「競馬を楽しむ◆廖淵瓮ぅ鷂Φ羲次

「競馬」は「メインレース」だけで勝てる!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
   
無料メール会員参加メールアドレス
無料メール会員退会メールアドレス
 
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「平安S・メイS」5月20日「メインレースの勝負」041(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今日2鞍で芝のハンデ戦1鞍とダート1鞍、スッキリと3着まで的中させたいです。

(できればパドックも返し馬もしっかりとチェックしてください。)

520
京都11R平安SG3(別定ダート
●軸候補9(4連勝中)0軸馬
●軸候補15(休明け2戦目・G2で1着)8
ヒモ候補7番(G1で3着)0
ヒモ候補⇔16番(G1で6着)2
ヒモ候補2番(休明け2戦目・G1で6着)-2消し馬
ヒモ候補11番(G3で4着)8消し馬
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて

結果⇒ハズレ

◎軸はピッタリでしたが、2着以降が狂ってハズレでした

 

東京11RメイSオープン(ハンデ

●軸候補9(G2で4着)2軸馬
●軸候補11(G2で4着)-4
ヒモ候補8番(G2で4着)2
ヒモ候補⇔5番(G3で2着)0消し馬
ヒモ候補1番(G2で4着)-6
ヒモ候補10番(休明け・G1馬)-8
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて

結果⇒馬連750円・馬単2,180円・3連複2,120円・3連単13,190円的中

◎3着までしっかりと的中です。

 

レース後のコメント⇒1鞍だけでも3着まで的中させられて良かったです

明日もこの調子で頑張りたいです。

「今週の勝ち逃げ予定」と「メインレース情報」5月20〜21日(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今週のG1レースは「優駿牝馬(オークス)」です。

今年のクラシックは牡馬も牝馬もなかなか難しい状態で、的中も出来ないでいるのでここらでちょっと気合を入れたいものです。

「勝ち逃げ」はいつものように土曜日を予定していますが、プラスも十分貯まっていますので日曜日のスタートもあり得る状態です。

メイン対象レースは土曜日2鞍、日曜日3鞍ですので土曜日はノンビリと日曜日は早目に始動しないといけないです。

 

★今週の対象レース★

◎5月20日(土曜日)

京都11R「平安S」G3(別定・ダート)

東京11R「メイS」オープン(ハンデ・芝)

(メール会員:京都の10Rを取り上げます。)

 

◎5月21日(日曜日)

新潟11R「韋駄天S」オープン(ハンデ・芝)

京都11R「下鴨S」準オープン(ハンデ・芝)

東京11R「優駿牝馬」G1(定量・芝)

(メール会員:京都と東京の10Rを取り上げます。)

 

会員募集は6月5日から後期の募集を致しますが、「勝ち逃げ会員」だけとなる予定です。

世界のG1レースで活躍できそうな内国産種牡馬!(流星)

JUGEMテーマ:競馬

 世界のG1レースで活躍できそうな内国産種牡馬の代表格と言えば「ディープインパクト」と「キングカメハメハ」が双璧、前者は「リアルスティール」が「ドバイターフ」を昨年優勝し、今年は同レースを「ヴィブロス」が優勝したように何頭も海外G1での活躍馬がおりますし、「ディープ」や「キンカメ」のライバルだった「ハーツクライ」は、自身が「ドバイシーマクラシック」を勝っており、「キングジョージ&QエリザベスS」でも3着になっています。

 

「キンカメ」産駒では「ロードカナロア」や「ルーラーシップ」が海外G1を勝っていますし、「ハーツクライ」産駒も「ジャスタウェイ」や「アドマイヤラクティ」が海外G1を勝っています。

昨年は内国産種牡馬ではない「フランケル」産駒が話題になり早くもG1馬「ソウルスターリング」が誕生しましたが、今年も15頭前後がデビュー予定ですし、内国産の代表格になって欲しい「オルフェーヴル」産駒が150頭余りもデビューを予定しており、こちらも楽しみなのです。

 

「凱旋門賞」2年連続2着の悔しさを産駒に伝えてくれれば、きっと「凱旋門賞」を勝てる日本馬の出現もそんなに遠く無いと思っています。

他にも「ロードカナロア」や「エイシンフラッシュ」や「ローズキングダム」産駒の、デビューも予定されており楽しみが一杯ですが、輸入種牡馬でもG1を5連勝したドイツ馬の「ノヴェリスト」は、「キングジョージ&QエリザベスS」を勝っているだけに注目です。

 

 僕もあまり競馬には拘りがなかったのですが、「競馬塾」でいろいろなレースビデオを観て初めて日本馬が海外遠征する理由が分かった様な気がします。

「凱旋門賞」を勝つことだけでなく他にも大きなレースが沢山あって、これからは世界のダート競馬の頂点である「ドバイワールドC」や「ブリーダーズカップ・クラシック」でも、勝てる馬を育てないといけないと思うようになりました。

 

  

 

今週末はいよいよ「オークス」ですが、今年は「ハーツクライ」と「ハービンジャー」産駒の登録が多く、「ディープ」と「ダイワメジャー」産駒が2頭づつとなっていますし、「桜花賞」の上位3頭のチャンスも大きいと思います。楽しみです!

 

「いざ世界へ」!「頼もしい新人たちのデビューはとても参考になります」54(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の塾生時代は「いざ現地競馬」へが合言葉で、海外競馬を現地観戦すること等は特別な事がない限りなかったのですが、今年の卒業塾生達はご覧の通り、「凱旋門賞」や「ドバイワールドカップ」さらに「ケンタッキーダービー」や「ブリーダーズカップ」まで行くくらいです。

凄い新鮮でもあり、羨ましい限りです。

こんなメンバーですから英語も話せるタイプが多く、良く勉強しているなと驚かされます。

 

一番感心したのはあまりクヨクヨすることもなく、直ぐに切り替えが出来る事と失敗を全く恐れない強い意志がとても魅力的です。

競馬歴もほとんどが5年〜6年なのですが、とても良く勉強していて海外の競馬にも詳しく、どうやら日本馬が沢山遠征するようになって、海外の馬のチェックも普通に行っているのです。

それぞれが目標をもって努力をして、パソコンやオーディオの研究も一生懸命です。

 

私達が陥った「勝ち逃げ」への疑問も、あくまでも競馬で勝つ方法の一つとして捉えているので、「考える競馬」(通常買い)と「考えない競馬」(勝ち逃げ)との分類が出来ているようです。

また「Win5」とかはあくまでも宝くじの様に思っているらしく、本当に購入することが少ないようです。

私の場合は「勝ち逃げ」に、投資額の大半をつぎ込むようになるのに6年以上も費やしましたので、それまでの生活が結構大変で仕事もかけもちでしたし、独立するまでさらに4年も必要でした。

 

 このように新しい変化には驚いてしまうのですが、海外遠征も勉強の一つと捉えている様子です。

特にフランスに行くとシャンティイ競馬場だけでなく、フランスの地方の競馬場やベルギーやイタリアなどの国々の競馬場にも、足を運び熱心に海外の競馬も勉強しているのです。

移動する距離も半端じゃないと思うのですが、10日間で10か所の競馬場を周ったツワモノもいるのですから驚きです。

しかも英語の資料もしっかり用意して、トリップアドバイザーやネットで安いホテルやチケットを探して、安くて速く旅行を楽しんでいるようです。

 

先日「ヒデ」さんと話した時に「COUTUME CAFE」について聞かれたのですが、パリで人気のカフェで私も良く行くカフェ、なんと日本にも出店しているらしく逆に教えて貰いました。

現地でも美味しい情報を集めたり、パリで仕事をすることが多い私よりもいろいろな事を知っています。

これからもいろいろな面で勉強しなければ追いつけない程、先に進んでしまったようですが楽しみでもあります。

「私達の夢・僕達の夢」「やっぱり気になる凱旋門賞」17-01(翼)

JUGEMテーマ:競馬

 「ヴィクトリアマイル」は4歳馬3頭が上位を独占し「アドマイヤリード」が勝ちました。

とても難しいレースでしたが、「阪神牝馬S」組が大活躍でハズレてしまいました。

 

 さて今回は僕たちの夢についてです。

僕も「ヒデ」さんと同じで「オルフェーヴル」のクラシックが競馬の始まりでしたので、あの2年連続の2着には悔しい思いをしたのですが、今年も10月1日にシャンティイ競馬場で行われます。

10日に予備登録が締め切られたのですが、119頭がエントリーということでその人気ぶりが分かります。

日本からも現時点で「キタサンブラック」・「サトノダイヤモンド」・「サトノノブレス」・「カデナ」・「クリンチャー」の5頭が登録しましたし、各国の精鋭も多数出走登録をすませ中でも地元の「アルマンゾル」・「イラプト」・「レフトハンド」、愛の昨年2着の「ハイランドリール」や3着の「オーダーオブセントジョージ」、他にも「ドバイシーマクラシック」で復活した「ジャックホブス」などは注目されそうです。

 

 

(競馬場とシャンティイ城ですが、町全体がとても美しいです。お城の内部は美術館になっており美術品も素晴らしいです。写真は借りものです。)

 

今年3月までに卒業した塾生は全部で9人ですが、すべてあの2年連続「オルフェーヴル」の2着を観戦し悔しい思いをしていますので、「凱旋門賞」に対する思い入れは「OB会」の皆さんにも負けないと思います。

でも、まさか2年連続現地まで応援に行く人がいたとは、本当に驚いていますし頭が下がります。

実は僕も昨年「マカヒキ」を応援しに行ったのですが、14着惨敗となって馬券でも大負けしてリベンジを誓って帰ってきたのです。

馬券は年明けて3月25日の「ドバイターフ」1戦で大きく取り戻せましたが、今でもあの14着の悔しさを思い出します。

 

今年行かれる方はパリで最も大きな展示会が重なっているために大混雑が予想され、早目に予約を取っておいた方が良さそうです。

シャンティイ競馬場はパリから距離がありますので、競馬場近郊のホテルに泊まるのもいいと思いますし、国際免許があるなら車での移動ならとても便利です。

10日間の旅行で彼方此方の競馬場でレースを楽しみましたし、美味しいものを沢山食べて帰ってきました。

 

ドバイや香港での日本馬の活躍を沢山見てきているのですが、「凱旋門賞」と「キングジョージ」だけは日本馬にぜひ優勝して欲しいと思っております。

また、フランスやイギリスの競馬場は歴史の重みがいっぱい詰まっていて、楽しみ方が日本とは大きく違うということが分かります。

ドバイの様な派手なセレモニーもいいですが、イギリスやフランスの厳かな雰囲気もまた良いものです。

 

何故か「競馬塾」を卒業するころには、塾生みんなの夢が「凱旋門賞」での日本馬優勝になっています。

その偉大なレースの勝馬や出走馬達の産駒が、これからの生産界のカギを握っているからなのです。

今年も日本馬に期待していますし、頑張って欲しいものです。

「栗東S・ヴィクトリアM」5月14日「メインレースの勝負」040(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今日も昨日と同じで2鞍だけ、G1の芝マイル戦とダートのハンデ戦です。

Win5もハンデ戦が3鞍もあってちょっと難しそうですが、楽しみです。

(できればパドックも返し馬もしっかりとチェックしてください。)

514
京都11R栗東Sオープン(ハンデダート)
●軸候補6(クラス2連勝)-4軸馬
●軸候補10(休明け2戦目・昇級)-6
ヒモ候補3番(3連勝で昇級)4
ヒモ候補⇔4番(休明け・G2で1着)8
ヒモ候補11番(クラス実績豊富)0消し馬
ヒモ候補9番(休明け・前走クラス3着)-8
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて

結果⇒馬連590円・馬単1,720円・3連複1,190円・3連単8,360円的中

◎ここは軸馬が2着でしたが、スッキリ的中です

 

東京11RヴィクトリアMG1(定量

●軸候補11(牝馬2冠)2軸馬
●軸候補14(G1馬)-10
ヒモ候補7番(休明け2戦目・G1で2着)-2

ヒモ候補⇔2番(休明け・G1で2着)-6消し馬
ヒモ候補8番(休明け2戦目・G1馬)0
ヒモ候補5番(前走G2で2着)-4
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて

結果⇒ハズレ

◎ここは軸馬が7着となってハズレでした。

 

レース後のコメント⇒今日はG1はダメでしたが、京都のメインは的中できました。

Win5は3鞍目でハズレでした。

「都大路S・京王杯SC」5月13日「メインレースの勝負」039(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今日2鞍でどちらも芝の別定戦、スッキリと3着まで的中させたいですが馬場状態が悪すぎです。

(できればパドックも返し馬もしっかりとチェックしてください。)

513
京都11R都大路Sオープン(別定BOX
●軸候補3(G1で6着)0消し馬
●軸候補2(休明け・G3で2着)0
ヒモ候補4番(G1で6着)2
ヒモ候補⇔5番(前走クラス4着)2
ヒモ候補6番(G2で2着)4消し馬
ヒモ候補8番(G3で5着)4
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて

結果⇒ハズレ

◎2着が狂ってハズレでした。

 

東京11R京王杯SCG2(別定BOX

●軸候補4(休明け・G1で4着)-1消し馬
●軸候補10(G1で1着)2
ヒモ候補9番(G1で5着)0
ヒモ候補⇔3番(G3で2着)-2
ヒモ候補13番(G3で4着)-2消し馬
ヒモ候補8番(G1で5着)-6
購入⇒馬連か馬単・3連複か3連単に振り分けて。

結果⇒ハズレ

◎こちらも2着が狂ってハズレでした。

 

レース後のコメント⇒今日は馬場が悪くてやはりすんなりとはいかないものです。

何度やっても同じ失敗で自分に呆れてしまう!でも「勝ち逃げ」なら!(英)

JUGEMテーマ:競馬

 研究室へ出入りするようになって丸3年になりますが、競馬歴は6年になる英(ヒデ)です。

競馬では思いっきり失敗してきたので、もう触れたくはなかったのですが、研究室に来て「シゲ」さんの様に、2度も失跡事件を起こしたり、「創」さんの様に親の残した財産をすべて競馬につぎ込んでしまった話を聞いて、僕のはとても小さな出来事なので書いてみました。

 

競馬を始めたのは2011年の「皐月賞」(オルフェーヴル優勝)から、友達に誘われて震災の影響で東京競馬場で行われたこのレースが最初で、馬単3,740円を2,000円的中させたのです。

まあ、今考えるとビギナーズラックとで言えるものですが、これが2度目の「ダービー」でも馬単4,540円を的中させてもう毎週競馬場通いです。

この2度の勝利で「安田記念」から外れ馬券の収集がスタート、学校が八王子に近い事もあって毎週土日は東京競馬場にいき、平日は授業が終わればアルバイトを12時までして、競馬のために頑張ったものでした。(笑)

 

面白いのは「宝塚記念」、「ブエナビスタ」と「エイシンフラッシュ」と「ローズキングダム」の三つ巴で購入したら、2着・3着・4着となって、勝ったのは休養明け前走のG2で3着した伏兵「アーネストリー」でした。

このレースの負けで、とうとうその後の重賞レースは全て馬券を購入することになって、9月25日の「オルフェーヴル」出走の「神戸新聞杯」まで的中なしでした。

ゴミ箱一杯になった外れ馬券は悔しさのあまり、アパートの台所で燃やして管理人に叱られました。

 

もちろん12年の「オルフェーヴル」フランス遠征にもついて行くことになり、9月15日から10月7日までびっしりとフランスの競馬と旅行を楽しみました。

「フォワ賞」も「凱旋門賞」も馬券はしっかり的中したので、旅費はタダになりましたが、なんとなく「オルフェーヴル」との絆が感じられたものです。

僕を「オルフェーヴル」が裏切ったのは12年4月29日の「天皇賞春」だけでしたし、この馬で始まった競馬は13年12月22日の「有馬記念」で完結しますが、2回目のフランス遠征も追いかけて行きましたし、この時も頑張ってくれて旅費はタダになりました。

 

「オルフェーヴル」が引退してからの14年と〜15年は地獄の様なもので買うレース全部が悪い結果になって終い、15年の4月から「競馬塾」に通う事になりました。

16年は「勝ち逃げ」に挑戦して、初めて考えない競馬でも勝てることを知りましたし、「考える競馬」=「思い込みの競馬」ということを理解するまで、1年余り同じミスの繰り返しが続きました。

今は少ない金額ですが「勝ち逃げ」のプラスだけでも十分に暮らしていけるようですが、最初の年に一度資金が底ついてしまう経験もしているので油断禁物なのでです。

 

こんなに「オルフェーヴル」と深く繋がってしまった僕の競馬人生、今年はいよいよ彼の沢山の子供たちがデビューするので今からワクワクしています。

やっとたどり着いた「思い込まない競馬」である「勝ち逃げ」をメインに、静かに彼の子供たちを応援したいと思います。

みなさんも迷ったら最低金額でもいいですから「勝ち逃げ」に挑戦してみて下さい。

「今週の勝ち逃げ予定」と「メインレース情報」5月13〜14日(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 今週のG1レース「ヴィクトリアマイル」、楽しみメンバーですがある程度は絞れそうです。

「勝ち逃げ」はいつものように土曜日を予定していますが、プラスも十分貯まっていますので日曜日のスタートもあり得る状態です。

メイン対象レースは土曜日2鞍、日曜日2鞍ですのでノンビリと勝負できそうです。

 

★今週の対象レース★

◎5月13日(土曜日)

京都11R「都大路S」オープン(別定・芝)

東京11R「京王杯SC」G2(別定・芝)

(メール会員:京都と東京の10Rを取り上げます。)

 

◎5月14日(日曜日)

京都11R「栗東S」オープン(ハンデ・ダート)

東京11R「ヴィクトリアマイル」G1(定量・芝)

(メール会員:京都と東京の10Rを取り上げます。)

 

会員募集は6月5日から後期の募集を致しますが、「勝ち逃げ会員」だけとなる予定です。

一杯のコーヒーに夢を託して「ヴィクトリアMはアイスコーヒーで乾杯」17-16(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「ヴィクトリアマイル」は牝馬限定古馬のマイルのレースで、これから日本の競馬の基礎を築く牝馬となる馬達ですから、素晴らしいメンバーが揃いました。

「スマートレイア―」(秋華賞2着)・「クイーンズリング」(エリザベス女王杯・秋華賞2着)・「ミッキークイーン」(オークス・秋華賞・ヴィクトリアM2着)・「レッツゴードンキ」(桜花賞・阪神JF2着・高松宮記念2着)・「ルージュバック」(オークス2着)と5頭のG1連対馬が出走です。

 

昔は外国から沢山の輸入馬が走った時期もありました。

しかし「サンデーサイレンス」が日本の種牡馬として輸入されてからは、徐々に減って少なくなっていたのですが、ここ3年ぐらい前から徐々に増えてきていますし、繁殖用牝馬も盛んに輸入されるようになりました。

もちろんサンデー系種牡馬が多くなってしまった生産界の限界も見え隠れしており、新しい血の導入が必要になったということです。

「フランケル」産駒も今年デビューする予定は昨年よりも多くなっておりますし、内国産馬にも注目馬も多く楽しみが増えました。

一流の血の導入がされて、これからの10年間が非常に楽しみな日本の競馬です。

 

 さて今回は牝馬限定のG1レースということで、有機栽培生豆をブレンドしたプレミアムなブレンド(中深煎り)・ブラジルツッカーノブルボン・フレンチローストのスペシャルなブレンドの3種類を用意しました。

ホットの他にカフェオーレ・カフェラテ・アイスオーレ・アイスカフェラテなど10種類前後をスタンバイして、楽しみたいと思っております。

さすがに暑くなるとアイスコーヒーやアイスオーレが飲みたくなるものですが、私は夏でもやっぱりホットです。

 

最近はお酒の量が減って、珈琲を飲む機会の方が多くなりましたし、反省会や祝勝会にも参加しなくなって自宅で飲むことが殆どです。

世界の競馬の映像とか、日本の競馬の映像を見て過ごす時間が1日2時間ぐらい、音楽を聴きながら調べ物をする時間が2時間ぐらい、映画やドラマを見る時間が2時間ぐらい、競馬データのチェックが2時間ぐらいが生活パターンで、睡眠時間は7時間ぐらいです。

 

その他は食事の時間やお風呂の時間で、料理もたまにはしますが余った時間は友人と話したり、本を読んだりと一日で結構いろいろな事が出来るものです。

買い物は最近は配達が多いのですが、出来るだけ出かけるようにしていますし、毎日30分でも歩くよう心がけてはいます。(笑)

この時期はオーディオのイベントも多い時期ですので、良く出かけますので土曜日の午後は出かけていることが多いです。

 

今回のG1「ヴィクトリアマイル」はみんなで美味しいアイスコーヒーで乾杯です!(完敗にならないよう祈っています!)