「勝ち逃げ」の難しさはマインドコントロール*自分に勝つことで〜す*(Kei)

  • 2020.06.25 Thursday
  • 01:31

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げ」はやっぱりギャンブル、絶対はありませんし時々はマイナスになる事もあるのです。

しかも1年に1度もなかった年もあれば、同じコースで年に3回もマイナスになった事もありますので、油断は禁物で有金を全部つぎ込んでやることがないように、資金を分割してマイナスした時の充当金を用意してスタートするのが私達の方法です。

 

「勝ち逃げ」では8回〜10回分に分けられる金額で用意しますし、「新勝ち逃げ」も同じように最低8回分は用意してスタートしていますが、研究員の間では4人1組で購入していますし、土曜日分の日曜日分も実験中の「新勝ち逃げ」も376万円を4で割ると94万になりますので、全コースをやるなら最低752万(94×4=752万)必要なのです。

 

★ココモ式★
購入金額表は下記の通りです。
1R100単位(1単位100円で計算)⇒10,000円という事になりますが、3連複は1,000円からでも始められます。
2R100単位(累計200)
3R200単位(累計400)
4R300単位(累計700)
5R500単位(累計1,200)
6R800単位(累計2,000)
7R1,300単位(累計3,300)
8R2,100単位(累計5,400)
9R3,400単位(累計8.800)
10R5,500単位(累計14,300)
11R8,900単位(累計23,200)
12R14,400単位(累計37,600)

 

でもみんな最初からこの金額を用意出来る訳ではないので、働きながら土日は研究室でアルバイトしながら貯金をして頑張り、2年から3年かけて376万円で8人のグループにはいります。

これが「3連複」だけなら188万で関東と関西の2コースだけの8人グループに入り勝負していきます。

 

これは「勝ち逃げ」を始めても途中でギブアップしてしまう人が多く、グループ制にする事でそれを防ぐために考えられた、合理的な方法で、切り替えてから研究員の数は順調に増えました。

1人で頑張ってきた時は50人で1人しか残らなかったのですが、今はもう増やすことができないくらいになりました。

 

1年ごとに掛け金を倍にしてコツコツと勝った金を貯めていくのですが、なかなか難しいものです。

勝った金を「通常買い」で失ってしまう研究員もいますのでまだまだなのですが、マインドコントールだけはこれからの課題だと思っています。

 

十人十色とはよく言ったもので、色々と人によって購入スタイルが違っており、勝手に潰れてしまう事も多いのがギャンブルの世界なので、自分自身に打ち勝つことがいかに大切かという事が不可欠で、マインドコントールができて初めて「勝ち逃げ」に没頭できます。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM