらTV観戦しました。

祈りが通じたのかこれだけで700万のプラスですから、「勝ち逃げ」の良さが十分に伝わる結果になったと思いますし、これから勝ち逃げを始める方も、やってきた方も「Pランク」利用の「勝ち逃げ」にも注目してみてください。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM